大型補強を試みるソフトバンクと阪神の違い

スポンサーリンク

大型補強がうまくいく球団とそうでない球団

2013シーズンオフは、FA市場や外国人に超大物がいるわけではないのですが、ドラフトで即戦力が乏しかったこともあり、需要と供給の関係で、そこそこという選手が注目を集める結果となっています。

そしてそのFA選手や外国人選手の獲得で、名前が頻繁に出ているのが巨人、阪神、ソフトバンクの3球団です。

どの球団も資金力があり、しっかりとしたファンもついていて、毎年それなりの結果が求められる3球団なので、ある程度の金額を投資してくるのは理解できるところです。

ただ、大金を使いながらうまく補強できていれば良いのですが、そうできている球団とそうでない球団とに、結果として分かれています。

巨人は以前のように4番打者を集めるというようなバランスの悪い補強の仕方はしなくなっています。以前よりも補強は効果的になっている印象です。

阪神は大型補強がアダになっていないか?

その他の2球団ですが、阪神は、昨シーズンオフには西岡、福留を大金をはたいて補強し、その前にも新井、日高、藤井とFAで獲得し続けています。そしてソフトバンクは五十嵐と寺原、その前には内川や細川などを獲得しています。

その結果を見ていると、阪神の補強がうまくいっていないように見えてしまいます。

リーグ2位という結果を阪神は残しているのですが、生え抜きの若手選手が出てこなくなる補強となっています。

ソフトバンクはFAで補強はするものの、城島、井口、川崎、杉内、和田、ホールトンなど多くの選手を失いながら、次々と若手の選手を育てて、ポジションを埋めていっています。

ソフトバンクは生え抜きの選手がしっかりと育つ

今年は1番打者として中村晃が打率0.307、リーグ4位となる出塁率0.392を記録しブレークしました。

また、少し物足りない打撃ではありますが、徐々に成績を上げてきている今宮健太も、21歳でさらなる成長が期待されています。

そして将来の4番候補と言われる柳田悠岐も104試合に出場し、打率0.295で本塁打を11本打ちました。さらに77試合の出場ながら打率0.259こそ低いものの、12本の本塁打を打った江川智晃もいます。

このように生え抜きで有望な選手が続々と育ちながら、足りない部分をFA選手などで上手に埋めているのがソフトバンクではないかと思います。

またレギュラーとして松田宣浩長谷川勇也本多雄一などもいますので、ソフトバンクは生え抜きのレギュラーが顔を並べています。

阪神の補強は補強になっているのか?

ところが阪神は選手を獲得するたびに、若い選手が試合に出れるポジションがなくなっていき、2013シーズンにおいて、生え抜きで規定打席に到達している選手は鳥谷と大和だけです。

来シーズン、福留を外野のレギュラーとして使うなら、マートンもいるので外野のポジションはひとつしか空きがありません。

にも関わらず、そこに大和、俊介、伊藤隼太、また3塁にコンバートの話もある今成もいる状況です。

個人的には、大和、俊介、伊藤隼太で外野を固めて、マートンを一塁にコンバートした方が、広い甲子園にはあっている気もします。

そして4番候補の新外国人としてマウロ・ゴメスが来るようですが、ドミニカのウィンターリーグでマウロ・ゴメスを見た中日の森繁和コーチいわく、ポジションは1塁しかできないそうです。

少ないながらマートンに次ぐ本塁打を放っている新井貴浩をどう使っていくのでしょうか。守備に不安のある三塁に再コンバートでしょうか。そして今成の3塁コンバートはどうなるのでしょうか。

また、守備に難はあるものの、ウエスタン・リーグで2冠王となったファーストの森田一成をどのポジションで育てるつもりなのでしょうか。

阪神の補強では、単純な足し算にならず、必ず引き算が生じてしまっています。

若手を育成する意識が希薄と言わざるを得ない阪神

抑えも松田遼馬やウエスタン・リーグで、セーブ王になった玉置隆を育ててみるという選択肢はないのでしょうか。先発ではウエスタン・リーグで2番目となる8勝をあげた秋山拓巳歳内宏明を、育てるために使い続けるということはできないのでしょうか。

若手を育てるのがうまい球団は、多少結果が出なくても、>才能の豊かな選手を我慢して使い続けるということをやっています。

日本ハムの中田翔、西武の浅村栄斗、巨人の坂本勇人、ソフトバンクの今宮健太などはそうではないでしょうか。

ただ、阪神では、在阪マスコミの圧力が凄すぎて、首脳陣が我慢できないのかもしれませんが・・・・。

「補い強く」する戦力獲得にお金を投資すべきでは?

ソフトバンクも李大浩に大型契約を提示するようで、金銭面ではやり過ぎかなと思うところはありますが、ソフトバンクの補強ポイントは、DHもしくは1塁で、長打を打てる野手なので、理解できる部分はあります。

そして、ソフトバンクは、阪神のように生え抜きの選手が育たないほどの乱暴な獲得はしていません。

補強は、文字通りに>足りないところを「補い強くする」のであって、名のある選手を並べることではないはずです。

また、育てたい選手がいるなら、目先の結果だけにとらわれず、>補強しないことも重要ではないかと思います。

このストーブリーグが終わったあとの阪神が、どのようなチーム構成になっているのかは、かなり興味があります。

2013年オフシーズン・2014年のNPBのFA・トレード移籍情報

NPBのフリーエージェント、トレード、自由契約、退団による移籍の情報を下記のページでまとめて更新しています!!
NPB-FA・トレード情報(2014)

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています