千葉ロッテマリーンズの2015年の先発ローテーションをFIPとLOB%を使って分析

初回投稿日時:2015/02/19
最終更新日時:2015/02/19

このページでは日本プロ野球の千葉ロッテマリーンズの投手陣の分析をしています。

先発ローテーションでの起用が予想される選手を、2014年までの年度別成績などを元に分析しています。あくまでも前年までのデータに基づくもので、キャンプ、オープン戦での成績はあえて考慮していません。

また新人は日本プロ野球での過去データがありませんので、対象から外しています。

なお、パ・リーグ6球団の先発ローテーションの分析は以下のページにそれぞれまとめています。

ソフトバンク オリックス 日本ハム
ロッテ 西武 楽天

続いて、千葉ロッテマリーンズの主要な先発ローテ候補投手の分析です。

スポンサーリンク

マリーンズの先発ローテーションの主力候補を分析・予想

まずこの分析をしていく前に、FIPとLOB%の簡単な説明を記載しておきます。

【用語】

  • LOB%(残塁率):LOB%が高いと残塁が多くなるため失点が少なくなり、逆に低いと残塁が少なくなり失点が多くなる。投手のがコントロールすることが難しい指標で、運の影響を受けやすい。投手のタイプに関わらず、多くの投手がリーグ平均前後に落ち着くとされていて、そこから大きく外れた場合は、翌年以降にその平均値に戻る傾向がある。MLBでは70%から72%、近年のNPBでは72%-75%程度。
  • FIP(Field independence Pitching):味方チームの守備力の影響を除外して、投手の実力を測るための指標で、与四死球、本塁打、奪三振、投球イニングを元に算出する擬似防御率。防御率よりもFIPが低ければ味方の守備によって自責点が増えていると考えられ、FIPよりも防御率が低ければ、味方の守備によって自責点が減っていると、一般的に考えられている。
  • FIP+:日本プロ野球全体の平均FIPよりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。FIP+が120であれば平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。
  • ERA+:リーグ平均の防御率よりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。ERA+が120であれば防御率がリーグ平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。

先発ローテ候補として、涌井秀章、石川歩、唐川侑己、藤岡貴裕、古谷拓哉、大嶺祐太の6名を分析しています。

先発ローテーション候補1:涌井秀章

涌井秀章の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Hideaki Wakui Stats 2014

FA移籍1年目となった2014年は、チーム最多の164.2イニングを投げて、防御率4.21/8勝112敗/WHIP1.34という成績に終わりました。

涌井秀章のパフォーマンスも満足行くものではなかったのですが、それでも最多イニングになっているところが、千葉ロッテの大きな懸念材料でもあります。

ただ、涌井自身の防御率は4.21とリーグ平均を下回ったものの、投手の実力を示すFIPは3.63と防御率よりも0.58も良く、LOB%も平均より低かったため、味方の守備と運にも恵まれていいませんでした。

FIP3.63自体はNPB平均を4%を上回っていて、年俸に見合っているかは微妙ですが、先発ローテ投手として合格点の出せるものとなっています。

気になるところは、涌井秀章は2015年シーズン中に29歳となるわけですが、成績を向上させることができるかどうかというところになります。

2014年の数字やキャリア全体のFIPやLOB%を見る限り、運や味方守備に助けられないと、14勝以上の成績を残すことは難しいのではないかと予想されます。

涌井秀章は17勝10敗という成績だった2007年は防御率が2.79だったのですが、FIPは3.29と0.50も悪い上に、LOB%も平均値よりも大きめの乖離がある78.3%と高くなっていて、味方守備と運に助けられていました。

さらに沢村賞を獲得した2009年は防御率2.30もFIPは3.01と0.71も悪くなっていて、LOB%も82.5%と極めて高く、2007年以上に運や味方の守備に助けられていました。

勝敗や防御率は運に大きく左右されるため、バラつきが大きくなるのですが、FIPは運や味方守備の助けを排除できる要素で計算していますので、そのバラつきが小さくなります。

涌井秀章は一番良かった2009年でもFIPは平均を26%上回る(FIP+ 126)にとどまり、そのほかの年は13%から1%上回るレベルで推移していて、実力的に図抜けた数字は残せていません。

リーグを代表するようなエースは、FIPが最低でも平均を30%、球界を代表するようなエースは50%以上上回りますので、涌井秀章は沢村賞をとりはしたものの、数字の中身を見ると、投手として圧倒的な実力を持っているとまでは言えません。

ただ、これはリーグを代表するようなエースとは言えないというだけで、先発投手でFIPが全体の平均を上回ることは少なく、2014年に規定投球回数に到達した投手の中でも21名しか記録できていません。

12球団もあることを考えれば、酷評されることが多い最近ですが、実力的には先発ローテを十分に担える投手であると考えられる数字を残し続けています。

勝敗や防御率をよりコントロールできるようなレベルの力量までは、これまでのキャリアを見る限り、ないと考えられますが、運や味方守備と噛み合えば、好成績を残せるだけの実力は持っています。

涌井秀章のLOB%は2013年に62.3%、2014年に68.7%と2年連続で低かったため、その揺り戻しがおこってLOB%が高くなる可能性があります。

2014年の防御率4.21だけを見ると希望を感じれないかもしれませんが、実力的に大きく衰えてはいないと考えられるため、2015年も先発ローテとして一定の成績を残すのではないかと予想されます。

先発ローテーション候補2:石川歩

石川歩の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Ayumi Ishikawa Stats 2014

大学、社会人を経て入団したため、新人1年目でありながら開幕を25歳で迎え、その直後に26歳となりました。

アマチュアでの豊富な経験値が感じられる石川歩で、新人1年目で規定投球回数に到達し、防御率3.43/10勝8敗/WHIP1.26という成績を残しました。

10勝では物足りないようにも見えますが、勝敗は打線の援護の兼ね合いもあり、低迷した千葉ロッテにあって、唯一の二桁勝利を挙げていますので、その価値が際立ちます。

また石川歩はFIPが3.21と全体の平均を17%も上回り(FIP+ 117)、規定投球回数に到達した両リーグの投手の中で11番目と、かなり質の高い投球をしていたと考えられる数字が残っています。

またFIPは防御率よりも0.22も良いため、基本的には味方の守備の助けを受けずに相手打線を抑えていたと考えられ、さらにLOB%は平均値よりもやや低いため、運に助けられるというよりも、ツイてない部類に入るシーズンでした。

それでもこれだけの成績が残せたため、地力がある投手で、1年目の成績はマグレではないと考えられます。

2年目は研究され、徹底的にマークされるため、成績を伸ばすことは簡単ではありませんが、先発ローテの一員としてしっかり働いてくれる期待ができる石川歩です。

2年目も1年目と同等、もしくはそれ以上の成績を残せるようであれば、名実ともに千葉ロッテのエースとなっていきそうです。

先発ローテーション候補3:唐川侑己

唐川侑己の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Yuki Karakawa Stats 2014

プロ8年目のシーズンを迎えた唐川侑己ですが、二桁勝利はわずかに1度だけと、期待されていたようなステップは踏めていない状態です。

2008年から2011年にかけては、投手の実力を示すFIPが平均を上回り続け、特に2009年からの3年間は20%前後も上回るなど、エースへ階段を昇るかと思われました。

しかし、2012年以降は大幅ではありませんが、平均を下回るシーズンが3連続となり、伸び悩んでいる面があることが否定できません。

気になるのは2012年以降奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)が落ちていることで、2年連続で4点台と非常に寂しい数字になっています。

さらには被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は0.78とルーキーイヤー以来の悪さで、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は2.56とキャリアワーストとなってしまいました。

プロデビュー後4年間に比較すると、「不調」もしくは「力が落ちている」と考えられるシーズンが続いていて、特に2014年は際立った内容の悪さで、今後が懸念されます。

それでも平均的な投手に近いレベルにおさまっているのは、元々の能力が高いためなのですが、持っていたポテンシャルからすると寂しいものがあります。

投手としてのバランスが崩れつつあり、もし2015年も同様の成績に終わるようであれば、この悪い状態がズルズルと続く可能性があるため、今年は正念場となりそうです。

先発ローテーション候補4:藤岡貴裕

藤岡貴裕の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Takahiro Fujioka Stats 2014

ドラフト1位指名で、即戦力左腕との呼び声が高かった大物左腕は、3シーズンともに6勝にとどまり、通算の防御率も3.96と悪くはないものの、期待に応えているとは言えない状態です。

2013年と2014年ともに6勝10敗ですが、その中身が悪くなっていることが懸念されます。

奪三振率は2013年より改善されましたが、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は3.46と、あまり良くない状態で横ばいになっています。

そして一番目立つのが被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)の悪さで、1.29となっています。

この1.29は100イニング以上投げた両リーグの投手の中で1番高い割合で、90イニング以上の投手を加えても、DeNAの三浦大輔の1.33をわずかに下回る程度です。

他にも近い割合ではヤクルトの石山泰稚が1.24なのですが、三浦大輔が横浜スタジアム、石山泰稚が神宮球場と本塁打が出やすい本拠地で投げているのに対して、藤岡貴裕が本塁打が出にくい千葉マリンを本拠地としていることを考えれば、際立った多さだと言わざるをえません。

与四球が多く、被本塁打が多ければ、当然のことながら失点が多くなりますので、防御率も悪くならざるをえません。

投手の実力を示すFIPは4.59と平均的な投手を18%も下回るなど、寂しい数字になっていますので、このままズルズルといけば並以下の投手になりかねません。

投手としての実力、能力そのものが高まらないと、先発のチャンスは与えられても、期待されていたような成績を残すことは難しい状態で、年齢的にもここから2年くらいが正念場になりそうです。

先発ローテーション候補5:古谷拓哉

古谷拓哉の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Takuya Furuya Stats 2014

2013年に89イニングではありましたが、防御率2.73/9勝1敗/WHIP1.08の成績を残したため、期待された古谷拓哉でした。その古谷の2014年は勝敗こそ7勝5敗と勝ち越したものの、防御率4.35/WHIP1.52で。FIPも4.12で平均を9%下回るなど内容は良くありませんでした。

制球面での課題が活躍の妨げとなってきた古谷でしたが、2013年には与四球率(9イニングあたりの与四球数)が2.93に改善されたことにより、結果を残すことができました。

しかし、2014年なは与四球率が3.91と以前ほどではないものの悪い数字で、100イニング以上を投げた両リーグの投手の中で5番目の悪さでした。

33歳で開幕を迎え、シーズン中に34歳となる年齢を考えると、これ以上の上積みを期待するのは、リスクが高いため、先発ローテに入れるとしても5番手もしくは6番手にとどめたいところです。

ただ、マリーンズの先発投手の台所事情がよくありませんので、難しい選択を迫られることになりそうです。

先発ローテーション候補6:大嶺祐太

大嶺祐太の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Yuta Omine Stats 2014

チャンスを与えられながらも、結果を残せないまま年齢を重ねてきてしまった大嶺祐太です。

ただ、2014年は今後に微かな望みを感じさせる越夏を残しました。
54.2イニングしか投げていませんので、参考程度となってしまうのですが、防御率3.46/FIP3.99という成績を残しました。

FIP3.99は平均よりも6%下回る程度で、キャリアの中では一番内容のある数字を残せました。

2013年も43.1イニングしか投げていませんので、参考程度の数字とはなりますが、防御率は4.57の一方で、FIPは4.07と2014年と大差がありません。

制球面ではいまだに課題が残るものの、被本塁打率が以前よりは減ったことで、大量失点のリスクを下げることができた分、以前よりは成績が安定してきました。

ただ、年間を通じでローテを守った経験もなく、これまでの数字を見る限り、余程の成長がないと1年間ローテを守り切るのは難しいのではないかと予想されます。

本来であれば、一旦は先発6番手においても、調子が悪くなれば、他の投手にスポット先発させるような状態にするほうが、チームにとってリスクが少ないと考えられます。

ただ、先発投手が乏しいという事情もあり、新しい戦力の台頭がない限り、そのような起用方法は難しいと考えられるため、本人の実力アップに期待することになりそうです。

総括・まとめ

成瀬も十分に活躍していたとは言えないのですが、それでもチーム3番目の142.2回を投げてくれた意味は大きく、その穴を埋めるのは容易ではありません。

石川歩は久々に成功させましたが、上位指名した投手がリリーフとしては一定の働きをするものの、先発ローテを担う状態に育てきれていないことが、ボディブローのように効いてきている状態です。

にも関わらず、目立った投手の補強は、新外国人の李大恩と陳冠宇くらいで、ドラフトでの上位指名も京大卒の田中英祐と即戦力かは微妙なため、先発ローテには不安が多くある状態であることは否定できません。

ファームでも目ぼしい先発投手が見当たらず、十分に投手が育っていない状態ですが、それでも新戦力が1人ではなく、2人台頭してくることに期待せざるをえず、それがかなわない場合には、クライマックスシリーズはかなり難しいと言わざるをえません。

伊東監督も先発投手陣のやりくりには、頭を悩ませる事になりそうです。