ソフトバンクホークスの2015年の先発ローテーションをFIPとLOB%を使って分析

初回投稿日時:2015/02/19
最終更新日時:2015/02/19

このページでは日本プロ野球の福岡ソフトバンクホークスの投手陣の分析をしています。

先発ローテーションでの起用が予想される選手を、2014年までの年度別成績などを元に分析しています。あくまでも前年までのデータに基づくもので、キャンプ、オープン戦での成績はあえて考慮していません。

また新人は日本プロ野球での過去データがありませんので、対象から外しています。

なお、パ・リーグ6球団の先発ローテーションの分析は以下のページにそれぞれまとめています。

ソフトバンク オリックス 日本ハム
ロッテ 西武 楽天

続いて、福岡ソフトバンクホークスの主要な先発ローテ候補投手の分析です。

スポンサーリンク

ホークスの先発ローテーションの主力候補を分析・予想

まずこの分析をしていく前に、FIPとLOB%の簡単な説明を記載しておきます。

【用語】

  • LOB%(残塁率):LOB%が高いと残塁が多くなるため失点が少なくなり、逆に低いと残塁が少なくなり失点が多くなる。投手のがコントロールすることが難しい指標で、運の影響を受けやすい。投手のタイプに関わらず、多くの投手がリーグ平均前後に落ち着くとされていて、そこから大きく外れた場合は、翌年以降にその平均値に戻る傾向がある。MLBでは70%から72%、近年のNPBでは72%-75%程度。
  • FIP(Field independence Pitching):味方チームの守備力の影響を除外して、投手の実力を測るための指標で、与四死球、本塁打、奪三振、投球イニングを元に算出する擬似防御率。防御率よりもFIPが低ければ味方の守備によって自責点が増えていると考えられ、FIPよりも防御率が低ければ、味方の守備によって自責点が減っていると、一般的に考えられている。
  • FIP+:日本プロ野球全体の平均FIPよりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。FIP+が120であれば平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。
  • ERA+:リーグ平均の防御率よりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。ERA+が120であれば防御率がリーグ平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。

先発ローテが2つ組めるほど候補者がいるホークスですが、ここでは攝津正、大隣憲司、スタンリッジ、中田賢一、武田翔太、帆足和幸、寺原隼人、東浜巨、飯田優也の9名を分析しています。

なお、松坂大輔とバンデンハークについては以下のページで詳細に分析しています。

先発ローテーション候補1:攝津正

攝津正の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Tadashi Settsu Stats 2014

2009年の防御率1.47と2012年の防御率1.91は、それぞれ防御率がFIPよりも0.72、0.53も良いため、守備に助けられていたと考えられる上に、LOB%もそれぞれ89.4%、82.0%と高いことにも助けられたものでした。

特に2012年は飛ばない統一球が使用されていましたので、このような数字を再度出すことはかなり難しいのですが、投手の実力を示すFIPは先発転向後の3年間はいずれも平均的な投手を20%程度上回るなど、高いレベルの実力を持続して発揮していました。

球界を代表するエースクラスになるとFIPが平均よりも30%以上上回るため、それに比較すればやや物足りないため、絶対的なエースとまでは言いにくいのですが、先発1番手として役割を果たせる実力を維持していました。

気になるのは2014年に急激に数字が落ちたことで、奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)が前年の8.09から5.71、与四球率が2.33から3.96に急落したため、FIPは4.22と自身初の4点台となり、平均的な投手を11%下回ってしまいました。

年齢的には32歳と衰えが出てもおかしくはないのですが、あまりにも急激な低下だったのが気になるところです。

2009年と2010年にリリーフとして70試合登板し、さらに80イニング前後を投げているため、そのことによる勤続疲労と年齢による衰えが懸念されますので、そのあたりを払拭できるか注目されます。

先発ローテーション候補2:大隣憲司

大隣憲司の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Kenji Odonari Stats 2014

2014年シーズン終盤に戦列に復帰し、防御率1.64/3勝1敗/WHIP0.87と窮地に陥っていたチームを救い、さらにクライマックスシリーズ、日本シリーズでも活躍し、優勝に大きく貢献した大隣です。

防御率1.64はFIPの2.73よりも1.09も良く、LOB%は82.6%は平均値を大きく外れているため、味方守備と運の助けがあったことは否定できません。

ただ、実力がないということではありません。イニング数が少ないため参考程度の色合いが強くなるのですが、FIP2.73はNPB平均を38%も上回っていますので、投手としてのパフォーマンスそのものも優れていた大隣でした。

2011年以降はFIPが平均を13%から38%上回るなど、投手としての実力も高いため、うまくいけば先発1番手、そうでなくても2番手は十分に務めてくれる期待ができます。

先発ローテーション候補3:スタンリッジ

スタンリッジの年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Jason Standridge Stats 2014

2年契約の1年目は防御率3.30/11勝8敗/WHIP1.24という成績で、チームの日本一に貢献したスタンリッジです。

LOB%は75.7%と平均値に近く、FIPも3.67と防御率との乖離も大きくないため、ほぼ実力通りの成績が残せた2014年だったと考えられます。

気になるのは奪三振率、与四球率が緩やかに低下傾向にあり、FIP3.67は平均より2%上回る程度に落ちている上に、年齢が36歳になることです。

そのため、2014年以上の上積みを期待せずに、良くて平行線、もしくは緩やかな低下が続くと想定して、できれば先発3番手以降におけるようであれば、チームの勝利数も増えていきそうです。

先発ローテーション候補4:武田翔太

武田翔太の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Shota Takeda Stats 2014

高卒1年目に67.0イニングを投げて、防御率1.07/8勝1敗/WHIP0.94という素晴らしい成績を残しました。

この1年目の好成績はLOB%が88.4%と極めて高い数字の上に、FIPが防御率よりも1点前後悪いため、運と味方守備に助けられてのものでした。

それでもFIP2.01はNPB平均を47%上回るなど期待される数字を残していたので、期待された2年目でしたが、、2年目は防御率3.48/4勝4敗/WHIP1.58とやや苦しみました。

そして3年目となった2014年は防御率1.87/3勝3敗/WHIP1.34とフルシーズンを投げていませんの参考程度となりますが、良い成績を残しました。が、2014年も2012年と同様にFIPは2.99のため、実力以上の成績だったことは否定できません。

ただ、FIP2.99自体はリーグ平均を26%上回る数字のためポテンシャルを感じさせるものではあります。

1年を通じで投げ切ったことがなく、規定投球回数に到達したことがありませんので、参考程度にはなりますが、エースになれる可能性を持っている投手であることを感じさせる数字は残しています。

先発ローテの枠を勝ち取るのも容易ではありませんが、1年通じて一軍で投げた場合に、どの程度の数字を残すのかを見てみたい投手で、うまくいけば2015年に大ブレイクする可能性がある1人ではないかと思われます。

先発ローテーション候補5:中田賢一

中田賢一の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Kenichi Nakata Stats 2014

FA移籍後1年目に自身2度目となる規定投球回数に到達したものの、イニング数は145回とギリギリで、防御率は4.34とやや物足りないものとなってしまいました。

ただ、FIPは3.82と防御率よりも0.52良い上に、LOB%は68.2%と低かったため、味方守備や運にも恵まれなかったことがうかがえるデータが残っています。

また、FIPの3.82はNPB全体の平均を2%下回る程度で、実力が落ちたというわけではないようです。

キャリ全体を通じで、防御率や勝敗にバラつきがあるのは運の影響も受けるためやむを得ないのですが、FIPはリーグ平均以上(FIP+ 100以上)をコンスタントに記録するなど、実力そのものはある投手です。

先発ローテを守れる実力は維持していると考えられますが、制球面での懸念はあるため、できれば先発4番手以降で起用したいところです。

先発ローテーション候補6:帆足和幸

帆足和幸の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Kazuyuki Hoashi Stats 2014

2年連続で防御率4点台半ばで、FIPも4.00という成績だった帆足和幸です。

FIP自体はリーグ平均をやや下回る程度(FIP+ 91/94)と極端に悪いわけではありません。

ここ2年間は防御率よりもFIPが0.5以上良く、さらにLOB%が68%前後と低くなっていますので、味方守備などの運にも恵まれなかったと考えられる帆足和幸です。

そのため、ソフトバンクでなければ、シーズンを通じで先発ローテの一角を守れる実力はキープしていると考えられる状態の帆足です。

2015年に35歳となるため、大きな上積みは期待できないものの、球威に頼らない技巧派のため、能力の下降線はゆるやかになると考えらので、2015年も一定の成績を残すと予想されます。

投手層の薄いチームであれば3・4番手、悪くとも5番手には入れると考えられるのですが、ソフトバンクでは先発ローテの6番手に滑り込めるかどうかのラインとなりそうです。

ソフトバンクはこのレベルの投手を故障したり、不調に陥った選手のバックアップとしても計算できるのが圧倒的な強みです。

長いシーズンの中では、帆足和幸の存在があることがチームの安定感につながりそうです。

先発ローテーション候補7:東浜巨

東浜巨の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Nao Higashihama Stats 2014

即戦力として期待された入団した東浜巨ですが、悪くはないものの2年間で5勝にとどまっています。

2年間の防御率が3.38であることだけを切り取ると悪くないようにも見えるのですが、FIPは4.24と、リーグ平均を10%以上下回っています。

2014年は特に与四球率(9イニングあたりの与四球数)は5.86と極めて高いため、ランナーを多く抱えているのが課題で、この内容では他チームで先発ローテに引っかかるどうかというライン上で、競争の激しいソフトバンクでは厳しい立場にあると言わざるを得ません。

特に今シーズンは松坂大輔に、新外国人のリック・バンデンハークも加わり、武田翔太、飯田優也らの成長もありますので、キャンプ・オープン戦で相当な成長が見られない限り、ロングリリーフ兼任のスポット先発要員になりそうです。

先発ローテーション候補8:寺原隼人

寺原隼人の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Hayato Terahara Stats 2014

ソフトバンクにFA移籍した寺原隼人ですが、移籍後2年間で5勝と大きく期待を裏切るシーズンが続いています。

2014年の成績は防御率4.88/1勝4敗/WHIP1.34という散々な成績だったのですが、投手の実力を示すFIPは7.17と、さらに無残な数字になってしまいました。

奪三振率は4.55と低い上に、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は3.58と悪く、被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は2.60と壊滅的な数字で、一軍レベルにないと判断されてもやむを得ない数字となっています。

手術した右膝の影響もあったのかもしれませんが、ここから復活するのは容易ではない上に、投手陣の層が12球団で1番厚いソフトバンクで出番が回ってくるか定かではありません。

うまくいって先発6番手に滑りこむのが精一杯となりそうです。

先発ローテーション候補9:飯田優也

飯田優也の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Yuya Iida Stats 2014

58.1イニングを投げて2勝5敗と負け越したものの、防御率3.24と良い数字を残し、FIPも3.60とリーグ平均を上回る内容のある投球を見せたのが飯田優也です。

二軍で経験を積ませるのも悪くはないですが、一軍でどれだけやれるのかを見てみたい投手の1人です。

与四球率が高いことが、今後の課題とはなりますが、奪三振率は9.10と高い数字を記録するなど、可能性を感じさせます。

総括・まとめ

先発投手陣は2つ6人編成の先発ローテーションが組めるほどの選手層で、1人、2人の故障や不調にも動じずにすむものとなっています。

ここに投手の育成、指導、起用に長ける佐藤義則コーチ、吉井理人コーチが加わっていますので、他球団からすれば脅威以外の何物でもありません。

強いて課題をあげるとするならば、攝津正が2014年に急激に成績を落としたことで、絶対的に信頼できるエースが不在なことです。

攝津正は表面上の成績だけでなく、投球の中身も多くの問題があるため、立て直すことが簡単ではなく、オープン戦などの実戦での内容が気になるところです。

選手層はソフトバンクが圧倒的に厚いものの、先発投手やブルペンの顔ぶれやクオリティではオリックスが遜色ありません。

また、先発投手の1番手から3番手の強さだけに絞れば、オリックスと比較した場合に、ソフトバンクのほうが、やや見劣りするところがありますので、新戦力となる松坂大輔とバンデンハークのパフォーマンスは、意外と重要になりそうです。

先発投手陣の年齢層がやや高いことが数年先を考えると不安材料ですが、FAや新外国人を獲得する圧倒的な資金力があるために、大きな問題ではないとも言えます。ただ、トップクラスのFA投手は海をわたることが多くなっていますので、自前の選手育成はやはり重要です。

その点では武田翔太、飯田優也、東浜巨のほか、岩嵜翔、大場翔太らをしっかりと育てられるか、新しいチーム首脳陣の手腕に注目したいところです。

短期決戦では蓋をあけてみないとわかりませんが、レギュラーシーズンでは優勝の最有力で、悪くとも2位にとどまりそうなソフトバンクです。