パ・リーグ6球団の2014年開幕時の先発ローテーション情報の一覧

前回のセ・リーグの開幕先発ローテーションの一覧に続いて、今回は、パ・リーグの開幕ローテの一覧です。

それとともに各チームの開幕投手とともに、パ・リーグ6球団の開幕時の先発ローテーションの一覧の情報を、チームごとに2013年のペナントレースの順位でまとめています。2014年のセ・リーグの情報はこちらのページで確認することできます。

2015年の先発ローテーションに関する情報はこちらのページです。

続いて、パ・リーグの開幕ローテ投手のまとめです。

スポンサーリンク

パ・リーグ6球団の開幕先発ローテーション

パ・リーグ6球団の開幕先発ローテーションは以下のとおりで、基本的には一番上に名前がきている投手が開幕投手です。

*印は未確定という意味です。数字はつけていますが、必ずしも登板順ではありませんので、ご了承ください。

東北楽天ゴールデンイーグルス

  1. 則本 昂大(右)
  2. 美馬 学(右)
  3. 松井 裕樹(左)
  4. 塩見 貴洋(左)
  5. 辛島 航(左)
  6. 森 雄大(左)/トラビス・ブラックリー(左)
寸評・まとめ

則本と美馬以外は左腕の先発候補がズラリと並び、左腕王国の様相を呈していて、星野監督の中日時代は左の今中、山本昌がエースでしたが、それを思い起こさせます。

開幕投手もまだ流動的で、最終的には則本か美馬のどちらかになると思われます。またローテの6人の中では5番手まではほぼ確定で、最後の1枠を森雄大とブラックリーが争っています。

最後の一枠を争う2人は、ともに結果がともなわずに追試の形でのローテ争いなのが不安点で、それに加えて、年間を通じて投げた経験のある投手が少ないのは不安材料ではあるものの、シーズンを戦える戦力へと整えつつあります。

投手の起用に長ける星野監督と育成のプロである佐藤義則コーチの力量を感じさせます。選手の成長もさることながら、この2人のタクトも鍵を握りそうです。

埼玉西武ライオンズ

  1. 岸 孝之(右)
  2. 岡本 洋介(右)
  3. 牧田 和久(右)
  4. 菊池 雄星(左)
  5. 野上 亮磨(右)
  6. レイノルズ(右)
寸評・まとめ

実績と経験がある投手を揃えているという点では、ソフトバンクと遜色のない先発投手陣となっています。

西武が巨大戦力のソフトバンクに勝つためには、菊池雄星が岸孝之と西武の2枚看板と言われるエースへの一歩を踏み出せるかも重要なポイントになりそうです。

また新外国人のレイノルズは角度があり、よく動くボールをコントロールできていて、安定した成績が見込めそうです。

このままレイノルズが先発ローテを守れるようだと、十亀、西口を後ろに固定でき、ブルペンに厚みを加えれますので、強力になりそうです。

千葉ロッテマリーンズ

  1. 成瀬 善久(左)
  2. 唐川 侑己(右)
  3. 涌井 秀章(右)
  4. 石川 歩(右)
  5. 藤岡 貴裕(左)
  6. 古谷 拓哉(左)
寸評・まとめ

FAで獲得した涌井に大きな不安があるものの、それ以外の投手はしっかりと仕上がってきています。

昨年のように先発ローテのやりくりに頭を悩ませることも少なくなりそうです。また、もともと強力なブルペンから中郷は抜けたものの、内も復活してきますし、西野もブルペンにまわりますので、安定した成績が見込めます。

ただ、涌井の契約が先発以外は拒否できるメジャーのような契約であった場合に、少しややこしくなりそうです、大きな不安材料はこのFA投手ということになりそうです。

福岡ソフトバンクホークス

  1. 攝津 正(右)
  2. ジェイソン・スタンリッジ(右)
  3. 中田 賢一(右)
  4. ブライアン・ウルフ
  5. 寺原 隼人(右)
  6. 東浜 巨(右)
寸評・まとめ

ソフトバンクは6番手まで確定し、最後の6番手の枠を東浜巨が一旦は手にすることになりました。ただ争っていた大場翔太ももオープン戦の内容と結果も良かったため、公式戦で結果が悪ければすぐに入れ替えがありそうです。

この2人の他にも帆足和幸(左)、大隣憲司(左)と左2枚に、ベテランの新垣渚も控えていて、故障者が数人出ても、慌てることなく対応できる状態です。

ブルペンもかなり豊富で、敗戦処理をする投手が見当たらないほどの充実度で、死角のない投手陣となっています。

オリックス・バファローズ

  1. 金子 千尋(右)
  2. 西 勇輝(右)
  3. ブランドン・ディクソン
  4. 松葉 貴大(左)
  5. 井川 慶(左)
  6. 岸田 護(右)/
寸評・まとめ

絶対的なエースである金子千尋がいるものの、それ以外は不安を感じさせる顔ぶれで、3本柱と期待される西とディクソンもある程度計算できますが、上位4球団との先発陣の差は大きく厳しい戦いとなりそうです。

また即戦力と期待されていた新人の吉田一将が2軍スタート濃厚なのは大きな誤算です。4番手以降は井川慶、松葉貴大、前田祐二、岸田護などを入れ替えながらのやりくりとなりそうです。

打線の主力2人が抜けて、弱い得点力がさらに低下する可能性が高くなっています。そのため昨シーズン以上に先発投手陣にかかる負担が増えることは間違いないのですが、それに耐えきれるとは言い難い布陣です。

北海道日本ハムファイターズ

  1. 吉川 光夫(左)
  2. 武田 勝(左)
  3. 木佐貫 洋(右)
  4. メンドーサ(右)
  5. 斎藤 佑樹(右)
  6. 大谷 翔平(右)
寸評・まとめ

この投手陣のうち4番手までは確定的ですが、それ以降は斎藤、大谷の他に上沢直之、新人の浦野博司を出し入れしながらのローテが予想されます。

またオープン戦で調子の良くないメンドーサの、シーズンに入ってからの結果次第ではメンドーサも含めての先発ローテのやりくりとなりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています