ベースボールアメリカによるWBC2013と2009のプロスペクトランキング-WBCでの活躍はメジャーリーグへの近道に

前田健太に関するアメリカの各メディアの評価について調べている際に、アメリカの野球専門雑誌であるベースボールアメリカのスカウティングレポートに行き着きました。

そしてそのレポートの中で、ベースボールアメリカによるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)におけるプロスペクト・ランキング(有望選手ランキング)の記事がありました。

その記事は2013年のWBCのものでしたが、読むととても興味深いものでした。そのため、さらに2009年WBCのプロスペクトランキングも調べたところ、それも興味深いものものがありましたので、今回紹介していきたいと思います。

このプロスペクトランキングでは、すでにMLBに関連するマイナーリーグなどのチームに所属していない選手を対象としたもので、大会終了後に公開されたベースボールアメリカ独自の評価ランキングです。

まずは2009年と2013年のWBCにおけるベースボールアメリカのプロスペクトランキングについて順に並べていきたいと思います。

スポンサーリンク

WBC2009で評価されていた選手:ダルビッシュがトップ評価

WBC2009終了後のベースボールアメリカによるプロスペクトランキングは以下のとおりとなっています。

  1. ダルビッシュ有
  2. アロルディス・チャップマン(投手・キューバ)
  3. 岩隈 久志
  4. 田中 将大
  5. 柳 賢振(投手・韓国)
  6. ヨエニス・セスペデス(外野手・キューバ)
  7. 青木 宣親
  8. ユリエスキ・グリエル(二塁手・キューバ)
  9. 金 廣鉉(投手・韓国)
  10. 中島 裕之

このうちダルビッシュ、チャップマン(レッズ)、岩隈久志(マリナーズ)、田中将大(ヤンキース)、柳賢振(ドジャース)、セスペデス(レッドソックス)、青木宣親(ロイヤルズ)の6人がメジャーリーグで活躍しています。そしてユリエスキ・グリエルは日本のプロ野球で活躍しています。

中島裕之は残念ながらメジャーでの実績は残せていませんが、2009年時点でその能力が評価されていました。

MVP級の活躍をした岩隈久志や、その時点ですでに日本人No.1の評価を受けていたダルビッシュがランクインしているのは、まったく驚きではありません。しかし、興味深いのは、2009年時点で田中将大がすでに高く評価されていたことです。

WBC2009はシーズン開幕前の春先に行われていますので、田中将大は20歳でプロ3年目になるシーズンを迎えようとしている時期でした。

その当時の田中将大のNPBでの成績は、高卒投手の2年間としては良かったものの、1年目に防御率3.82/11勝7敗、2年目に防御率3.49/9勝7敗という成績を残しただけの段階でした。

そしてその時のWBCメンバーには涌井秀章、杉内俊哉、馬原孝浩など。すでに実績のある投手が揃っていました。その上、田中将大はWBC2009で4試合2.1回で防御率3.86という程度の成績しか残していません。

それにも関わらず主力クラスの投手よりも高く、ベースボールアメリカによって評価されていたのはちょっとした驚きでした。

WBC2013で評価されていた選手:田中将大がトップ評価

WBC2013終了後のベースボールアメリカによるプロスペクトランキングは以下のとおりとなっています。

  1. 田中 将大
  2. ホセ・フェルナンデス(二塁手・キューバ)
  3. ユリエスキ・グリエル(三塁手・キューバ)
  4. ホセ・アブレイユ(一塁手・キューバ)
  5. アルフレド・デスパイネ(外野手・キューバ)
  6. ヤスメニー・トマス(外野手・キューバ)
  7. 前田健太
  8. ギジェルモ・エレディア(外野手・キューバ)
  9. フレドリック・セペダ(外野手・キューバ)
  10. エリスベル・アルエバルエナ(遊撃手・キューバ)

2位の評価を受けているホセ・フェルナンデスは、マイアミ・マーリンズのホセ・フェルナンデスではなく、左打ちの二塁手でキューバ国内にいるプレーヤーです。

2013年のWBCのプロスペクトランキングのうち、田中将大ホセ・アブレイユ(ホワイトソックス)がメジャーで活躍しています。

2014年シーズンのア・リーグ新人王の有力候補として名前が上がり続けるなど、メジャーでも大きな注目を集めた田中将大とホセ・アブレイユがともに活躍し、ユリエスキ・グリエルとアルフレド・デスパイネも短期間で日本のプロ野球で結果を残していますので、かなり高い精度の評価・ランキングと言えます。

フレドリック・セペダ(巨人)は年齢的に、キャリアの終盤に差し掛かっていることもあるためか、かつてのキューバリーグ時代のような力は発揮できず、残念ながら日本で活躍はできていません。

エリスベル・アルエバルエナはまだMLBで目立った実績はありませんが、ドジャースで正遊撃手になることが期待されている選手です。

そして今後注目したいプレーヤーの1人が、このランキングに入っているヤスメニー・トマスです。

ヤスメニー・トマスはキューバから亡命し、まもなくFA選手としてMLB各チームとの交渉が始まる見込みとなっています。キューバからの選手への評価はヨエニス・セスペデス、ヤシエル・プイグ、ホセ・アブレイユの活躍で高まっていますので、大型の契約を手にする可能性が高そうです。

また前田健太もこのオフにはポスティングとなり、MLBに移籍する可能性がありますので、今後を注目したい動きとなります。

WBCでの活躍がMLBへの近道に

これらのプロスペクトランキングを見ると、WBCで活躍し評価されることは、MLBで活躍するための近道であることがわかります。

プエルトリコ、ベネズエラなどの有望な選手は、MLBに関連するチームにすでに所属しているケースが多いため、このランキングに入っていません。そのことを考慮する必要はあるものの、キューバ選手と日本人選手が高く評価されていることがわかります。

そしてそれらの選手の多くが、メジャーリーグに移籍していているという事実を見れば、WBCがMLB各チームにとって品評会の様相を呈していることは否定できません。

またWBCで活躍することは、プレーする選手にとってMLBの公式球とMLBの球場で結果を残した事にもなりますので、アメリカでプレーする自信にもつながっていき、より海を渡るという選択肢を選びやすくなります。

次回のWBCは2017年の開催が予定されています。今後、大きな故障がなく順調に成長した場合に、日本人で注目集めそうな選手は大谷翔平菅野智之藤浪晋太郎則本昂大あたりでしょうか。

2017年にWBCが開催される時には、大谷翔平と藤浪晋太郎が22歳、則本昂大が26歳、菅野智之が27歳で4人ともにプロ5年目となります。菅野は巨人がポスティングをしない方針のため、シーズン9年目(海外FA権)を終えるまでは可能性がなさそうです。

また藤浪晋太郎は球団のその時の状況で方針が変わる可能性が高く、ポスティングが微妙なところはありますが、大谷翔平や則本昂大は球団がポスティングに比較的寛容なチームに所属するため、より大きな注目を集めることになるのではないでしょうか。

参照元:ベースボールアメリカ(Baseball America)
http://www.baseballamerica.com/majors/world-baseball-classic-top-10-prospects-2/
http://www.baseballamerica.com/international/wbc-top-10-prospects-7914/

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています