新人王・MVP・ベストナインが発表されるプロ野球コンベンション2013が11月26日開催へ!

スポンサーリンク

いよいよ2013シーズンのプロ野球新人王・MVPが決定へ!

毎年、シーズンの締めくくりとして開催され、新人王、ベストナイン、MVPなどの選手が発表と表彰式が行われる>プロ野球コンベンション2013が11月26日に開催されることが決定したようです。

ベストナインは既に発表されていますので、プロ野球コンベンションは表彰式の場となります。

新人王争いは例年になくハイレベルであったため、多くの人が>「新人王はいつ発表されるのか?」と気になっていたことかと思います。

またMVPも年間本塁打記録を更新したバレンティンなども候補として名前が上がるため、より注目を集めています。

レベルが高かったセパ両リーグ新人王候補

特に今年はセ・リーグが最多勝となる16勝を挙げたヤクルトの小川泰弘、13勝ながらチームの優勝に大きく貢献した菅野智之、高卒新人では松坂大輔以来となる10勝を挙げた藤浪晋太郎など、ハイレベルの新人王争いが繰り広げられました。

最多勝も獲得した>小川泰弘がセ・リーグ新人王の最有力候補となっていますが、果たしてどうなるのでしょうか。

パ・リーグの新人王は15勝をあげた楽天の則本昂大が、チームの日本一への貢献度も高く、有力候補となっています。ライバルとなる投手が、ロッテの西野勇士が終盤失速し、オリックスの佐藤達也やロッテの松永昂大など中継ぎ投手ということもあり、>パ・リーグの新人王は則本昂大でほぼ決定と言っても差し支えない状況です。

ただ、中継ぎの佐藤達也や松永昂大も例年なら新人王に選ばれてもおかしくない成績を残していることは付け加えておきたいと思います。

セパ両リーグの新人王争いに関する参考記事

セパ両リーグの2013シーズンの新人王候補の最終成績は以下の記事にまとめてあります。良ければ参考までに読んでいただければと思います。

セ・リーグMVPはやはりヤクルトのバレンティンか?

また今シーズンのリーグMVPは、個人の成績やチームが日本一になったこともあり、パ・リーグは>田中将大でまず間違いないところですが、セ・リーグは少々興味深い面があります。

リーグ優勝をしたのは巨人ですが、投手陣は菅野と内海ともに13勝にとどまり、主砲の阿部も昨シーズンほどのインパクトはなく、MVP間違いなしと言えるような抜きん出た成績の選手がいません。

巨人はチームの総合力でのリーグ制覇でしたので、票を大量に集めるようなMVPの有力候補がいないような状況です。

それに加えて、セ・リーグでは王貞治氏の年間本塁打記録の55本を更新したバレンティンがいますので、優勝チームの巨人からMVPが選出される可能性が低くなるように思われます。

ただ、バレンティンは本塁打王のタイトルだけで、打率と打点は中日のブランコに譲っていることもあり、微妙な部分はあるのですが、長く破られなかった王さんの日本記録を更新しましたし、打率も打点も僅差のリーグ2位でしたので、やはり>バレンティンが最有力ではないかと予想されます。

2013シーズンを締めくくるプロ野球コンベンション2013での、新人王、MVP、ベストナインの発表が本当に楽しみです。

プロ野球コンベンション2013のテレビ放送予定

プロ野球コンベンション2013はBS放送のBS-TBSで放送が予定されています。放送予定の日時は11月26日(火)の21:00から22:54となっています。こちらは録画となります。

また生中継ではJ SPORTS11月26日(火)の18:00から20:00の時間帯で放送予定となっています。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています