西武ライオンズの2015年の先発ローテーションをFIPとLOB%を使って分析

初回投稿日時:2015/02/19
最終更新日時:2015/02/19

このページでは日本プロ野球の西武ライオンズの投手陣の分析をしています。

先発ローテーションでの起用が予想される選手を、2014年までの年度別成績などを元に分析しています。あくまでも前年までのデータに基づくもので、キャンプ、オープン戦での成績はあえて考慮していません。

また新人は日本プロ野球での過去データがありませんので、対象から外しています。

なお、パ・リーグ6球団の先発ローテーションの分析は以下のページにそれぞれまとめています。

ソフトバンク オリックス 日本ハム
ロッテ 西武 楽天

続いて、西武ライオンズの主要な先発ローテ候補投手の分析です。

ライオンズの先発ローテーションの主力候補を分析・予想

スポンサードリンク

まずこの分析をしていく前に、FIPとLOB%の簡単な説明を記載しておきます。

【用語】

  • LOB%(残塁率):LOB%が高いと残塁が多くなるため失点が少なくなり、逆に低いと残塁が少なくなり失点が多くなる。投手のがコントロールすることが難しい指標で、運の影響を受けやすい。投手のタイプに関わらず、多くの投手がリーグ平均前後に落ち着くとされていて、そこから大きく外れた場合は、翌年以降にその平均値に戻る傾向がある。MLBでは70%から72%、近年のNPBでは72%-75%程度。
  • FIP(Field independence Pitching):味方チームの守備力の影響を除外して、投手の実力を測るための指標で、与四死球、本塁打、奪三振、投球イニングを元に算出する擬似防御率。防御率よりもFIPが低ければ味方の守備によって自責点が増えていると考えられ、FIPよりも防御率が低ければ、味方の守備によって自責点が減っていると、一般的に考えられている。
  • FIP+:日本プロ野球全体の平均FIPよりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。FIP+が120であれば平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。
  • ERA+:リーグ平均の防御率よりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。ERA+が120であれば防御率がリーグ平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。

先発ローテ候補として、岸孝之、牧田和久、菊池雄星、野上亮磨、岡本洋介、十亀剣の6名を分析しています。

先発ローテーション候補1:岸孝之

岸孝之の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Takayuki Kishi Stats 2014

2014年は故障離脱があったものの、キャリアベストに近い成績で、防御率2.51/13勝4敗/WHIP1.00という成績を残しました。

30歳となる2015年もそれ以上の活躍が期待されるのですが、やや懸念される数字が2014年の成績には残っています。

表面的な成績は良いものの、投手の実力を示すFIPは平均を9%上回る程度にとどまっている上に、防御率よりも0.94も悪いため、味方の守備にかなり助けられていました。

また投手がコントロールすることが難しく、運に大きく左右されるため、多くの投手が平均値の範囲内におさまる傾向があるLOB%(残塁率)という指標が、2014年に81.9%と非常に高い数字を記録しています。

LOB%は率が高いと残塁が多くなるため失点が少なくなるのですが、平均値から大きく外れた年があると、平均値に近づくような揺り戻しが起こる傾向があります。

岸孝之のキャリア全体ではLOB%は76.5%なのですが、2009年に80.1%を記録した後、2011年に69.1%と低くなりました。その結果、防御率は3.80とキャリアの中でもワーストの防御率となり、唯一二桁勝利を逃しています。

岸孝之は2014年に81.9%と非常に高い数字になったため、2015年以降に揺り戻しがおこる可能性が高く、成績が落ちる可能性があります。

ただ、調子が悪いシーズンでFIPが平均をやや下回る程度におさまるなど、投手としての実力そのものは高いため、一定の成績は十分に期待できそうです。

ただ、2014年よりはやや苦しむ可能性はありそうです。

先発ローテーション候補2:牧田和久

牧田和久の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Kazuhisa Makita Stats 2014

2011年から2013年の3年間は連続で防御率2点台を記録するなど安定した成績を残していたのですが、数字の中身を見ると2014年に成績が低下する可能性があったと考えられます。

2011年と2012年は飛ばない統一球の恩恵もあり、投手の成績が全体的に良かったのですが、それでも投手の実力を示すFIPは2年連続で平均20%(FIP+ 120)を上回っていました。

しかし、2013年は防御率は2.60と良かったものの、FIPは3.69に下落し、リーグ平均を1%下回っていました。

2013年は奪三振率、被本塁打率、与四球率など投手がコントロールしやすい数字が軒並み落ちていたのですが、防御率は2.60と横ばいになっていたのは、味方の守備と運に助けられたためでした。

防御率は2.60の一方でFIPは3.69と1.09も悪いため、かなり味方の守備に助けられていた上に、LOB%は82.0%と平均よりも高く、運にも大きく助けられていました。

2013年と2014年はFIPは3.69から3.83と横ばいに近い推移だったのですが、2013年にあった味方の守備による援護や運による助けが平均に近づいた結果、防御率3.74という数字に落ち込みました。

それでもFIP3.83は平均を2%を下回る程度にとどまっているため、元々の実力が高いことがわかるのですが、奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)は年々低下し、与四球率(9イニングあたりの与四球数)も年々悪化しているところが気にかかるところです。

多くの球団が牧田和久の変則的な投球も研究され、ボールの軌道に慣れ始めていると考えられる面もあるため、今後も安定した成績を残すためには、何かしらの上積みが必要と考えられ、30歳となる2015年は分岐点となりそうです。

先発ローテーション候補3:菊池雄星

菊池雄星の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Yusei Kikuchi Stats 2014

2013年に108イニングを投げて、防御率1.92/9勝4敗/WHIP1.14という成績を残し、2014年に本格ブレイクすることが期待されましたが、防御率3.54/5勝11敗/WHIP1.51と十分には期待に応えることができませんでした。

ただ、2013年の成績の中身をみれば、このように成績が低下する可能性はありました。

2013年は防御率1.92でしたが、FIPは3.08と悪くはないものの、ずば抜けたものではありませんでした。

さらに防御率よりもFIPが1.16も悪く、かなり守備に助けられていたと考えられ、にLOB%(残塁率)は82.4%と高い数字で、運にも助けられていましたので、投手としての実力以上の成績でした。

このように2015年に成績が降下しても大きな驚きはなかったのですが、与四球率(9イニングあたりの与四球数)が5.03と高いことからもわかるように制球難により、大幅な成績低下につながってしまいました。

ただ、2014年に不安定になったものの、FIPは3.83と平均を7%下回る程度におさまっていますので、投手としてのポテンシャルは高いと言えます。

2013年はやや出来過ぎでしたが、先発ローテの2番手もしくは3番手を担えるだけの可能性は持っていると考えられるため、制球難を完全に克服できなくても、もう少し落ち着けば、それなりの成績を残すことができそうです。

先発ローテーション候補4:野上亮磨

野上亮磨の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Ryoma Nogami Stats 2014

3年間の成績が27勝22敗ということで先発投手として及第点と言える勝敗となっているのですが、気になるのはFIPが一度もNPB全体の平均を超えていないことです。

FIPは3.73、4.05、4.65と推移していて、2014年は平均を19%も下回る状態となりました。

与四球率(9イニングあたりの与四球数)は3.14と与四球がやや多く、被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)も1.12と、90イニング以上投げた投手の中で7番目に多い割合になる上に、奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)が5.09と低いため、大量失点につながりやすい投球内容になっていました。

8勝10敗と勝敗だけではそんなに悪くはないものの、投手としての実力に関わる部分での数字の低下が目につくため、2015年にかなり立てなおしていかないと、今後が厳しくなっていきそうです。

先発ローテーション候補5:岡本洋介

岡本洋介の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Yousuke Okamoto Stats 2014

またフルシーズンを投げ切ったことがないため、参考程度とはなるのですが、FIPが平均に近い数字を記録するなど、そこそこの力量があると考えられます。

ただ、奪三振率、与四球率、被本塁打率ともに良くなく、現状では良くて先発5番もしくは6番手におきたいというレベルで、シーズンを通じてローテを守れるかどうかについては、やや不安が残ります。

先発ローテーション候補6:十亀剣

十亀剣の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Ken Togame Stats 2014

十亀剣は2014年に伊原監督の指示によりブルペンに回ったのですが、2013年の成績を見ると野上亮磨や岡本洋介よりも先発投手として内容のある投球をしていたと考えられます。

表面的には二桁勝利をあげた野上亮磨のほうが目につくのですが、十亀剣は164.1イニングを投げて防御率3.45/8勝8敗/WHIP1.23と二桁には届かなかったものの、防御率では野上亮磨の3.95を上回っていました。

また、投手の実力を示すFIPでは十亀が3.29とリーグ平均を11%も上回り、さらに防御率よいも良いため、表面の数字以上に良い投球をしていたと考えられます。

伊原監督はリリーフを強化したいために、就任早々に十亀を後ろに回すことを明言しましたが、キャンプで競争すらさせてもらえなかったのは、本人にも、その他の選手の成長にも良い影響があまりなかったと言えそうです。

先発3番手クラスになる可能性を秘める数字を2013年には残していましたので、2015年にどのように調整してくるのか注目したい選手です。

総括・まとめ

2013年は菊池、野上、十亀、岡本洋らを、渡辺監督がうまく起用していたのだと感じさせる2014年となってしまいました。

2014年は伊原監督が早々に先発ローテを固定したかのような発言をしたことにより、競争意欲も削がれたためか、期待されていた選手が伸び悩み、それを強く突き上げるような選手もなかなか現れませんでした。

野上、岡本はもちろんのこと、菊池雄星も先発ローテを確約されるほどの、数年にわたる継続した実績があったわけではありませんので、横一線で競争させて、能力を引き出したほうが良かったように思われてなりません。

2014年に残っているデータでは岸はある程度信頼できるのですが、2番手、3番手の牧田、菊池になってくると、早くも不安が残ることが否定できません。

また4番手以降も、野上、十亀、岡本ともに信頼をおけるほどの実績もないため、先発ローテに全体的な不安が残ります。

そのため菊池雄星が覚醒するか、新外国人のルブラン、郭俊麟の少なくともどちらか1人がローテに入って安定した働きをしないと、西武のAクラスは厳しくなりそうです。

仮に菊池雄星と新外国人が一定の働きをしても、大活躍というレベルには及ばない場合には、戦力が充実しているソフトバンクとオリックスに競り勝つのは容易ではなく、日本ハムとの3位争いが実質的なターゲットになりそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ