【NPB2014ベストナイン】2014年パ・リーグのベストナイン予想!ポジション別候補一覧とシーズン成績

2014年の日本プロ野球もレギュラーシーズンの全日程を終え、投手・野手の主要各部門のタイトルが決定しましたが、投票や選考を要するタイトルに関してはこれから決定していくことになります。

その投票や選考を必要とする各タイトルの候補選手の一覧と2014年シーズンの成績をこのページではまとめています。

今回は第5回でパ・リーグのベストナインの有力候補の一覧とそのシーズン成績をまとめています。他の賞の候補については以下のリンクから該当記事に移動できます。

沢村賞 セ・リーグ新人王 パ・リーグ新人王
ベストナイン(セ) ベストナイン(パ)
スポンサーリンク

ポジション別ベストナイン候補の一覧目次

スポンサーリンク
[googlead]

ベストナイン候補をポジション別にまとめています。各ポジョションは下記のリンクをクリックするか、スクロールすることでも読み進めることができます。

投手 捕手 一塁手 二塁手
三塁手 遊撃手 外野手 指名打者

投手のベストナイン候補の成績と展望

投手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-pitchers1

パ・リーグの投手部門は沢村賞の最有力候補であるオリックスの金子千尋(26試合191.0回/防御率1.98/16勝5敗/奪三振199/勝率.762)で確実な状況です。

奪三振王を獲得した楽天の則本昂大(30試合202.2回/防御率3.02/14勝10敗/奪三振204)は、7つの完封を含む9回完投などシーズン終盤に追い込みましたが、シーズン前半の不安定な投球が響き及びません。

岸孝之は故障離脱がなければ金子千尋の最多勝を阻む可能性もありましたので惜しまれます。大谷翔平も11勝到達以降は足踏みが続いてしまったため、タイトルや賞レースには厳しい状況となりました。

このような状況のため、今や日本でNo.1投手と言える金子千尋で投手部門のベストナインは確実な情勢です。

>正式な最終結果:金子千尋(初)

捕手のベストナイン候補の成績と展望

補手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-catchers1

嶋基宏は規定打席にも到達できず、打率.263/本塁打1/打点36/出塁率.375という数字で、出塁率こそ高いものの、昨年のようなインパクトのある活躍はできませんでした。

しかし、嶋基宏にかぎらず、パ・リーグの捕手は1人も規定打席に達しませんでした。最近は捕手を併用するチームが増えたことの影響もあるのですが、捕手全体の打撃成績も低調で、今年のパ・リーグの捕手部門は混戦状態です。

その中でも両リーグトップのチーム防御率2.89をたたきだした投手陣をささえ、クライマックスシリーズ進出に貢献し、打撃でも137試合358打数で打率.257/本塁打3/打点48で、守備率.997がリーグトップのオリックスの伊藤光が有力視されます。

盗塁阻止率は.235で物足りないのはネックではありますが、嶋基宏も.245と大差がないため、大きなマイナスにはならないと考えられます。

炭谷銀仁朗は盗塁阻止率は.444でダントツのリーグトップですが、打率.202/本塁打7/打点36/出塁率.238と不安定な打撃のため、受賞の可能性は低そうです。

そのためパ・リーグの捕手部門はオリックスの伊藤光がリードして、それに楽天の嶋基宏が届くかどうかという状況です。

>正式な最終結果:伊藤 光(初)

一塁手のベストナイン候補の成績と展望

一塁手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-first-baseman1

ソフトバンクが李大浩と最多安打のタイトルを獲得した中村晃を併用していたり、日本ハムの中田翔も守備についたりなどはありましたが、本塁打王を中村剛也を分けあったエルネスト・メヒアでほぼ確実です。

シーズン途中からの加入ではありましたが、規定打席にも到達し打率.290/本塁打34/打点73/OPS.950という圧巻の成績を残しました。来季はフルシーズンでどれだけの数字を残すか注目したいところです。

次点は打率.269/本塁打24/打点75の数字を残したオリックスのT-岡田となりそうです。

>正式な最終結果:エルネスト・メヒア(初)

指名打者・DHのベストナイン候補の成績と展望

指名打者・DHのベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-designated-hitters1

指名打者では故障の影響もあり、守備にはつかず指名打者での起用となった西武の中村剛也が最有力です。

111試合382打数と少ない数字で、打率は.257と高くありませんが、本塁打34/打点90と圧倒的な破壊力を発揮し、OPS(出塁率+長打率)は.963でパ・リーグトップとなっています。

故障なくシーズン通じで打席に立てば、40本から50本を打てる力がある打者だけに、来季はフルシーズンでの活躍を期待したいです。

次点は打率.255/本塁打32/打点90の成績を残したオリックスのペーニャになりそうです。ソフトバンクがオフにペーニャと契約更新せずに、大型契約を李大浩と結んだ一方で、オリックスがペーニャを獲得したため、トレードに近いような状況となりました。

その結果、李大浩が残した数字は、打率.300/本塁打19/打点68で、しかも得点圏打率は.244と低く、4番打者としては物足りないものでした。

ペーニャの年俸1億2000万円であったのに比較して、李大浩が推定で2年総額9億円とされていますので、オリックスが賢い買い物をしたとことになった2014年でした。

話を戻すと、パ・リーグの指名打者は本塁打王を獲得した西武の中村剛也で確実と考えられる状況です。

>正式な最終結果:中村剛也(初) *三塁で4度受賞

二塁手のベストナイン候補の成績と展望

二塁手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-second-baseman1

二塁手は守備面では藤田一也、本多雄一、中島卓也らが優れています。藤田と中島は規定打席には到達したものの、藤田一也が打率.269/本塁打2/打点36/出塁率.294で、中島が打率.259/本塁打0/打点32/出塁率.333と物足りません。

本多雄一は打率.291/本塁打0/打点21も出塁率.353で23盗塁を決めているのですが、故障離脱が長く94試合の出場にとどまったため、ベストナインとなるにはやや苦しいものがあります。

そのため二塁以外での起用も少なくなかったのですが、打率.273/本塁打14/打点55/出塁率.345の数字を残した西武の浅村栄斗が有力視されます。

二塁での守備ももうひと押しが欲しいところはあるのですが、攻撃面では他の二塁手を大きく上回るため、評価が高くなると予想されます。

>正式な最終結果:藤田一也(2年連続2回目)

三塁手のベストナイン候補の成績と展望

三塁手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-third-baseman2

パ・リーグの三塁手に関しては、ソフトバンクの松田宣浩と首位打者を最後まで争った楽天の銀次の争いになると予想されます。

銀次は117試合459打数で打率.327/本塁打4/打点70/出塁率.384/OPS.794という成績で、本塁打は少ないものの打率は糸井と4厘差の2位です。

また得点圏打率.336からもわかるように、チャンスにも強く打点70は117試合の出場でありながらリーグ10位となるなど勝負強さも光ります。

一方の松田宣浩は打率.301/本塁打18/打点56/出塁率.341/OPS.846という数字を残しています。得点圏での打率が.278とやや低いこもあり、本塁打の数に比較して打点は少ないものの、OPSは.846とパ・リーグ全体でも上位です。

このように両者ともにベストナインに選ばれてもおかしくない数字なのですが、1つ評価が難しくなるのは、松田宣浩はサード専任だったのに対して、銀次は一塁手としての出場も多くありました。

そのため純粋な三塁手としてだけの評価であれば、守備率.969がリーグトップもである松田宣浩が有利になりそうで、一塁での起用も多いことがマイナスとならないなら銀次の選出もありそうです。

>正式な最終結果:銀次(初)

遊撃手のベストナイン候補の成績と展望

遊撃手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-short-stop1

遊撃手のポジション規定打席に到達している安達了一、鈴木大地、大引啓次、今宮健太の4人が候補として考えられ、最終的には安達了一と鈴木大地に絞られるのではないかと予想されます。

打撃面では、打率では打率.287の鈴木大地がパ・リーグの遊撃手でトップ。本塁打、打点、盗塁は8本塁打/50打点/29盗塁の安達了一がトップとなっています。

また得点圏打率、出塁率は非常に拮抗していて、安達了一が出塁率.345/得点圏.308、鈴木大地が出塁率.347/得点圏.309となっています。

一方の守備面では鈴木大地が守備率.986でショートとしてのリーグトップ、安達了一は.980で大引啓次に続く3番目となっています。

このように非常に拮抗しているため予想が難しい遊撃手部門なのですが、盗塁、打点、本塁打で大きく上回り、攻撃面での貢献も大きく、チームもクライマックスシリーズに進出したオリックスの安達了一が優位ではないかと予想されます。

このポジションは蓋を開けてみるまでわからない状況で、選考結果を注目したいポジションの1つです。

>正式な最終結果:今宮健太(初)

外野手のベストナイン候補の成績と展望

外野手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

pacific-league-2014-best9-out-fielders1

外野手部門の3枠には、打率.331/本塁打19/打点81で首位打者を獲得し、ともにリーグ3位となるOPS.948、30盗塁を決めた糸井嘉男がまず確実です。

そしてそれに続くのが日本ハムの陽岱鋼と中田翔です。

陽岱鋼は打率.293/本塁打25/打点85/盗塁20/OPS.862という成績で、広い札幌ドームを本拠地としながらも、トリプル3が見え始める成績を残していて、守備面での貢献も大きいため、ベストナイン選出が確実視されます。

中田翔は指名打者としての起用もありましたが、基本的にはレフトを守って打率.269/本塁打27/打点100/OPS.800の数字を残しました、打率が低いのがやや物足りませんが、100打点で打点王のタイトルを獲得していますし、27本塁打はリーグ4位となっていますので、ほぼ確実ではないかと予想されます。

この上記3人に肉薄しているのが、飛距離では日本人No.1との評価もあるソフトバンクの柳田悠岐です。

柳田悠岐は、打率.317/本塁打15/打点70というハイレベルな数字を残し、盗塁33はリーグ2位、出塁率は4割を超えて糸井に続くリーグ2位の.413という素晴らしい成績を残しています。

そして長打率と出塁率を足したOPSは.865と非常に高く、中村剛也の.963、メヒアの.950、糸井嘉男の.948に続く4番目の数字で、陽岱鋼の.862、中田翔の.800を上回るほどです。

そのため評価・分析の観点を変えれば、柳田悠岐のほうが陽岱鋼と中田翔を上回る面もあるため、上記3人を上回る可能性があるとするなら、この柳田悠岐となりそうです。

ただ、それでも普通に選考されれば、パ・リーグの外野手部門は糸井嘉男、陽岱鋼、中田翔の3人で落ち着くことになりそうです。

>正式な最終結果:糸井嘉男(4度目)、中田翔(2度目)、柳田悠岐(初)

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています