日本ハムファイターズの2015年の先発ローテーションをFIPとLOB%を使って分析

初回投稿日時:2015/02/19
最終更新日時:2015/02/19

このページでは日本プロ野球の北海道日本ハムファイターズの投手陣の分析をしています。

先発ローテーションでの起用が予想される選手を、2014年までの年度別成績などを元に分析しています。あくまでも前年までのデータに基づくもので、キャンプ、オープン戦での成績はあえて考慮していません。

また新人は日本プロ野球での過去データがありませんので、対象から外しています。

なお、パ・リーグ6球団の先発ローテーションの分析は以下のページにそれぞれまとめています。

ソフトバンク オリックス 日本ハム
ロッテ 西武 楽天

続いて、北海道日本ハムファイターズの主要な先発ローテ候補投手の分析です。

スポンサーリンク

ファイターズの先発ローテーションの主力候補を分析・予想

まずこの分析をしていく前に、FIPとLOB%の簡単な説明を記載しておきます。

【用語】

  • LOB%(残塁率):LOB%が高いと残塁が多くなるため失点が少なくなり、逆に低いと残塁が少なくなり失点が多くなる。投手のがコントロールすることが難しい指標で、運の影響を受けやすい。投手のタイプに関わらず、多くの投手がリーグ平均前後に落ち着くとされていて、そこから大きく外れた場合は、翌年以降にその平均値に戻る傾向がある。MLBでは70%から72%、近年のNPBでは72%-75%程度。
  • FIP(Field independence Pitching):味方チームの守備力の影響を除外して、投手の実力を測るための指標で、与四死球、本塁打、奪三振、投球イニングを元に算出する擬似防御率。防御率よりもFIPが低ければ味方の守備によって自責点が増えていると考えられ、FIPよりも防御率が低ければ、味方の守備によって自責点が減っていると、一般的に考えられている。
  • FIP+:日本プロ野球全体の平均FIPよりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。FIP+が120であれば平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。
  • ERA+:リーグ平均の防御率よりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。ERA+が120であれば防御率がリーグ平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。

先発ローテ候補として、大谷翔平、メンドーサ、上沢直之、浦野博司、中村勝、木佐貫洋、吉川光夫、武田勝、斎藤佑樹の9名を分析しています。

先発ローテーション候補1:大谷翔平

大谷翔平の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Shohei Otani Stats 2014

1年目は3勝0敗も、防御率4.23/WHIP1.33/奪三振率6.61で、投手の実力を示すFIPも4.22とNPB平均を16%も下回るレベルでした。

しかし、2年目に一気に球界を代表するようなエースへの一歩を残したと考えられるような成績を残しました。

防御率2.61はパ・リーグで、金子千尋、岸孝之に続く3番目の数字であるだけでなく、投手の実力を示すFIPは2.48と則本昂大、前田健太、菅野智之らを上回る数字で、金子千尋に続く両リーグ2位となりました。

このFIPはNPB平均よりも52%も傑出するという圧倒的なもので、松坂大輔の全盛期並みの突出度です。

先発投手の奪三振数がイニング数を超えることが稀な日本プロ野球で、155.1イニングで179個の三振を奪い、両リーグ1位の奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)10.37を記録しました。

与四球率(9イニングあたりの与四球数)の3.30と、与四球がやや多いことが目立つくらいで、被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は0.41と低く、高卒2年目の19歳にして圧倒的な投球を見せました。

防御率や勝敗という運に左右されるような数字だけでなく、投手としての能力を示す指標で軒並み両リーグトップクラスを示すなど、2014年の成績は偶然に生まれたものではないことは確かです。

投打の二刀流はファンとしては興味深いものではあるのですが、投手に専念すればダルビッシュ、田中将大、岩隈久志といったメジャーでもトップクラスの選手以上の大投手になれる可能性を、日本プロ野球界で唯一持つと言えるほどの才能のため、投手に絞って欲しい気もします。

1年目から2年目に想像だにしなかった進化を投打ともに遂げましたので、プロ3年目のシーズンが注目されます。

先発ローテーション候補2:メンドーサ

メンドーサの年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Luis Mendoza Stats 2014

7勝13敗と6つも負け越し、防御率が3.89という成績だけを見ればパッとしない印象のメンドーサですが、投手としての実力は高いと考えられる数字を残しています。

奪三振率は6.61と高くないものの、ゴロを打たせることが出来る投手のため被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は0.33と金子千尋と同等です。

また、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は2.50で、規定投球回数に到達した投手の中では11番目と安定感もあります。

このような投手としての能力の高さはFIPにあらわれていて、3.03という数字を残しているのですが、この数字は規定投球回数に到達した投手の中で両リーグ7番目という良いものです。

そのため表面的な成績は良くないものの、味方の守備や運に恵まれなかっただけで、投手としての能力は高いといえるメンドーサです。

防御率3.89は、FIP3.03よりも0.86も悪いため、味方の守備に足を引っ張られていたと考えられますし、LOB%も平均よりやや低目となるなど、あまり運も良くありませんでした。

FIPはNPBの平均よりも24%を上回って(FIP+ 124)いますので、実力そのものは二桁以上を楽に勝てるものがあると考えられるメンドーサです。

大谷翔平とともに重要な役割を担うことになりそうです。

先発ローテーション候補3:上沢直之

上沢直之の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Naoyuki Uwasawa Stats 2014

先発投手が足りないと不安視されていた日本ハムの先発ローテに新風を吹き込み、クライマックスシリーズ進出にも貢献したのが上沢直之です。

23試合135.1回を投げて、防御率3.19/8勝8敗/WHIP1.17という成績を残したうえに、20歳と年齢も若いため、さらなる飛躍が期待されるのですが、不安がないわけではありません。

2年目のジンクスというだけでなく、1年目の成績が味方の守備や運に助けられたもので、実力以上のものだったと考えられるデータがあるためです。

投手の実力を示すFIPは3.96と防御率よりも0.77も悪いため、実力で抑えたというよりも味方の守備に依存していたと考えられます。

さらに運に左右されるため投手がコントロールしにくいLOB%(残塁率)は率が高いと、失点が少なくなるのですが、79.8%とNPB平均の72-74%よりも高い割合で、運もあった2014年でした。

通常、LOB%は投手がコントロールしにくいため、投手のタイプに関わらず平均値におさまる傾向があるため、平均値を大きく外れた年があると、翌年以降に平均値に近づく揺り戻しが起こります。

LOB%が平均値より高い投手というのも存在するのですが、それは金子千尋、前田健太というような球界を代表するような投手に起こることであって、上沢直之がそれに該当するとは考えにくいものがあります。

そのためLOB%の揺り戻しが2015年に起こった場合には、防御率が悪化し、それに伴い負けが増える可能性が高まります。

2年目ということで他球団からもマークされ解析されますし、2014年のFIPはNPBの平均的な投手よりも5%下回っていましたので、2015年にさらなる成長がなければ、成績を落とす可能性が高いので、キャンプでの「伸び」が活躍のためには必要となりそうです。

ただ、成績を落とす可能性があるというのは防御率3.19から落ちる可能性があることを意味するのであって、活躍しないということではありません。

NPBの平均的な投手の力量は持ち合わせていますので、先発4番手以降であれば計算しても良いのではないでしょうか。

先発ローテーション候補4:浦野博司

浦野博司の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Hiroshi Urano Stats 2014

プロ1年目で115.0回を投げて、防御率3.68/7勝4敗/WHIP1.22という成績で、華々しくはないものの、即戦力として一定の働きを見せた浦野博司です。

防御率3.68は上沢直之よりも0.48も悪いものの、FIPは上沢が3.96であるのに対して、浦野は4.12と大きな差はありません

この2人の防御率の差が生じているのは、上沢が味方の守備や運の助けを多く受けたのに対して、浦野はそれがやや少なかったためと考えられます。

上沢直之は防御率とFIPの差が0.77もあり、LOB%も79.8%と高いのですが、一方の浦野は0.44とFIPと防御率の差が小さく、LOB%も73.7%と平均値におさまっています。

奪三振率、被本塁打率では上沢がやや上回り、与四球率は浦野がやや上回っているものの、全体的に大きな差はありません。

この2人は力量的には非常に似通っていて、浦野も上沢同様に先発4番手、5番手以降を任せるには良いと考えられる2014年の成績でした。

そして上沢、浦野の両者に言えることなのですが、規定投球回数に連続して到達るような先発投手になるには、まだ及ばない点がありますので、もう一歩、二歩の成長が期待されます。

先発ローテーション候補5:中村勝

中村勝の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Masaru Nakamura Stats 2014

2014年シーズンにキャリアハイとなる97.1回を投げて、防御率3.79/8勝2敗/WHIP1.41という成績を残しました。

23歳となる年齢もあり、2015年の活躍が期待されるわけですが、不安材料がないわけではありません。

奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)は3.98と極めて低く、被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は1.11とやや高い上に、与四球率が4.44と高いためです。

これらの味方の守備に依存しない、投手の能力そのものを示すとされている指標が軒並み悪いため、投手の実力を示すとされるFIPは5.37と悪く、NPBの平均を30%も下回っています。

2013年は防御率5.11だったのですが、FIPは4.85と2014年よりもよい数字になっています。

FIPは2014年に低下したにも関わらず、防御率が向上しているのは、味方の守備と運に助けられた可能性が高いことが否定出来ない数字が残っています。

2014年は防御率よりもFIPが1.58と大きく悪いため、かなり味方の守備に助けられていたと考えられます。

さらにLOB%(残塁率)は79.1%と平均値を上回っているため、ツキもあったと考えられます。

防御率3.79、8勝2敗で勝率8割だけを見ると成長したように受け取れるのですが、数字を見る限り、投手としての実力が著しく向上したことによる成績向上とは捉えられないため、2015年に大きな成長がないと、2014年同様の成績を残すのは難しくなりそうです。

先発ローテーション候補6:木佐貫洋

木佐貫洋の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Hiroshi Kisanuki Stats 2014

派手さはないものの、オリックス移籍後の2010年以降はFIPがNPB平均を超え続けるレベルを維持している木佐貫洋です。

2014年は投球回数が少なすぎるため、参考程度にはなるのですが、先発ローテを任せるのに十分なレベルを維持していると考えられる成績を残していました。

奪三振率、与四球率、被本塁打率などの数字は図抜けていないものの、バランスよくまとまっていて、大崩しにくい要素が揃っています。

35歳となる年齢もあるため、多くの貯金を作ることを期待するのは厳しい物がありますが、先発ローテの4番手以降には十分な投手です。そのため、そのような位置づけにできる先発投手の編成にできるかどうかが重要になりそうです。

先発ローテーション候補7:吉川光夫

吉川光夫の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Mitsuo Yoshikawa Stats 2014

2012年に173.2回を投げて、防御率1.71/14勝5敗/WHIP0.88という素晴らしい成績を残したのですが、飛ばない統一球の問題が整理された後の、2013年と2014年は思ったような成績を残せていません。

2012年は飛ばないボールの恩恵を受けた上に、LOB%(残塁率)が82.1%と極めて高い数字で、かなりツイている年でもありました。

このLOB%は運に大きく左右され、投手がコントロールすることが難しいため、多くの投手がリーグ全体の平均値の範囲内におさまる傾向があります。

そのため平均値を大きく外れた年の、翌年以降に揺り戻しが起こって平均値に近づく作用が起こります。

吉川光夫は2012年に82.1%と高い数字を記録したため、その揺り戻しが起こった2013年は70.7%と平均をやや下回り、2014年には67.2%とさらに低下しました。

その結果、防御率も悪化してしまったのですが、2013年は7勝15敗という勝敗は良くありませんが、投手の実力を示すFIPは極端に悪かったわけではありません。

2013年の防御率3.31はパ・リーグ平均を8%上回り、FIP3.28はNPB平均を11%上回っていますので、見た目の勝敗よりは良い内容でした。

懸念されるのは2014年に本格的に状態が悪くなってしまったことです。

防御率は4.88とパ・リーグ平均を26%下回り、FIPは4.50でNPB平均を16%下回るなど、一気に悪化しました。

奪三振率は6.13まで落ち、被本塁打率も0.88に増え、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は4.50と非常に悪い数字となってしまいました。

そこにLOB%が67.2%と揺り戻しが起こったことが、成績悪化に追い打ちをかけてしまいました。

年齢や成績の落ち方を見ても、メンタル面での落ち込みが、技術的な面にも影響を与えたと考えられる完全なスランプ状態に陥ってしまったため、復活することは簡単ではなさそうです。

ただ、「飛ばない統一球」の問題が是正された2013年には、勝敗こそ悪かったものの、中身のある投球を1年を通じて見せていますので、実力がないというわけではありません。

良い意味で2012年の成績は忘れて、その時の感覚は追い求めずに、自分のやれることを徹底に磨くことに集中すれば、成績も上向きになるのではないでしょうか。

先発ローテーション候補8:武田勝

武田勝の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Masaru Takeda Stats 2014

4年連続二桁勝利をあげるなど、日本ハムの先発ローテで重要な役割を果たしてきた武田勝ですが、年齢による衰えを感じさせる成績の低下が起きています。

投手の実力を示すFIPでは、2008年以外はNPB平均以上(FIP+ 100以上)を記録し続けていたのですが、34歳となった2013年シーズンに急激に落ちてしまいました。

2013年のFIPは3.95とNPB平均を8%下回り、更に2014年は5.50と平均を32%も下回ってしまいました。

与四球率の2.92は際立って多い数字ではないのですが、制球力が生命線の武田勝にとっては、プロキャリアの中で一番悪い数字で、さらに被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は1.75と高く、1試合に登板すれば1本もしくは2本の本塁打を浴びる状態となってしまいました。

LOB%は66.1%と非常に低いため、運がなかったとも受け取れるのですが、そうでない可能性もあります。

LOB%は運に左右されるものではあるものの、投手の実力が平均を大きく下回るようになると、極端に低い数字になる傾向があります。

一軍レベルに足りない投手は、基本的に「打者を抑えることができない」ため、当然のことながら残塁率が低くならざるを得ないからです。

武田勝はLOB%がキャリア全体を通じで高く、ランナーを出してからのネバリ強さがある投手であることがわかる数字を残してきていたのですが、2014年は極端に落ち込んでいるため、実力的にも厳しいレベルに衰えが訪れている可能性が否定できません。

ここから立て直すのは36歳になる年齢を考えると容易ではなく、正念場の1年となりそうです。

先発ローテーション候補9:斎藤佑樹

斎藤佑樹の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Yuki Saito Stats 2014

メディアでは名前が挙がっていますので、分析対象としましたが、残している数字を見る限りでは、先発ローテを任せるには程遠いレベルにあると言わざるをえません。

2011年と2012年のほうが成績が良いのですが、飛ばない統一球の恩恵を受けていましたし、FIPそのものはNPB平均を両年とも下回っています。

2014年は2勝1敗ですが、防御率は4.85と安定感はありませんでした。

球威があるタイプではないにも関わらず、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は5.54と極めて多く四球を与えているため、WHIP(1イニングあたりの与四球+被安打)は1.69と悪く、1イニングに2人以上のランナーを出すことが多くなっていました。

更に被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は1.38と高いため、大量失点にならざるを得ないという投球内容です。

FIPは5.44とNPB平均を31%下回るなど、極めて厳しい状況で、これまでの知名度がなければ、自由契約になってもおかしくない成績で、仮に1試合好投したとしても、投球全体の根本的な見直しがない限り、それを継続するということは難しいと言えそうです。

総括・まとめ

大谷翔平は投打の二刀流をこなしながら、19歳にして球界を代表するようなレベルの投手になりつつあるのは、驚異的と言わざるをえません。

またメンドーサも見た目の勝敗は良くありませんでしたが、投手としての実力が高いため、2番手を任せることができるのではないかと予想されます。

問題は3番手以降で、候補となっている投手のほとんどが良くて4番手、そうでなければ5番手、もしくは6番手で計算するほうがリスクが少ない投手が多いように見受けられることが気にかかるところです。

それでも、2014年シーズン開幕前に比較すれば、先発投手の層は厚くなり、より安定したパフォーマンスを期待できるものとはなっています。

ただ、上沢や浦野が成績を落とす可能性がある数字を2014年に残していますので、それらの選手の実力面でのさらなる上積みに加えて、健康であれば二桁を勝てるとも言われている有原航平など、新たな戦力の突き上げが必要です。

元々、選手を育成していくことで、継続的にAクラスに入るチームを作ったきた実績があり、実際に2014年もその育成力でAクラスに入る戦力にしましたので、決して侮ることができないチームです。

ソフトバンク、オリックスが充実している上に、西武も2014年よりは整っていると考えられるため、日本ハムは「2014年に一定の結果を残した若い選手の伸び」と「新戦力の突き上げ」がAクラス確保のポイントとなりそうです。