阪神タイガースは先発投手陣の穴を埋めれるのか?阪神の先発ローテ候補と評価分析

オリックス、中日に続く下から3番目の得点力の打線ながら、2013年両リーグ最強とも言えた先発投手陣で、前年の5位から2位まで順位を上げました。

しかし、その強力投手陣の一角であったスタンリッジと契約せず、自ら投手陣を組み替えに動いた阪神ですが、残念ながら、不安が増す結果となりました。

その阪神タイガースの先発ローテ候補の投手の顔ぶれなどを見ながら、分析・評価していきます。

スポンサーリンク

阪神タイガーズの先発ローテーション候補の一覧と評価

名前 成績
能見 篤史 (34) 25試合180.2回 防御率2.69 11勝7敗 奪三振127 WHIP1.08
メッセンジャー (32) 30試合196.1回 防御率2.89 12勝8敗 奪三振183 WHIP1.17
藤浪 晋太郎(19) 24試合137.2回 防御率2.75 10勝6敗 奪三振126 WHIP1.18

能見篤史、メッセンジャー、藤浪晋太郎が現在、阪神タイガースの先発ローテで確定と言える状況です。

体調に問題がなければ、この3人加えて、2013年に16試合に先発し4勝した榎田大樹(27)が4番手の有力候補となるのですが、2013年後半はあまり良くありませんでした。

また2008年から先発ローテで投げていた岩田稔(30)も計算に入れたいところですが、2013年は不調を克服できないままシーズンを終えていて、スンナリとあてにしにくい面があります。

他に候補として名前が上がるのは秋山拓巳(22)、歳内宏明(20)、白仁田寛和(28)、岩本輝(21)、金田和之(23)、ドラフト1位岩貞祐太などとなっています。あとは、経験のある小嶋達也も候補でしょうか。

これらの投手のファームでの成績は以下のとおりとなっています。

名前 成績
白仁田寛和 19試合 95.1回 防御率2.17 5勝2敗 53奪三振 WHIP1.15
秋山 拓巳 17試合 85.1回 防御率2.53 8勝4敗 65奪三振 WHIP1.27
歳内 宏明 12試合 44.1回 防御率4.87 2勝3敗 24奪三振 WHIP1.71
岩本 輝 18試合 70.2回 防御率3.95 3勝7敗 46奪三振 WHIP1.25
金田 和之 17試合 44.0回 防御率3.68 1勝4敗 15奪三振 WHIP1.52
岩田 稔 14試合 67.0回 防御率5.24 4勝5敗 47奪三振 WHIP1.34
小嶋 達也 8試合 39.2回 防御率3.18 4勝2敗 35奪三振 WHIP1.11

岩田稔は不振で二軍落ちしましたが、二軍でも防御率5点台で、その不振の状態は重症と考えられます。

28歳となり、年齢的にもドラフト1巡目の白仁田寛和には勝負の年となりそうで、2013年はファームで最優秀防御率(2.17)でタイトルもとっていますので、先発ローテでの活躍が期待されます。

続いては、防御率(2.53)と勝利数(8勝)がともにウエスタンリーグ2位秋山拓巳にも飛躍を期待したいところです。

残りの金田、岩本、歳内はファームでも負け越していて、防御率も良くありません。二軍で防御率3点台後半から4点台となっていて、これらの投手も候補にせざるをえないところに、阪神の苦しさが伺えます。

先発ローテが4番手以降が固定できない可能性が高い阪神

このように未知数の投手に期待せざるをえない状況なのですが、目ぼしい選手が伸び悩んでいる状況です。

それでも期待せざるをえない苦しい状況で、若手が劇的な成長をしないと、補強した呉昇恒(オ・スンファン)の出番がないまま終わる試合が多くなりそうな、先発ローテの手薄さです。

エースの能見篤史も2014年には35歳となりますので、不安がないわけではありません。

また藤浪晋太郎を計算にいれざるをえませんが、防御率も2点台で、10勝を上げはしたものの、規定投球回数に達してはいません。

その2年目の藤浪晋太郎に大きな期待をしないといけない状況で、優勝を目指すにはやや苦しい布陣と言えそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています