村田修一の自由契約・移籍に関する最新情報

■ 村田修一の自由契約・移籍に関する最新情報 目次

初回公開日:2017/10/14
最終更新日:2017/11/13

  1. 自由契約・移籍に関する最新情報
    1. 10月の最新情報
    2. 2017年11月の最新情報

スポンサードリンク

村田修一の自由契約・移籍に関する最新情報

村田修一の自由契約・移籍に関する最新情報です。

2017年10月の最新情報

スポンサーリンク

2017年10月の最新情報です。

2017年10月14日の報道です。

巨人が村田修一内野手(36)に対し、来季の契約を結ばず、自由契約にすることを通達したと13日、発表した。
(中略)
来季残留が濃厚なマギーは三塁へ戻り、正二塁手には昨年ドラフト1位の吉川尚が期待される。大砲候補の岡本も再び三塁に挑む。鹿取GMは「チームが若返るためにです。戦力になる力は十分にあるし、2000本も彼なら十分に達成できると思うが、多くの先発出場の機会を与えることは難しい」と現状を捉えた。
自由契約という選択は、球団から功労者、村田への配慮だった。FA権を行使すれば、村田は補償が発生するBランクとみられる。実績や実力を評価されても、高年俸や年齢を理由に他球団から敬遠される可能性が高まる。鹿取GMは「苦渋の決断だけど、自由契約にして選択肢を広げようと。これだけ貢献してくれた選手に対する、せめてもの誠意です」と説明した。

引用元:日刊スポーツ

年俸が2億2000万円で巨人のチーム内でBランクに該当する村田修一です。FA宣言による移籍の場合には人的補償+金銭補償、もしくは金銭補償のみという代償を獲得するチームを支払う必要に迫られます。

移籍へのハードルは当然のことながら高くなりますので、本人にFA宣言をさせるのではなく、来季のチームの構想外であることを伝えて、自由契約にすることを巨人は選択したことになります。

最終的には巨人の三塁のレギュラーに復帰し、終盤には3試合連続本塁打を放ったり、守備範囲は狭くなったもののグラブさばきの巧みさは健在です。

ただ、今季の成績が118試合で打率.262、14本塁打、打点58というものになりますので、新たに獲得する球団は2億2000万円をベースには判断をしてくれないのは確実です。

年俸の大幅減は避けられませんが、戦力として期待できる水準をキープはしていますので、興味を持つ球団が現れるのは自然なことと考えられます。

2017年10月14日の報道です。

巨人・村田の今後は他の戦力外選手と同じ扱いになる。
日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の申し合わせによる運用ルールにのっとり、他球団との契約が可能になるのは11月15日の12球団合同トライアウト終了後。村田自身が参加しなくても、例えば午後4時にトライアウトが終了すればその直後から契約ができる。巨人の保留選手名簿から外れ自由契約選手として公示されるのは12月2日。

引用元:スポーツニッポン

戦力外通告、自由契約という流れになりますので、FA宣言をする選手とは移籍までのプロセスが異なることになります。
村田修一がトライアウトに参加することはないと予想されますが、他球団と交渉するためには、そのトライアウトの終了を待たなければなりません。

2017年10月14日の報道です。

ロッテ首脳が村田に関心を示した。井口監督は「魅力ある選手。まだまだ、できると思う。僕1人では判断できないので、いろいろ相談したい」。林球団本部長も「いい選手。(獲得は)ない話ではない。(検討対象に)なり得る」とした。三塁には3年目の中村がいるが、完全なレギュラーにはなっていない。チームの長打力は不足しており、補強ポイントには合う。

引用元:日刊スポーツ

村田修一を獲得しても年俸が1億円以下になる可能性が高いため、下手な新外国人を獲得するよりは成功する確率が高い投資となります。
特にロッテの外国人補強はなかなかうまく行っていませんので、村田修一のほうが見込みは立てやすくはなります。また指名打者という枠もありますので、戦力として活かしやすくはなると考えられます。

ただ、本拠地が東京ドームから本塁打の出にくいZOZOマリンスタジアムに変ることになりますので、長打力不足を完全に解消するまでを期待するのは過剰ではないかと考えられます。

2017年10月14日の報道です。

ヤクルト小川シニアディレクターは村田について静観の考えを示した。今季は三塁手の川端が椎間板ヘルニア、一塁手の畠山が足の故障で離脱。内野陣は手薄で、補強ポイントに合致する。しかし、チームは来季からの若返りを図る方針で「何とも言えない。思わせぶりなことも言えないし、(獲得調査は)ないよとも言えない」と話した。

引用元:日刊スポーツ

2018年の目標設定が、「是が非でも優勝」というものであれば、村田修一の獲得に動くことは自然なことと言えます。神宮球場であれば長打力もそのまま活かされる可能性が高く、バレンティンが抜けた場合でもある程度打線に厚みをもたせることができます。

ただ、小川新監督は2年契約で、宮本慎也コーチへの禅譲を前提とした「つなぎ」「チーム再建役」としての登板です。若い選手を軸とするチームにしていくことが最重要課題で、村田修一の獲得はそれに逆行することになります。

2017年10月15日の報道です。

DeNA・高田繁GM(72)が14日、村田の獲得に否定的な見解を示した。甲子園での阪神戦前に取材に応じ、「力は落ちてないと思うけれど、うちは三塁には首位打者の宮崎がいるし、一塁にもロペスがいるから」と語った。

引用元:スポーツ報知

若い選手でチームを作り上げようとしている途上にありますが、ヤクルトから戦力外通告を受けた田中浩康は獲得しています。が、村田修一には興味を示していません。

昨年オフの時点であれば、村田修一の横浜復帰という可能性もあったかもしれませんが、宮﨑敏郎が台頭したことにより、DeNAにとって選択肢ではなくなりました。

2017年10月16日の報道です。

来季、どこのユニホームを着るのかは現段階で未定だが、目標の一つとする2000安打まで残り135本としている。「体も心も元気ですし、まだ負けていないと思う。こういう状況になった以上は絶対にレギュラー(で出場)というのはそんなに強くない。僕のことが必要だと言っていただける球団があれば、置かれたポジションで真摯に向き合いながら野球をしたい。結果的にその数字をクリアできればいい」と語った。

引用元:東京スポーツ

必ずしもレギュラーにこだわらず、まずはとにかく契約をしてくれること、そして競争するチャンスを与えてくれるところ、というような部分で交渉していくことになりそうです。
控えからレギュラーの座にしぶとく這い上がっていくということを巨人で経験したことは、レギュラーだけの経験しかない状態よりもプラスになることは間違いありません。

今季終盤の打撃は悪くなかっただけに、本人もある程度やらしてもらえれば、出場機会を勝ち取れるという自負もあるからこその発言ではありそうです。

2017年10月17日の報道です。

秋季練習を視察した小川監督が、巨人を自由契約となった村田の獲得に否定的な考えを示した。12月まで編成トップのシニアディレクター業も兼務する指揮官は「十分戦力となり得る選手」と評価した上で「川端とかうちの選手の状態を考えると、すぐに獲得というところまではいかないことが可能性として大きい。現時点では、獲得に向けて進めるというのは難しい」と説明した。

引用元:サンケイスポーツ

真中監督が指揮を執る間には、成瀬に大型契約を提示するなど、資金面でのバックアップも手厚かった印象ですが、小川監督のときはそうではありませんでした。
いる選手でやりくりするのに長けている監督で、その結果主力選手が育ち、真中監督のリーグ優勝につながっています。

川端慎吾、畠山和洋らと結んでいる複数年の契約延長が良い方向には作用していない現状で、予算を圧迫していることは間違いありません。宮本監督就任時には再び資金を投資すると思われますが、同じ三塁と一塁をポジションとする2人に大金を投入していますので、さらに村田に資金を注ぐのは難しいというのもあるのかもしれません。

2017年10月20日の報道です。

ロッテが、巨人から戦力外通告を受けた村田修一内野手(36)の獲得を見送る可能性がきわめて高いことが19日、わかった。
 一時は検討する可能性も浮上したが、複数の球団幹部が「球団内でそういう話になっていない。戦力にはなれるだろうが、(獲得は)難しいと思う」と明言した。

引用元:スポーツ報知

村田修一の移籍先の有力候補の一つが消えることになりました。
補強ポイントに合致しているのはロッテとヤクルトだったのですが、その2球団が消極的な姿勢となりました。DeNAもその方向性ではありませんので、一気に状況は苦しくなってきました。

ただ、年俸が8000万円といったようなレベルではなく、3000万円を下回るような控えレベルの条件になれば、興味を示す球団が再び現れる可能性はあるとは考えられます。

早い段階に決まることも考えられたのですが、ドラフト指名、新外国人の動向に左右されることになりそうな気配です。
現役引退するような成績ではないのですが、厳しい冬となる可能性が出てきました。

2017年10月23日の報道です。

楽天が、巨人を自由契約となった村田修一内野手(36)の獲得調査を進めることが22日、分かった。本職の三塁にはウィーラー、一塁には銀次とレギュラー組が在籍するが、右打ちの長距離砲はかねての補強ポイントだった。球団関係者は「来季のチーム編成にもよるが、大砲はうちにいないタイプ」と話した。
(中略)
立花球団社長も以前「うちは外国人3選手が出ている現状を見ても、日本人のホームラン打者を育てることが重要」と話していたように、和製大砲の育成がテーマでもある。

引用元:日刊スポーツ

内野の両コーナーにはウィーラー、銀次、指名打者には外国人がいるため、レギュラーになるのは簡単ではない布陣となっている楽天です。

村田修一は、それらの選手が投手の右左や相性の兼ね合いなどで休養する時に、ローテーションで出場することができるようなところに割り込めるかどうかが焦点となりそうです。

現在、獲得に動くチームがかなり少ないことを考えると、年俸は5000万円を越えることはなさそうな状況のため、楽天としては手が出しやすいかもしれません。

来季も指揮をとることになった梨田監督は、結果を残していれば、ベテランでも積極的に起用する傾向がありますので、その点においても村田修一にとってチャンスかもしれません。

現状では楽天以外に手を上げそうな球団が見当たりませんので、村田修一にとって非常に重要な交渉となりそうです。

2017年11月の最新情報

2017年11月の最新情報です。

2017年11月13日の報道です。

スポンサーリンク

楽天・星野仙一球団副会長が今オフは積極的な補強を行わない意向を示した。岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで行われている秋季キャンプの視察に訪れ、梨田監督や選手らを激励。
練習を見守りながら「うちは静かなオフになる」。巨人を自由契約になった村田についても「うちは若返りを図っている最中」と獲得には否定的で、FA選手についても「獲らない」と言及した。

引用元:スポーツニッポン

当初、村田修一の獲得に興味を示す可能性が報じられたヤクルトとロッテはともに若手選手への切り替えなどを理由に、早々に興味がないというスタンスを明確にしました。

その後、楽天が右の長距離砲ということで興味を示しているとの報道があったのですが、楽天は星野会長が否定的なスタンスを明言したことで、可能性がほぼなくなりました。

そうなると村田修一を明確に必要とする球団はなくなり、中日の森監督が話したように育成契約すら覚悟する必要がある状況となりました。

古巣のDeNAも若返りが順調と、若い選手への切り替えをするチームが多いというタイミングも良くないのですが、それらのチームで、戦力として以外にも、若い選手の模範役として期待されていないところが気にかかるところではあります。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ