【NPB2014新人王】2014年パ・リーグ新人王の有力候補のシーズン最終成績と予想のまとめ

2014年の日本プロ野球もレギュラーシーズンの全日程を終え、投手・野手の主要各部門のタイトルが決定しましたが、投票や選考を要するタイトルに関してはこれから決定していくことになります。

その投票や選考を必要とする各タイトルの候補選手の一覧と2014年シーズンの成績をこのページではまとめています。

今回は第3回でパ・リーグの新人王の資格を有する選手に与えられるパ・リーグ最優秀新人賞の有力候補の一覧とそのシーズン成績です。他の賞の候補については以下のリンクから該当記事に移動できます。

沢村賞 セ・リーグ新人王 パ・リーグ新人王
ベストナイン(セ) ベストナイン(パ)
スポンサーリンク

最優秀新人賞の資格と有力候補

スポンサーリンク
[googlead]

日本のプロ野球において最優秀新人賞の対象となるためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 支配下選手に初めて登録されてから5年以内
  • 前年までの出場が投手:30イニング以内/野手:60打席以内

こららの条件を満たしていて、2014年のパシフィックリーグ新人王の有力候補と考えられる選手を野手と投手にわけてまとめています。

野手のパ・リーグ新人王有力候補の一覧

野手のパ・リーグ新人王有力候補は以下のとおりとなっています。

pacific-league-rookie-of-the-year-2014-final-list-field-players

パ・リーグの野手に関しては新人王の候補と呼ぶには、数字的に物足りない選手ばかりで、実際には投票で上位にくることは想像しくい状況です。

ただ、新人王は別として来季以降に期待されるのは西武ライオンズの森友哉です。

高校時代からバットコントロールに優れていたプレーヤーでしたし、U-18ワールドカップでは木製バットも操っていたため、比較的プロに早い段階で馴染むかと予想していましたが、それをはるかに上回るパッティング技術を見せています。

森友哉の2014年は41試合80打数で打率.275/本塁打6/打点15/出塁率.370/長打率.575を記録し、少ない試合数ではありますが.900を超えれば一流とされるOPSで、森友哉は.945をたたき出しています。

左右に本塁打を打てる柔軟な打撃と長打力に加えて、打率と出塁率の差の大きさからもわかるようにボールを見極める力もありますので、新人王は難しいですが、来季以降の成長を注目したい選手です。

投手のパ・リーグ新人王有力候補の一覧

投手のパ・リーグ新人王有力候補は以下のとおりとなっています。

pacific-league-rookie-of-the-year-2014-final-list-pitchers

最後の1ヶ月を迎える段階では石川歩、上沢直之、浦野博司、高橋朋己が新人王の有力候補でした。

8月終了時点の4人の成績は以下のとおりとなっています。

  • 上沢直之
    19試合112.1回/防御率3.28/7勝7敗/奪三振89
  • 石川歩
    20試合123.1回/防御率3.58/7勝6敗/奪三振75
  • 浦野博司
    17試合98.0回/防御率3.86/7勝2敗/奪三振66
  • 高橋朋己
    53試合52.2回/防御率1.71/24セーブ/奪三振73

先発投手3人に関しては横並びに近い数字で、この中から二桁勝利に到達できる投手が現れるかどうか。そして高橋朋己は防御率を落とさずに30セーブに到達できるかが焦点でした。

その結果、最後の1ヶ月あまりで、石川歩が5試合に登板し防御率2.95/WHIP1.06で3勝を上積みし、最終的には勝ち星で二桁と規定投球回数に到達し、25試合160.0回/防御率3.43/10勝8敗/奪三振111という数字になりました。

それに対して上沢直之は完封勝利があるなど、9月以降は防御率2.74/WHIP0.91と内容は良かったのですが1勝1敗にとどまり、最終的には23試合135.1回で防御率3.19/8勝8敗/奪三振105と二桁勝利に到達できませんでした。

また浦野博司は防御率2.65/WHIP1.24と合格点の内容でしたが、0勝2敗と勝ち星を全く伸ばせず、シーズン全体では20試合115.0回で防御率3.68/7勝4敗/奪三振78でこちらも二桁に到達できませんでした。

そして高橋朋己は9月の8試合で防御率4.50と波に乗れず、西武のチームの勝利数自体も伸びませんでしたので、防御率は2点台に、セーブ数は29にとどまりました。

ただ、それでもシーズンを通じた高橋朋己の成績は63試合62.2回で防御率2.01/29セーブ/奪三振80で、セーブ数はリーグ4位と素晴らしい成績を残しました。

このような最後の1ヶ月余りを経て、上沢と浦野は規定投球回数に達せず、さらに10勝できなかったため、実質的には千葉ロッテの石川歩と西武の高橋朋己の2人に絞られた感があります。

総括・まとめ

では、この2人のうちのどちらが有力なのか?という問題になるわけですが、結論から言えば千葉ロッテの石川歩が優位に立っていると考えられます。

パ・リーグで規定投球回数に到達しているのはわずかに13人ですが、石川歩はその1人です。

さらには防御率3.43、勝利数10、投球回数169イニングはいずれもパ・リーグ8位、勝率もリーグ7位で貯金2つをつくっていて、リーグ全体でもトップクラスの先発投手といえる数字を残しています。

高橋朋己の内容も素晴らしいものがあるのですが、二桁勝利する先発投手がいると余程の好成績でないと評価で上回るのは厳しいと考えられます。

先発で10勝前後した投手がいる時に、リリーフ投手が新人王をとるには、セーブやホールドなどのタイトルなどを手にするなどのインパクトがないと厳しいものがあります。

そのためパ・リーグの新人王は石川歩が最有力で、かすかに西武の高橋朋己に可能性があるという状況と予想されます。


正式な投票結果:石川歩(千葉ロッテ)
石川 歩(ロッテ) 155票
高橋朋己(西武) 46票
森 唯斗(ソフトB) 31票
上沢直之(日ハム) 5票
森 友哉(西武) 2票
松井裕樹 (楽天) 2票
吉田一将(オリックス) 1票
加藤翔平(ロッテ) 1票