マリナーズが最有力候補に浮上、ヤンキースは脱落 – 大谷翔平のポスティング移籍最新情報

大谷翔平のポスティングによるメジャーリーグ(MLB)移籍の交渉に関する最新情報を更新しています。

球団との交渉に関する動向、契約内容など条件面での情報など随時追加していきます。

スポンサードリンク

2017年12月4日(現地12月3日)の最新動向

2017年12月4日(現地12月3日)の最新動向です。

12月4日午前8時8分/11分:MLB公式サイトのブライアン・ホック氏のツイート

大谷翔平の代理人から「ヤンキースからロサンゼルスで直接プレゼンテーションを受ける場に招待されない」ことを伝える連絡があったことをキャッシュマンGMは明かしています。この結果、大谷翔平の争奪戦で最有力候補の一つと見られていたヤンキースが移籍先のリストから外れたことになります。

キャッシュマンGM「落胆している」と話し、大谷翔平がどのような球団を希望しているかについても言及しています。

ブライアン・キャッシュマンGMによると、大谷翔平はアメリカ西海岸の小さい市場をフランチャイズとする球団に興味・関心をよせているようで、移籍先の有力候補に浮上しています。

12月4日午前8時09分:YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏

YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏のツイートです。

翌週に予定されているロサンゼルスでの会談に向けて交渉球団の絞り込みが行われていて、ヤンキースが脱落したこと。さらにサンフランシスコ・ジャイアンツとシアトル・マリナーズがファイナリストに含まれていることが伝えられています。

12月4日午前8時27分:FanRag SportsのJon Heyman氏

FanRag SportsのJon Heyman氏による情報です。

ダルビッシュと大谷翔平の獲得に積極的に動くことを明言していたツインズですが、直接プレゼンする機会を持つことはできなくなり、争奪戦から脱落したことが伝えられています。

12月4日午前8時35分:MLB公式サイトのMike Berardino氏

MLB公式サイトのMike Berardino氏による情報です。

大谷翔平が交渉相手の絞込をしているのですが、ファイナリストに残っているのはアメリカ西海岸が多く残っているとのことです。ただ、カブスは例外で、それ以外はマリナーズ、ジャイアンツ、パドレス、ドジャース、エンゼルスなどが残っているようです。

12月4日午前8時44分:ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏

ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏のツイートです。

ニューヨーク・メッツも直接交渉できるファイナリストには選ばれず、大谷翔平の争奪戦から脱落したことが伝えられています。

12月4日午前8時57分:NBCスポーツ・ボストンのエバン・デルリッチ氏

NBCスポーツ・ボストンのエバン・デルリッチ氏のツイートです。

ブライアン・キャッシュマンGMのように、大谷翔平の代理人から理由は伝えられなかったが、直接交渉できるファイナリストには選ばれなかったことだけた伝えられとのことです。

12月4日午前9時3分:MLB公式サイトののアダム・ベリー氏

MLB公式サイトののアダム・ベリー氏のツイートです。

ピッツバーグ・パイレーツも直接プレゼンテーションをする場には招かれず、大谷翔平の争奪戦から脱落したことが伝えられています。

12月4日午前9時4分:MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏

MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏のツイートです。

ブルージェイズのロス・アトキンズGMが、大谷翔平にプレゼンテーションをする機会を与えられなかったことを明かしています。そして「私たちは行ったプレゼンテーションに自信を持っていたし、彼の代理人からも、『力が及ぶ全てのことをコントロールできていた』という感想をもらった」ということを話したことが伝えられています。

12月4日午前9時4分:FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏

FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏の情報です。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスも大谷翔平に直接プレゼンできるファイナリストから外れたということを情報筋が伝えているようです。状況が確認できていないのが、カブス、エンゼルス、レンジャーズ、パドレスの4球団だと付け加えた後、確認はできていないが、現状を見る限りリストに残っていると考えられることを伝えています。

12月4日午前9時21分:FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏

FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏の情報です。

争奪戦から脱落したことが確認できたチームとして以下の名前をあげています。

  • ダイヤモンドバックス
  • アスレチックス
  • ヤンキース
  • メッツ
  • ブルワーズ
  • パイレーツ
  • ツインズ
  • レッドソックス

12月4日午前9時33分:USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール氏

ホワイトソックスが脱落したようです。

12月4日午前9時41分:ESPNのジェリー・クラスニック氏

ESPNのジェリー・クラスニック氏による情報です。

タンパベイ・レイズも大谷翔平の争奪戦から弾き出されてしまったようです。

12月4日午前9時41分:USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール氏

USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール氏の情報です。

現在、複数のMLB球団幹部たちは「マリナーズが大谷の争奪戦においての明らかなフロントランナー」と考えていて、マリナーズサイドも慎重ではありながらも楽観的な見通しをもっていることが伝えられています。

ただ、最有力と見られていたヤンキースはファイナリストにも残っていませんので、あくまで予想です。

12月4日午前9時46分:FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏

FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏の情報です。

パドレスが争奪戦のファイナリストに残っていることが確認できたようです。

12月4日午前9時47分:FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏

FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏の情報です。

ハッキリと確認はとれていないものの、ドジャースは争奪戦に生き残っていると情報筋は考えていることが伝えられています。ただ、ドジャースサイドの感触は良いとは言えないのか、必ずしも有力な候補とは言えないようです。

12月4日午前9時54分:ESPNのジェリー・クラスニック氏

ESPNのジェリー・クラスニック氏による情報です。

パイレーツ、レイズが脱落したことは他の記者たちが伝えていましたが、クランスニック氏はあらたな情報としてブレーブスが脱落したことも伝えています。

フロントでかなり問題がありましたので、驚きはない結果です。クラスニック氏も同様の見解を示しています。

12月4日午前10時20分:ワシントン・ポストのチェルシー・ジェーンズ氏

ワシントン・ナショナルズも獲得に動いたのですが、ロサンゼルスでのプレゼンテーションには進むことができず、争奪戦からは脱落しました。

12月4日午前11時50分:ダラス・モーニング・ニューズのエバン・グラント氏

ダラス・モーニング・ニューズのエバン・グラント氏の情報です。

西海岸のチーム以外で、ロサンゼルスでのプレゼンテーションに生き残ったのは、テキサス・レンジャーズとシカゴ・カブスの2球団だけであることを伝えています。
ただ、レンジャーズはそのことを認めるような発言はしていません。ジョン・ダニエルズGMは基本的に交渉の経過を明かすことを嫌いますし、内部からの情報流出の管理も徹底しています。

交渉が継続していれば何も話さないのは自然なことで、逆に脱落していれば、ハッキリと話すと考えられるのがジョン・ダニエルズGMのこれまでの傾向です。

12月4日午後1時33分:フリープレススポーツのアンソニー・フェネック氏

デトロイトのメディアであるフリープレススポーツのアンソニー・フェネック氏による情報です。

デトロイト・タイガースも獲得に動いたものの、次のプレゼンテーションには生き残ることができず脱落しています。

12月4日午後2時28分:FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏

スポンサーリンク

FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏の情報です。

ジャイアンツ、マリナーズ、ドジャース、エンゼルス、カブス、パドレス、レンジャーズの7球団がロサンゼルスでのプレゼンテーションに進出し、大谷翔平争奪戦のファイナリストとなったことが伝えられています。

■ 大谷翔平争奪戦の最新動向

  • 直接交渉(7):ジャイアンツ、マリナーズ、パドレス、レンジャーズ、カブス、ドジャース、エンゼルス
  • 脱落(15):ヤンキース、レッドソックス、レイズ、メッツ、パイレーツ、ホワイトソックス、ブルージェイズ、アスレチックス、ブルワーズ、ダイヤモンドバックス、ツインズ、カージナルス、ブレーブス、ナショナルズ、タイガース
  • 不明も脱落が濃厚(8):オリオールズ、インディアンス、ロイヤルズ、アストロズ、マーリンズ、レッズ、ロッキーズ、フィリーズ

情報がかなり多いため随時追加していきます。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ