李大浩が2年8億を拒否?阪神入りが加速か?

李大浩が移籍も辞さないと述べる

李大浩が今シーズンでオリックスとの契約が終了するため、新たに契約の交渉が行われていますが、あまり順調ではないようです。

オリックスは2年7億を提示したようですが、それが拒否され、2年8億に上積みしたようですが、それにも納得していないとのことです。

李大浩もオリックスに残りたいが、今回の提示を拒否しているのは、日本に来た時の契約(契約金2億、2年5億円の計7億)と大差がないのが理由のようです。

元々、阪神は李大浩を補強候補として見ているとの報道がありました。(参考記事:中島だけでなくバルディリスと李大浩まで阪神は狙っている?)

すでに李大浩は移籍も辞さないとしているようですので、オリックスとの契約が頓挫すれば、おそらく手を上げるのではないかと思われます。

スポンサードリンク

バルディリスも流出の可能性が

また、同じくオリックスのバルディリスも契約が切れるわけですが、提示している契約が何と2年1億5000万円という渋い数字が出ています。1年7500万円というのは、今シーズンの成績を考えると低すぎる評価ではないでしょうか。

今シーズンが5000万円程度でしたので、それをベースにしてオファーしているように思いますが、助っ人という立場を考えると、もう少し出してあげるべきではと個人的には思います。

これだと阪神はもちろんのこと、ソフトバンク、DeNAあたりも手を挙げる可能性がありそうです。FAと違い、人的補償がありませんので、獲得する上での問題は金銭面だけです。この2人の動向は、今後も注目を集めそうです。

李大浩の日本での成績(2012-13)

李大浩の日本での成績(2012-13)

こうして数字を見てみるとオリックスの提示した金額が妥当なかという気がします。特にボールが飛ぶようになった今年に本塁打数が伸びなかったところが気になります。今シーズンが31歳なので、衰えということではないと思われますが・・・。

得点圏打率は.323のリーグ9位で勝負強く、良い打者であることは間違いないのですが、今オリックスが提示している金額以上だと相場より高い気がします。2年9億とか10億などの金額を提示する球団がいると、少々クビを傾げるかなという気はします。

アーロム・バルディリスのオリックス移籍後の成績(2010-2013)

バルディリスの成績はオリックス移籍後の成績を紹介したいと思います。
アーロム・バルディリスのオリックス移籍後の成績(2010-2013)

中距離打者のバルディリスで本塁打は多くありませんが、91打点と勝負強い打撃で、得点圏打率.349は、首位打者の長谷川勇也、打点王の浅村栄斗に次ぐリーグ3番目です。

来年31歳と野手としていい時期に差し掛かってくることを考えると、やはりオリックスの提示は安すぎると思います。今の提示の倍、つまり2年3億でもいい気がするのですが。

今のオリックスの提示のままで残留というのは考えにくいバルディリスです。

シーズンオフに目玉となるようなドラフトやFAでの野手がいませんので、この2人が残留しない場合は、多くの球団が手をあげそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ