【NPB2015MVP】2015年のMVPはトリプルスリーの山田哲人・柳田悠岐の選出が確実!2015年シーズン最終成績で予想

日本プロ野球はレギュラーシーズンの全日程が終了し各部門のタイトルとは別に投票による選考を経て決定する賞レースがあります。

その選考・投票によって選出されるのが沢村賞、セパ両リーグのMVP、ベストナイン、新人王となります。

それらの賞レースに関する予想をシーズン最終成績をもとに6回にわたって予想しています。

今回は日本プロ野球の2015シーズンにおけるMVP(最優秀選手)の予想です。なお、他の賞レースの予想は以下のリンク先で見ることができます。

沢村賞 セ・リーグ新人王 パ・リーグ新人王
ベストナイン(セ) ベストナイン(パ) MVP(セ・パ)
スポンサーリンク

目次

セ・リーグとパ・リーグのMVPをそれぞれ有力候補とシーズン成績とともにまとめて分析し予想しています。以下はその目次です。

更新日:2015/10/28

セ・リーグ:本塁打王・盗塁王・トリプルスリーの山田哲人のMVP受賞が確実

セ・リーグのMVP候補と考えられる選手とその2015年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。
NPB2015_Central_MVP_Candidates_FieldersNPB2015_Central_MVP_Candidates_Pitchers

野手では本塁打王と盗塁王のタイトルを獲得したヤクルトの山田哲人(率.329/本38/点100/OPS1.026/盗塁34)
、打点王のタイトルを獲得した畠山和洋(率.268/本26/点105/OPS.815)、首位打者と最多安打のタイトルを獲得した川端慎吾(率.336/本8/点57/OPS.822)、タイトル獲得こそないものの主要打撃3部門で上位4位以内の筒香嘉智(率.317/本24/点93/OPS.922)が候補となると考えられます。

投手では沢村賞を受賞し最多勝を獲得した前田健太(206.1 回/防2.09/15勝8敗/勝率.652/奪三振175)、受賞はできなかったものの沢村賞選考の最後の3人に残った藤浪晋太郎(199.0回/防2.40/14勝7敗/勝率.667奪三振221)の2人が候補となると予想されます。

前田健太は沢村賞を獲得したのですが、成績を見てもわかるとおり、タイトルを総なめにするほどの圧倒的な成績ではなく、僅差の争いの中で全体的な安定感・バランスの良さを評価されてのものでした。

藤浪晋太郎は防御率、勝利数などで前田健太に劣り全体的な安定感で劣ることも理由で受賞はならなかったため、前田健太を超える評価を得られるかは微妙です。

このように投手でも上位となる2人はMVPを獲得するほどの、圧倒的な成績を残すには至っていません。

野手ではタイトルを総なめにはできなかったものの本塁打王を盗塁王を獲得した山田哲人は打率は7厘差でリーグ2位、打点は5打点差でのリーグ2位と三冠王にも肉薄しました。

さらに3割30本30盗塁を達成し、34個の盗塁に加えて盗塁成功率もセパ両リーグで15盗塁以上した選手の中でトップとなる89.47%(38-34)と素晴らしい数字です。

筒香嘉智の数字も打率が3位、本塁打が4位、打点が3位と非常にバランスが良いのですが、それよりも高いレベルで数字を揃えているため山田哲人には及びません。

OPS(出塁率+長打率)が.800を超えれば一流と評価される中で、OPS1.062は圧倒的で、三冠王に近い数字でトリプルスリーを達成するという日本プロ野球史に残る成績を残し、チームの優勝にも貢献した山田哲人の受賞で間違いないと予想される2015年シーズンのセ・リーグMVPです。

パ・リーグ:首位打者・トリプルスリー・OPS1.100の柳田悠岐のMVP受賞が確実

パ・リーグのMVP候補と考えられる選手とその2015年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

NPB2015_Pacific_MVP_Candidates_FieldersNPB2015_Pacific_MVP_Candidates_Pitchers_2

投手は複数の選手の名前をリストアップしたものの、防御率2.24で最優秀防御率、15勝で最多勝、勝率.750で最高勝率、奪三振はタイトル獲得なりませんでしたが2位となるなど、パ・リーグで圧倒的な成績を残した大谷翔平より高い評価を受けることができる投手はいません。

涌井秀章は最多勝のタイトルを分け合いましたが、勝率.625、防御率3.39と及ばず、奪三振のタイトルで主要投手部門4冠を阻止した則本昂大は防御率2.91、勝利数10、勝率.476はいずれも遠く及びません。

そのため事実上、投手として可能性があるのは大谷翔平だけと言える状況です。

野手に関しては打率.363で首位打者を獲得した柳田悠岐(率.363/本34/点99/OPS1.100)、本塁打37本、打点124で打撃二冠王となった中村剛也(率.278/本37/点124/OPS.926)、日本プロ野球の記録を更新する216安打を記録し、最多安打のタイトルを獲得した秋山翔吾(率.359/本14/点55/OPS.941)、タイトルは獲得できなかったものの本塁打がリーグ2位、打点が同6位、打率が同7位とバランスよく打撃3部門が上位になった松田宣浩(率.287/本35/点94/OPS.890)らが候補となります。

その他にも李大浩(率.282/本31/点98/OPS.892)、中田翔(率.263/本30/点102/OPS.818)などの選手も控えるなど、野手に好成績を残した選手が多くいます。

このようなハイレベルな争いの中にあっても、やはり際立つのが柳田悠岐の成績です。

打率は1位、本塁打と打点は3位と主要3部門でトップ3に入り、そして盗塁数32個はリーグ2位で、その成功率は80.00%(40-32)となっています。

また出塁率は.469と高く、走力もあるため本塁打以外の長打も多く長打率は.631という驚異的な数字を叩きだした結果、.800を超えれば一流と言われるOPS(出塁率+長打率)は1.100と圧倒的な成績でした。

さらに守備でも強肩と広い守備範囲を誇り、走攻守がNPB最高レベルで揃ったシーズンを柳田悠岐はおくりました。

トリプルスリーも余裕をもって達成できるほどの成績で、日本プロ野球史に残るレベルのものです。

パ・リーグは特に野手においてハイレベルな争いとなったのですが、その中であっても圧倒的な成績とソフトバンクへの優勝への貢献度の高さにより柳田悠岐が2015年シーズンのパ・リーグMVPを獲得することになりそうです。

他の賞レースの予想は下記のリンク先で読むことができます。

沢村賞 セ・リーグ新人王 パ・リーグ新人王
ベストナイン(セ) ベストナイン(パ) MVP(セ・パ)
スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています