【NPB2015新人王】山崎康晃が大本命で若松駿太・高木勇人は次点争いに!2015年セ・リーグ新人王をシーズン最終成績で予想

日本プロ野球はレギュラーシーズンの全日程が終了し各部門のタイトルとは別に投票による選考を経て決定する賞レースがあります。

その選考・投票によって選出されるのが沢村賞、セパ両リーグのMVP、ベストナイン、新人王となります。

それらの賞レースに関する予想をシーズン最終成績をもとに6回にわたって予想しています。

今回は日本プロ野球の2015シーズンにおけるセ・リーグ新人王の予想です。なお、他の賞レースの予想は以下のリンク先で見ることができます。

沢村賞 セ・リーグ新人王 パ・リーグ新人王
ベストナイン(セ) ベストナイン(パ) MVP(セ・パ)
スポンサーリンク

日本プロ野球の新人王の資格

日本プロ野球の新人王には以下の基準を満たす必要があります。

  1. 海外のプロ野球リーグに参加した経験がない
  2. 支配下選手に初めて登録されてから5年以内
  3. 前年までの1軍での出場が投手は30イニング以内、野手は60打席以内

昨年、一昨年に続き野手では有力な候補は見当たらず

野手で出場試合数が一定数あり、新人王の候補となる選手は以下の表のとおりとなっています。

Central League_ROY2015_Fielders_Final

試合数では亀澤恭平が107試合、野間峻祥が127試合、倉本寿彦が102試合となり、この3人が100試合を超えています。

ただ、野間峻祥は打席数が188にとどまり途中出場が多くなっています。打席数は亀澤恭平が376打席と一番多いのですが、それでも規定打席には到達しませんでした。

亀澤恭平は打率.269/本塁打0/打点12/出塁率.304/長打率.299/OPS.603で盗塁9個という成績にとどまっています。長距離打者ではないにも関わらず出塁率が低いという課題が残りますので、来季以降の改善を期待したいところです。

野間峻祥も期待されて起用されたもののなかなか結果を残せず、後半は守備固めなどの途中出場が多くなりました。成績は打率.241/本塁打1/打点10/出塁率.286/長打率.371/OPS.657で終わりました。

出塁率も低く、得点圏打率も低いため代打起用にも適しているとは言いがたく、三振もやや多くなっています。肩や走力で光るものあるものの打撃面は粗さが残り、まだまだ磨き上げる必要がありそうです。

DeNAの嶺井博希は捕手としては及第点とも言える打率.237/本塁打5/打点26/出塁率.298/長打率.371/OPS.669という成績です。打てる捕手が少ない現状では74試合186打数で5本塁打を記録している長打力は魅力なので、今後の成長に期待したい選手です。

中日の遠藤一星は右肩違和感で離脱してしまったのは残念でしたが41試合140打数で打率.271/本塁打4/打点14/出塁率.348/長打率.386/OPS.734と来季に期待を持たせてくれる成績なので、世代交代せざるを得ない中日で注目したい選手の1人です。

阪神の江越大賀は56試合168打数で打率.214/本塁打5/打点16/出塁率.250/長打率.387と一発の魅力を感じさせる一方で、打率が低い上に四球率が3.41%と低いので出塁率も低く、三振率は36.36%と3打席に1回は三振をするなど、全体的に粗さがあり、レギュラー定着へはまだ時間が必要になりそうです。

野手に関しては来季以降に期待される選手はいるものの、2015年新人王の有力な候補になる人材は乏しいと言えるものでした。

実質的には山崎康晃、若松駿太、高木勇人の3人による新人王争いに

投手の登板試合数が一定数あり、新人王の候補となる選手は以下の表のとおりとなっています。

Central League_ROY2015_Pitchers_Final

野手とは打って変わって新人王候補となる有力な選手がセ・リーグの投手にはいます。

規定投球回数には遠いもののシーズン終盤のDeNAの先発ローテを支えた石田健大(71.2回/防御率2.89/2勝6敗)、砂田毅樹(76.0回/防御率3.20/3勝5敗)は、チーム状態が悪かったため負け越しましたが、十分に試合を作ることができていました。

ただ、フルシーズンを投げているわけではありませんので、これから研究された時にどうなるかという問題がありますし、両者ともに与四球が多いほうでランナーを背負うことが多いので、このあたりの改善は必要となりそうです。

巨人の田口麗斗は13試合66.1回で防御率2.71/3勝5敗/奪三振64という成績で、高卒2年目ながら三振を奪う力があり、被安打も少ないため今後が期待されます。

ただ、この田口麗斗に関しても登録抹消を繰り返したため、高木勇人のように本格的に他球団に研究され尽くしてはいませんので、フルシーズンでどうかということは来季以降の課題となりそうです。

戸根千明は陰りの見え始めている山口鉄也の後釜としての役割が期待できるような40.2回で防御率2.88/奪三振39/WHIP1.08という成績を残しました。

与四球が多いことが気になる点ではあるのですが奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)は8.63とまずまずで、被安打率は5.75と良いため、多くのランナーを背負うことはありませんでした。

数字上は期待できる点が多くあるのですが、起用されているのが勝ちゲームではないことが多く、まだまだ勝ちゲームを任せられた中での数字ではありませんので、こちらも来季以降で見てみたいところです。

これらの選手はいずれも悪くはない数字ですが、新人王争いの実質的な争いからは遠く、実際にはDeNAの山崎康晃、中日の若松駿太、巨人の高木勇人の3人の争いとなっています。

巨人の高木勇人は前半戦は二桁勝利は問題ないかと思われましたが、中盤以降に研究されるにつれて打ち込まれることも多くなり、163.2回で防御率3.19/9勝10敗/奪三振131/WHIP1.16という成績となりました。

今季の両リーグの新人で規定投球回数に唯一到達したものの防御率は3点台まで落ち、二桁勝利には届かず負け越しとなりました。

山崎康晃、若松駿太らも良い数字を残していますので、大きなアドバンテージになるのは規定投球回数に達したこと、フルシーズンを投げ抜いての成績であることになりそうです。

若松駿太は一軍でローテに入った時期が遅かったことも有り23試合の登板にとどまったものの140.0回と、規定投球回数には3イニング足りないだけで、勝利数は10勝、勝率は.714、そして防御率は2.12と素晴らしい成績を残しています。

規定投球回数にこそ到達していないものの、防御率が良く、低迷したチームの中での勝利数、勝率は高く評価できるもので、総合的に高木勇人を上回る評価となるのではないかと予想されます。

この高木勇人、若松駿太の2人の成績も十分に新人王に値する成績なのですが、DeNAの山崎康晃の成績が素晴らしく大本命と言えそうです。

シーズン終盤に疲労が出て打ち込まれることがあったものの、シーズンを通してクローザーを務めて58試合56.1回を投げて、防御率1.92/37SV/奪三振66/WHIP0.87は圧巻の数字です。

奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)はは10.54と高い上に、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は1.76と低く、被安打率も6.07、被本塁打率も0.32となるなど、表面上の数字だけでなく、内容も素晴らしいものです。

過去に防御率3.21/31セーブという成績で最優秀救援投手のタイトルをとって新人王に輝いた与田剛を大きく上回るセーブ数で、今シーズンではセ・リーグ3位となるなど、新人の成績としては、様々な面で文句のつけようのない数字です。

新人のリリーフ投手としては日本プロ野球史上でも歴代最高と言える数字のため、山崎康晃が新人王になることが最有力と予想されます。

>最終結果:山崎康晃

他の賞レースの予想は下記のリンク先で読むことができます。

沢村賞 セ・リーグ新人王 パ・リーグ新人王
ベストナイン(セ) ベストナイン(パ) MVP(セ・パ)
スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています