NPB(日本プロ野球)の全12球団の1位指名候補予想!NPB2015年ドラフト会議の最新直前情報

2015年日本プロ野球のドラフト会議が10月22日の午後5時からグランドプリンスホテル新高輪で開催されます。

ドラフト会議の模様は地上波ではTBS系列全国ネット放送で午後4時53分から午後5時50分まで、CS/CATVではスカイ・Aで午後4時30分から指名終了まで、~最終指名まで、ラジオではニッポン放送で午後5時5分から午後6時まで放送予定となっています。

その日本プロ野球ドラフト会議2015の最新情報をこのページではまとめています。

スポンサーリンク

目次

  • スポーツ各紙の12球団の指名予想
  • 指名候補選手の情報
  • 各球団の2015ドラフト指名の最新情報

スポーツ各紙の12球団の指名予想

スポーツ各紙の電子媒体等で確認できた12球団の指名予想は以下の表のとおりとなっています。

[table “20” not found /]

ドラフト会議前に1位指名を明言しているのがヤクルトの高山俊外野手(明大)、中日の高橋純平(県岐阜商)、西武の多和田真三郎(富士大)、楽天の平沢大河(仙台育英)の4人となります。

高橋純平に関しては戦力が充実し即戦力を必要としないソフトバンクや、その年のNO.1を指名する方針の日本ハムも1位指名する方針であるとされていて3球団による競合は確実視されます。さらに流動的な阪神が指名に踏み切れば4球団、直前になって指名するとの情報が流れているロッテが加われば5球団になると予想されます。

オリックスは一旦は吉田正尚を1位指名をすることを明言したのですが、福良監督からの強い要望があり即戦力投手の指名にスイッチする可能性があることを瀬戸山球団本部長が示唆しています。

様々な媒体で予想が一番割れているのが千葉ロッテで、近藤大亮(パナソニック)、平沢大河(仙台育英)、熊原健人(仙台大)、小笠原慎之介(東海大相模)、そして一部では巨人の1位指名の最有力とされている桜井俊貴を予想するものもあります。

そのため千葉ロッテが12球団の中でも、蓋を開けてみないと一番わからないものとなりそうです。

巨人は桜井俊貴を多くの媒体が予想していて、先に挙げた千葉ロッテが1位指名しなければ、競合せずに一本釣りになる可能性がありそうです。

広島は地元広陵高等学校卒の上原健太(明大)をマークし続けたものの、直前のスカウト会議で外れ1位として岡田明丈(大商大)を1位指名するのではないかとの予想が多くなっています。

DeNAに関しては今永昇太(駒大)か小笠原慎之介(東海大相模)の指名を予想するものが多くなっています。両者ともに外れ1位にまわる可能性があるものの、一本釣りを狙って1回目の指名から1位するチームもありそうです。

外れ1位候補としては関東第一のオコエ瑠偉投手、仙台大の熊原健人投手、豊田自動車の木下拓哉捕手、DeNAの指名の可能性がある今永昇太(駒大)、小笠原慎之介(東海大相模)などの名前が挙がっています。

12球団の指名予想に挙がる選手の情報

  • 高橋純平(たかはし・じゅんぺい):1997年5月8日生まれで、右投げ右打ちの身長182センチの長身右腕。県岐阜商高。中学時代に140キロを記録。2014年秋季東海大会で3連続完投を含む33イニングで防御率0.27/奪三振35(奪三振率9.55)で準優勝の原動力に。持ち球は最速152キロのストレートに、カーブ、スライダー、スプリットと変化球も多彩。
  • 今永昇太(いまなが・しょうた):1993年9月3日生まれの178センチ78キロの左投左打の投手。駒沢大学、福岡・北筑高卒。2014年12月30日時点で、リーグ戦通算40試合で防御率2.04/18勝13敗。最速148キロのストレートに、スライダーとチェンジアップを投げる。
  • 多和田真三郎(たわた・しんさぶろう):富士大学。沖縄県出身で中部商高卒。181センチ、81キロ。右投右打。ストレートの最速は151キロで、変化球はフォークボール、スライダー、カーブ、チェンジアップなど。
  • 熊原健人(くまはら・けんと):仙台大学の右投左打の投手。宮城県の柴田高校卒。2014年にプロアマ混合の侍ジャパンの21U代表先出。ストレートの最速は152キロ。変化球はスライダー、カーブ、フォークなど。
  • 上原健太(うえはら・けんた):明治大学。沖縄県出身も広島・広陵高校卒業。持ち球は最速151キロのストレート、カーブ、スライダー、フォーク、シュート、スクリューと変化球も多彩。190cm、86kgで左投げ左打ち。
  • 高山 俊(たかやま・しゅん):1993年4月13日、千葉・船橋市生まれ。日大三高卒。181cm、84kg 明治大学在籍の右投げ左打ちの外野手。高校通算32本塁打で、日大三高で甲子園優勝に貢献し、大学では1年春からレギュラー。東京六大学史上はじめて3年生で通算100安打を突破したヒットメーカー。4年生の秋のリーグ戦で6大学記録を更新。中学時代に陸上部で200メートルで千葉県4位を記録した俊足の持ち主。
  • 吉田正尚(よしだ・まさたか):1993年7月15日生。身長173cm、体重80キロ。青学大の右投げ左打ちの外野手。敦賀気比高校では1年春の北信越大会から4番に座り、1年夏、2年春の2回甲子園出場。高校通算52本塁打。青学大では1年春秋、2年春、3年秋にベストナインに選ばれる。1部通算72試合278打数77安打の打率.277/本塁打9/打点38/盗塁12。50m走は6秒2、遠投100メートル。
  • 岡田明丈(おかだ・あきたけ):1993年10月18日生まれ。大商大高卒から投手に。3年夏は大阪大会8強。大学では1年春に初先発。今春リーグ戦で31イニング連続無失点を記録。通算9勝3敗、防御率1・13。最速153キロ。183センチ、80キロ。右投げ左打ち。
  • 平沢大河(ひらさわ・たいが):1997年12月24日、宮城県多賀城市生。仙台育英では1年春からベンチ入りし、秋からレギュラー。高校2年生時のの明治神宮大会決勝で本塁打を放ち優勝に貢献。2015年夏の甲子園で3本塁打。176cm、76kg。右投げ左打ちの遊撃手。
  • 小笠原慎之介(おがわさわら・しんのすけ):1997年10月8日、神奈川・藤沢市生まれ。投手/左投左打/180cm・83kg。東海大相模では1年春からベンチ入り。最速151キロの速球に加え、チェンジアップ、スライダー、カーブなどの変化球を持つ。2015年ドラフト候補の高校生ではNO.1左腕との評価。甲子園の球場表示で150キロ台を記録したのは2005年夏の辻内崇伸(152km)、2009年夏の菊池雄星(154km)と小笠原慎之介の3人のみ。
  • オコエ瑠偉(おこえ・るい):1997年7月21日、東京・東村山市生まれ。右投げ右打ちの外野手。高校通算本塁打は、今大会36本塁打。身長183cm、体重86kgと体格にも恵まれ、50メートル走は5秒96の俊足。外野手として高校生離れした守備範囲も魅力。

2015ドラフト指名の最新情報

ドラフト指名に関するより詳細な最新情報は以下のページにまとめています。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています