NPB12球団の2015年シーズン開幕時の先発ローテーションと投手陣編成情報のまとめ

このページでは日本プロ野球の2015年シーズン開幕時の先発ローテションの情報をまとめています。

またそれに合わせて先発ローテーションのバックアップ、クローザー、セットアッパー、リリーフ陣の構成などの情報も合わせて記載しています。

なお、2016年シーズンの先発ローテーションの情報こちらページにまとめています。

続いて全12球団の2015年シーズン開幕時の投手陣の編成情報のまとめです。

スポンサーリンク

1. パ・リーグの球団別の先発ローテーションの情報

スポンサーリンク
[googlead]

パ・リーグの球団別の先発ローテーションの情報は以下のとおりとなっています。

福岡ソフトバンクホークス

2015年シーズン開幕時の福岡ソフトバンクホークスの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】

選手名 2014年成績
★攝津 正(右) 22試合134.0回/防御率3.90/10勝8敗/奪三振85/WHIP1.28
★スタンリッジ(右) 26試合172.0回/防御率3.30/11勝8敗/奪三振129/WHIP1.24
★中田賢一(右) 25試合134.0回/防御率4.34/11勝7敗/奪三振116/WHIP1.41
★大隣憲司(左) 9試合55.0回/防御率1.64/3勝1敗/奪三振45/WHIP0.87
★武田翔太(右) 7試合43.1回/防御率1.87/3勝3敗/奪三振43/WHIP1.34
★東浜 巨(右) 7試合35.1回/防御率3.82/2勝2敗/奪三振30/WHIP1.64

【メモ】

  • 松坂大輔はインフルエンザ、バンデンハークが左内転筋痛による調整遅れもあり、武田翔太、東浜巨が5番手、6番手に座ることが濃厚に。ただ、武田、東浜の状態が悪い場合は、帆足が代役になる可能性も。
  • 4月中には松坂大輔とバンデンハークが復帰する見込みのため、その場合には先発ローテが再編成されることが確実。

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 松坂大輔(右):34試合83.1回/防御率3.89/3勝3敗/奪三振78/WHIP1.34 *メジャー成績
  • リック・バンデンハーク(右)*:25試合152.2回/防御率3.18/13勝4敗/奪三振180/WHIP1.11
  • 寺原隼人(右):5試合27.2回/防御率4.88/1勝4敗/奪三振14/WHIP1.34
  • 帆足和幸(左):13試合71.1回/防御率4.54/6勝1敗/奪三振40/WHIP1.43
  • ウルフ(右):8試合47.1回/防御率3.04/4勝2敗/奪三振32/WHIP1.23

*バンデンハークの成績は韓国プロ野球(KBO)でのもの。最優秀防御率と最多奪三振のタイトル獲得。詳しい情報はこちらにまとめています。
*ウルフは2015シーズン中盤以降に復帰予定

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー サファテ(防1.05/37セーブ)
リリーフ 五十嵐亮太(防1.52) 森唯斗(防2.33) 森福允彦(防3.02)

オリックス・バファローズ

2015年シーズン開幕時のオリックス・バファローズの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】

★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★金子千尋(右) 26試合191.0回/防御率1.98/16勝5敗/奪三振199/WHIP1.04
★西 勇輝(右) 24試合156.0回/防御率3.29/12勝10敗/奪三振119/WHIP1.16
★ディクソン(右) 26試合154.0回/防御率3.33/9勝10敗/奪三振118/WHIP1.37
★バリントン(右) 23試合131.2回/防御率4.58/9勝8敗/奪三振85/WHIP1.34
★松葉貴大(左) 21試合113.2回/防御率2.77/8勝1敗/奪三振88/WHIP1.23
★山崎福也(左) 2014年ドラフト1位

【メモ】

  • 一旦はローテ入りが確定的になった吉田一将が左脇腹痛で開幕絶望のため、最後の一枠を東明、山崎、前田らが争う状況に。
  • 金子千尋は開幕投手は回避することが決定しているものの、復帰予定は明らかになっていません。金子千尋の先発登板が飛ぶようであれば、東明にチャンスが与えられる可能性が。

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 吉田一将(右):15試合75.2回/防御率3.81/5勝6敗/奪三振62/WHIP1.24
  • 東明大貴(右):26試合99.2回/防御率3.79/5勝7敗/奪三振80/WHIP1.38
  • 井川慶(左):8試合33.0回/防御率3.82/2勝2敗/奪三振28/WHIP1.48
  • 岸田護(右):55試合80.1回/防御率3.36/4勝3敗/奪三振67/WHIP1.06

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー 平野佳寿(防3.43/40セーブ)
リリーフ 佐藤達也(防1.09) 比嘉幹貴(防0.79) 馬原孝浩(防3.55) 岸田護(防3.36)
マエストリ(防1.97)

【メモ】

  • 岸田護が「左腹斜筋の損傷」、比嘉幹貴が「右肩痛」で開幕絶望に。

北海道日本ハムファイターズ

2015年シーズン開幕時の北海道日本ハムファイターズの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】

★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★大谷翔平(右) 24試合155.1回/防御率2.61/11勝4敗/奪三振179/WHIP1.17
★メンドーサ(右) 26試合162.0回/防御率3.89/7勝13敗/奪三振119/WHIP1.33
★武田 勝(左) 25試合61.2回/防御率5.98/3勝4敗/奪三振33/WHIP1.49
★吉川光夫(左) 13試合72.0回/防御率4.88/3勝4敗/奪三振49/WHIP1.60
★ビクター・ガラテ(左) 新外国人
★斎藤佑樹 6試合26.0回/防御率4.85/2勝1敗/奪三振20/WHIP1.69

【メモ】

  • 先発ローテは大谷とメンドーサ以外は流動的で、開幕直前まで決定がずれ込む可能性も。
  • 開幕ローテは大谷、武田勝、浦野、メンドーサ、吉川、斎藤という順番に。
  • 一旦は決まった開幕ローテから浦野が右肩の筋挫傷で2週間離脱となりガラテが代役に。

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 浦野博司(右):20試合115.0回/防御率3.68/7勝4敗/奪三振78/WHIP1.22
  • 上沢直之(右):23試合135.1回/防御率3.19/8勝8敗/奪三振105/WHIP1.17
  • 中村 勝(右):18試合97.1回/防御率3.79/8勝2敗/奪三振43/WHIP1.41
  • 木佐貫洋(右):5試合26.0回/防御率3.12/1勝3敗/奪三振21/WHIP1.38
  • 有原航平(右・新人):2014年ドラフト1位

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー 増井浩俊(防2.48/23セーブ)
リリーフ 谷元圭介(防1.59) 宮西尚生(防2.16) クロッタ(防2.62) 鍵谷陽平(防2.20)

千葉ロッテマリーンズ

2015年シーズン開幕時の千葉ロッテマリーンズの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】
★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★石川 歩(右) 25試合160.0回/防御率3.43/10勝8敗/奪三振111/WHIP1.26
★涌井秀章(右) 26試合164.2回/防御率4.21/8勝12敗/奪三振116/WHIP1.34
★唐川侑己(右) 23試合116.0回/防御率4.66/4勝9敗/奪三振62/WHIP1.54
★藤岡貴裕(左) 27試合132.2回/防御率4.48/6勝10敗/奪三振97/WHIP1.45
★イ・デウン(右) 元カブス傘下3A
★チェン・グァンユウ(左) DeNA戦力外

【メモ】

  • 石川、涌井、唐川、藤岡、イ・デウン、チェンでほぼ開幕先発ローテは確定的に。故障者などがあれば木村優太が穴埋めの有力候補に。

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー 西野勇士(防1.86/31セーブ)
リリーフ 大谷智久(防1.94) 松永昂大(防3.27) ロサ(防3.02) 益田直也(防4.94)

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 木村優太(左):19試合37.0回/防御率5.35/0勝1敗/奪三振24/WHIP1.81
  • 大嶺祐太(右):13試合54.2回/防御率3.46/3勝4敗/奪三振31/WHIP1.46
  • 松永昂大(左):46試合41.1回/防御率3.27/4勝3敗/奪三振21/WHIP1.55
  • 古谷拓哉(左):23試合101.1回/防御率4.35/7勝5敗/奪三振68/WHIP1.52

埼玉西武ライオンズ

2015年シーズン開幕時の埼玉西武ライオンズの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】
★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★岸 孝之(右) 23試合161.1回/防御率2.51/13勝4敗/奪三振126/WHIP1.00
★牧田和久(右) 26試合170.2回/防御率3.74/8勝9敗/奪三振89/WHIP1.29
★野上亮磨(右) 25試合120.1回/防御率4.49/8勝10敗/奪三振68/WHIP1.37
◯郭俊麟 新外国人
岡本洋介(右) 22試合84.1回/防御率4.06/2勝6敗/奪三振53/WHIP1.52
ルブラン 新外国人

【メモ】

  • 菊池雄星は左肘の炎症による調整遅れのため開幕ローテには間に合わない状況に。郭、岡本、ルブラン、十亀の4人でローテの枠が埋まる見込み。

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー 髙橋朋己(防2.01/29セーブ) 
リリーフ 増田達至(防2.82) 岡本篤志(防2.75) 豊田拓矢(防4.54) ミゲル・メヒア(新外国人)

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 菊池雄星(左):23試合139.2回/防御率3.54/5勝11敗/奪三振111/WHIP1.51
  • エスメリング・バスケス(右・新外国人)
  • 小石博孝(左):4試合16.0回/防御率3.94/0勝2敗/奪三振8/WHIP1.31
  • 十亀 剣(右):21試合59.0回/防御率3.66/4 勝5敗/奪三振41/WHIP1.41

東北楽天ゴールデンイーグルス

2015年シーズン開幕時の東北楽天ゴールデンイーグルスの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】
★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★則本昂大(右) 30試合202.2回/防御率3.02/14勝10敗/奪三振204/WHIP1.12
★美馬 学(右) 14試合72.2回/防御率4.83/2勝9敗/奪三振51/WHIP1.50
◯レイ(右) 新外国人
★塩見貴洋(左) 21試合114.2回/防御率4.71/8勝7敗/奪三振78/WHIP1.41
★横山貴明(右) 4試合18.1回/防御率5.40/1勝2敗/奪三振10/WHIP1.04
★戸村健次(右) 5試合5.1回/防御率10.13/0勝0敗/奪三振4/WHIP1.69

【メモ】

  • 左脇腹痛で登板を見合わせている辛島が間に合わない場合は、ドラフト5位ルーキーの入野貴大がローテ入りすることが有力。

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー 松井裕樹(防3.80) 
リリーフ 福山博之(防1.87) 斎藤隆(防2.59) 西宮悠介(防3.17) クルーズ(防3.99)

【メモ】

  • クローザー候補だったミコライオ(防2.45/25セーブ)は故障で長期離脱

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 辛島 航(左):25試合154.1回/防御率3.79/8勝13敗/奪三振99/WHIP1.33
  • 森 雄大(左):8試合29.1回/防御率5.52/2勝3敗/奪三振22/WHIP1.81
  • 永井 怜(右):5試合6.0回/防御率6.00/0勝0敗/奪三振7/WHIP1.83
  • 菊池保則(右):12試合51.1回/防御率4.03/4勝1敗/奪三振36/WHIP1.13
  • 宮川 将(右):17試合42.0回/防御率4.29/3勝1敗/奪三振32/WHIP1.45
  • 濱矢廣大(左):1試合5.0回/防御率3.60/1勝0敗/奪三振0/WHIP2.40
  • 松井裕樹(左):27試合116.0回/防御率3.80/4勝8敗/奪三振126/WHIP1.36
  • 入野貴大(右・新人):2014年ドラフト5位
  • 安楽智大(右・新人):2014年ドラフト1位

2016年シーズンの先発ローテーションの情報以下のページにまとめています。

2. セ・リーグの球団別の先発ローテーションの情報

2015年シーズン開幕時のセ・リーグ6球団の先発ローテーション、クローザー、セットアッパーなどの投手陣の編成情報以下のとおりとなっています。

読売ジャイアンツ

2015年シーズン開幕時の読売ジャイアンツの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】
★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★菅野智之(右) 23試合158.2回/防御率2.33/12勝5敗/奪三振122/WHIP1.10
★ポレダ(左) 元レンジャーズ
★高木勇人(右) 2014年ドラフト3位
★杉内俊哉(左) 26試合159.1回/防御率3.16/10勝6敗/奪三振145/WHIP1.16
★大竹 寛(右) 22試合129.0回/防御率3.98/9勝6敗/奪三振79/WHIP1.25
★マイコラス(右) 元テキサス・レンジャーズ

【メモ】

  • 開幕時の先発ローテは基本的に菅野、ポレダ、高木、杉内まで確定で、大竹とマイコラスの順番は、今後の調整次第に。
  • 内海哲也は「左前腕部の炎症」で復帰が6月にずれ込む可能性がある状況。
  • 小山雄輝は3月17日のヤクルトのオープン戦で4回80球の8安打3失点の後、二軍降格になり開幕二軍が決定的に。

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 内海哲也(左):22試合144.2回/防御率3.17/7勝9敗/奪三振105/WHIP1.21
  • 小山雄輝(右):16試合93.1回/防御率2.41/6勝2敗/奪三振71/WHIP1.21
  • 西村健太朗(右):49試合51.1回/防御率2.98/4勝4敗/奪三振39/WHIP1.58
  • 宮國椋丞(右):3試合14.0回/防御率6.43/1勝1敗/奪三振6/WHIP1.79
  • 今村信貴(左):13試合36.1回/防御率6.19/2勝1敗/奪三振19/WHIP1.68
  • 江柄子裕樹(右):19試合29.0回/防御率2.79/0勝2敗/奪三振15/WHIP1.28
  • 笠原将生(右):26試合38.0回/防御率4.26/2勝0敗/奪三振33/WHIP1.53

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー マシソン(防3.58) 澤村拓一(防3.72)
リリーフ 山口鉄也(防3.04) 久保裕也(防4.73) 青木高広(防2.45) 高木京介(防4.76)

阪神タイガース

2015年シーズン開幕時の阪神タイガースの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】
★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★能見篤史(左) 26試合169.1回/防御率3.99/9勝13敗/奪三振151/WHIP1.29
★メッセンジャー(右) 31試合208.1回/防御率3.20/13勝10敗/奪三振226/WHIP1.23
★藤浪晋太郎(右) 25試合163.0回/防御率3.53/11勝8敗/奪三振172/WHIP1.31
★岩田 稔(左) 22試合148.2回/防御率2.54/9勝8敗/奪三振116/WHIP1.12
★岩崎 優(左) 17試合90.0回/防御率3.50/5勝4敗/奪三振76/WHIP1.23
★岩本 輝(右) 4試合3.2回/防御率4.91/0勝0敗/奪三振1/WHIP1.36

【メモ】

  • 阪神の先発ローテの最後の2枠は岩崎優と岩本輝となることが決定。枠を争っていた新人の石崎剛は中継ぎとして起用する方針

【先発ローテ候補・バックアップ要員】

  • 石崎剛投手(右・新人):2014年ドラフト2位
  • 岩貞祐太(左):6試合29.1回/防御率4.60/1勝/4敗/奪三振21/WHIP1.33
  • 榎田大樹(左):24試合44.2回/防御率7.05/2勝/1敗/奪三振42/WHIP1.79
  • 鶴 直人(右):19試合26.2回/防御率5.06/3勝/1敗/奪三振12/WHIP1.54
  • 二神一人(右):11試合14.1回/防御率8.79/0勝/2敗/奪三振13/WHIP1.95
  • 歳内宏明(右):13試合24.0回/防御率6.75/1勝/3敗/奪三振25/WHIP1.38
  • 横山雄哉(左・新人):2014年ドラフト1位
  • 秋山拓巳(右):3試合6.2回/防御率20.25/0勝/1敗/奪三振5/WHIP3.30

先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

【ブルペン・クローザー】

POS 選手層
クローザー 呉昇恒(防1.76/39セーブ)
リリーフ 福原忍(防4.05) 安藤優也(防3.80) 金田和之(防3.61) 松田遼馬(防1.93)

広島東洋カープ

2015年シーズン開幕時の広島東洋カープの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

【先発ローテーション】
★マークは開幕先発ローテが確定。

選手名 2014年成績
★前田健太(右) 27試合187.0回/防御率2.60/11勝9敗/奪三振161/WHIP1.10
★ジョンソン(左) 新外国人
★黒田博樹(右) 32試合199.0回/防御率3.71/11勝9敗/奪三振146/WHIP1.14*
★大瀬良大地(右) 26試合151.0回/防御率4.05/10勝8敗/奪三振116/WHIP1.36
★野村祐輔(右) 19試合104.2回/防御率4.39/7勝8敗/奪三振75/WHIP1.44
★福井優也(右) 11試合60.0回/防御率4.35/4勝5敗/奪三振36/WHIP1.45

*黒田博樹の成績は2014年のヤンキース在籍時のもの

【メモ】

  • 開幕先発ローテは前田、ジョンソン、黒田、大瀬良、野村、福井の6人でほぼ確定した状況。
  • 【先発ローテ候補・バックアップ要員】

    • 九里亜蓮(右):20試合83.1回/防御率4.00/2勝5敗/奪三振50/WHIP1.49
    • 戸田隆矢(左):30試合57.0回/防御率3.32/4勝2敗/奪三振36/WHIP1.42
    • 篠田純平(左):12試合51.2回/防御率4.70/3勝4敗/奪三振24/WHIP1.45
    • 小野淳平(右):22試合37.1回/防御率3.86/1勝1敗/奪三振20/WHIP1.50
    • ヒース(右):7試合41.2回/防御率2.38/3勝0敗/奪三振35/WHIP1.18

    先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

    【ブルペン・クローザー】

    POS 選手層
    クローザー ヒース(防2.38) ザカースキー(新外国人)
    リリーフ 一岡竜司(防0.58) 中田廉(防3.89) 中崎翔太(防3.92) 今村猛(防4.35)

    中日ドラゴンズ

    2015年シーズン開幕時の中日ドラゴンズの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

    【先発ローテーション】
    ★マークは開幕先発ローテが確定。

    選手名 2014年成績
    ★山井大介(右) 27試合173.2回/防御率3.21/13勝5敗/奪三振103/WHIP1.28
    ★大野雄大(左) 25試合165.0回/防御率2.89/10勝8敗/奪三振119/WHIP1.23
    ★バルデス(左) 新外国人
    ★八木智哉(左) 3試合3.2回/防御率7.36/0勝0敗/奪三振2/WHIP1.91
    ★朝倉健太(右) 21試合75.0回/防御率5.40/4勝6敗/奪三振44/WHIP1.37
    ★雄太(左) 19試合101.0回/防御率3.21/6勝7敗/奪三振47/WHIP1.28

    【メモ】

    • 開幕時のローテは山井、大野、バルデス、八木、雄太、朝倉で決定的に。吉見一起は開幕の先発ローテから外れるものの、順調であればシーズンの早い段階でローテに戻ると予想される。
    • 浜田達郎はノロウイルス感染などによる調整が遅れている模様。

    先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

    【ブルペン・クローザー】

    POS 選手層
    クローザー 岩瀬仁紀(防3.52/11セーブ) 福谷浩司(防1.81/11セーブ)
    リリーフ 又吉克樹(防2.21) 祖父江大輔(防3.53) 岡田俊哉(防4.33) 浅尾拓也(防6.16)

    【先発ローテ候補・バックアップ要員】

    • アマウリ・リバース(右):新外国人
    • 伊藤準規(右):9試合38.2回/防御率3.96/0勝2敗/奪三振24/WHIP1.84
    • 川上憲伸(右):6試合32.0回/防御率4.78/1勝2敗/奪三振24/WHIP1.56
    • 山本 昌(左):3試合14.0回/防御率4.50/1勝1敗/奪三振9/WHIP1.36
    • 鈴木翔太(右):5試合6.0回/防御率4.50/0勝0敗/奪三振8/WHIP1.00
    • 野村亮介(右・新人):2014年ドラフト1位
    • 濱田達郎(左):16試合79.2回/防御率4.07/5勝3敗/奪三振72/WHIP1.42
    • 吉見一起(右):3試合15.0回/防御率4.20/0勝1敗/奪三振6/WHIP1.20

    横浜DeNAベイスターズ

    2015年シーズン開幕時の横浜DeNAベイスターズの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

    【先発ローテーション】

    ★マークは開幕先発ローテが確定。

    選手名 2014年成績
    ★久保康友(右) 28試合178.1回/防御率3.33/12勝6敗/奪三振119/WHIP1.32
    ★井納翔一(右) 25試合159.1回/防御率4.01/11勝9敗/奪三振104/WHIP1.33
    ★モスコーソ(右) 24試合146.0回/防御率3.39/9勝9敗/奪三振96/WHIP1.22
    ★山口 俊(右) 33試合124.0回/防御率2.90/8勝5敗/奪三振96/WHIP1.35
    ★三嶋一輝(右) 8試合24.0回/防御率10.88/1勝2敗/奪三振24/WHIP2.29
    ★高崎健太郎(右) 14試合49.2回/防御率4.17/2勝3敗/奪三振30/WHIP1.37

    【メモ】

    • 三浦大輔、高橋尚成、東野峻らは開幕2軍が決定的に

    【先発ローテ候補・バックアップ要員】

    • 三浦大輔(右):15試合94.2回/防御率3.04/5勝6敗/奪三振55/WHIP1.29
    • 高橋尚成(左):10試合51.0回/防御率5.29/0勝6敗/奪三振33/WHIP1.69
    • 東野峻(右):元巨人、オリックス戦力外
    • 国吉佑樹(右):49試合62.1回/防御率3.47/2勝3敗/奪三振59/WHIP1.35
    • 柿田裕太(右・新人):2013年ドラフト1位
    • 石田健大(左・新人):2014年ドラフト2位

    先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

    【ブルペン・クローザー】

    POS 選手層
    クローザー ★山崎康晃(2014年ドラフト1位)
    リリーフ 林昌範(防3.15) 長田秀一郎(防3.86) 国吉佑樹(防3.47)

    【メモ】

    • 三上朋也(防2.33/21セーブ)が開幕絶望のため、国吉佑樹(防3.47)と2014年ドラフト1位ルーキーの山崎康晃(右)がクローザー候補になり、最終的には山崎で開幕を迎えることを中畑監督が明言。
    • 岡島秀樹(防2.11)は開幕2軍に

    東京ヤクルトスワローズ

    2015年シーズン開幕時の東京ヤクルトスワローズの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

    【先発ローテーション】

    ★マークは開幕先発ローテが確定。

    選手名 2014年成績
    ★小川泰弘(右) 17試合108.1回/防御率3.66/9勝6敗/奪三振108/WHIP1.30
    ★石川雅規(左) 27試合165.0回/防御率4.75/10勝10敗/奪三振101/WHIP1.39
    ★成瀬善久(左) 23試合142.2回/防御率4.67/9勝11敗/奪三振88/WHIP1.36
    ★杉浦稔大(右) 4試合23.0回/防御率3.52/2勝2敗/奪三振28/WHIP1.09
    ★石山泰稚(右) 35試合109.1回/防御率4.53/3勝8敗/奪三振79/WHIP1.44
    八木亮祐(左) 23試合103.2回/防御率3.91/5勝6敗/奪三振76/WHIP1.54
    村中恭兵(左) 7試合35.2回/防御率3.79/2勝2敗/奪三振22/WHIP1.29

    【バックアップ要員・先発ローテ候補】

    • 館山昌平(右):2014年登板なし
    • 由規(右):2014年登板なし
    • 新垣渚(右):3試合8.0回/防御率7.88/0勝2敗/奪三振6/WHIP2.38
    • 古野正人(右):17試合69.0回/防御率5.35/3勝4敗/奪三振47/WHIP1.75
    • 木谷良平(右):21試合62.0回/防御率7.26/4勝6敗/奪三振35/WHIP1.69
    • 松岡健一(右):39試合51.0回/防御率5.12/3勝3敗/奪三振35/WHIP1.41
    • 赤川克紀(左):14試合29.0回/防御率7.45/0勝2敗/奪三振16/WHIP2.03
    • 七條祐樹(右):10試合27.1回/防御率4.28/2勝1敗/奪三振15/WHIP1.39
    • 徳山武陽(右):7試合22.0回/防御率5.32/1勝1敗/奪三振15/WHIP1.41
    • 竹下真吾(左):2014年ドラフト1位

    先発ローテーション投手の詳細は分析はこちらのページにまとめています。

    【ブルペン・クローザー】

    POS 選手層
    クローザー ロマン(防0.56/5セーブ) バーネット(防3.34/14セーブ)
    リリーフ 秋吉 亮(防2.28) 中澤雅人(防1.57) オンドルセク(新外国人)

    2016年シーズンの先発ローテーションの情報以下のページにまとめています。

    スポンサーリンク

    フォローする

    よく読まれています