牧田和久のFA宣言・FA移籍に関する最新情報

■ 牧田和久のFA宣言・FA移籍に関する最新情報 目次

初回公開日:2017/10/09
最終更新日:2017/10/10

  1. NPBでの通算成績
  2. 年俸の推移
  3. FA宣言・FA移籍に関する最新情報
    1. 9月の最新情報
    2. 10月の最新情報

スポンサードリンク

牧田和久のNPBでの通算成績

牧田和久のNPBでの通算成績は以下の表のとおりとなっています。

Kazuhisa Makita_Stats_2017

2011年に先発とクローザーの両方をこなし、127回2/3で防御率2.61、22セーブ、WHIP0.95という成績で新人王を獲得しています。

通算276試合中110試合が先発での登板ですが、921回1/3を投げて防御率2.83、WHIP1.17と素晴らしい結果を残し続いています。

キャリアワーストと言えるシーズンでも防御率3.74、防御率3.66と非常に高いレベルの成績を残しています。

リリーフと先発の両方で、ハイレベルな成績を安定して残しているため、2017年の年俸は1億円と実績を考えれば非常に格安といえる牧田和久です。

牧田和久の年俸の推移

牧田和久の年俸の推移は以下のとおりとなっています。

年度 年齢 年俸
2011年 25歳 1300万円
2012年 26歳 3400万円
2013年 27歳 6700万円
2014年 28歳 8000万円
2015年 29歳 7500万円
2016年 30歳 7500万円
2017年 31歳 1億円

牧田和久のFA宣言・FA移籍に関する最新情報

牧田和久のFA宣言、FA移籍に関する最新情報です。

10月の最新情報

2017年10月の最新情報です。

スポンサーリンク

巨人が外国人選手の調査を進めていることが3日、分かった。主軸を担えるヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(33)、中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)ら大砲候補を軸に調査を本格化させる。
また、FA行使の可能性がある西武・牧田和久(32)、日本ハム・増井浩俊(33)、同・宮西尚生(32)各投手らの動向を注視していく。

引用元:スポーツ報知

2年連続での大型補強の可能性がある巨人が、牧田和久の動向にも注目していると報じられています。
先発とリリーフの両方で期待ができる投手で、さらに年俸は1億円と格安であることを考えれば、巨人のみならず多くの球団が関心を寄せることが予想されます。

牧田和久は昨オフの契約更改の際に、国内FA権を取得することを想定した西武側が2年契約の打診を受けていますが、それを断って単年契約を選択しています。

そのため、もともと牧田がメジャー挑戦への関心を示していたこともあり、国内FA権をバックとしてポスティングを球団側に求めていくのではないかとのメディアの予想も出ていました。

海外志向が強ければ、このオフに国内FA権を行使せずに残留しても、2018年シーズンオフのときには取得しているであろう海外FA権を行使してチームを去ってしまうことが確実となります。

そうなるのであれば、高額ではないと予想されるものの、入札費用を手にすることができるポスティングを牧田和久側の希望どおりににかけるということも西武にとって選択肢となってきます。

ただ、西武にとっても必要な戦力であることは間違いなく、来季にさらに上を目指すのであれば、欠かしたくない投手ではあります。

国内FA権を行使すれば、複数球団による争奪戦になることは確実で、日刊ゲンダイの報道では「巨人以外は阪神、DeNA、中日、楽天、ソフトバンク、オリックスなどが調査」と伝えられています。

国内への流出を回避するためにポスティングというシナリオも完全には否定しきれない、今シーズンオフの牧田和久です。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ