【NPB2014ベストナイン】2014年セ・リーグのベストナイン予想!ポジション別候補一覧とシーズン成績

2014年の日本プロ野球もレギュラーシーズンの全日程を終え、投手・野手の主要各部門のタイトルが決定しましたが、投票や選考を要するタイトルに関してはこれから決定していくことになります。

その投票や選考を必要とする各タイトルの候補選手の一覧と2014年シーズンの成績をこのページではまとめています。

今回は第4回でセ・リーグのベストナインの有力候補の一覧とそのシーズン成績をまとめています。他の賞の候補については以下のリンクから該当記事に移動できます。

沢村賞 セ・リーグ新人王 パ・リーグ新人王
ベストナイン(セ) ベストナイン(パ)
スポンサーリンク

ポジション別ベストナイン候補の一覧目次

スポンサーリンク
[googlead]

ベストナイン候補をポジション別にまとめています。各ポジョションは下記のリンクをクリックするか、スクロールすることでも読み進めることができます。

投手 捕手 一塁手 二塁手
三塁手 遊撃手 外野手

投手のベストナイン候補の成績と展望

投手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

central-league-2014-best9-pitchers

セ・リーグのベストナインの投手部門では、故障離脱があり尻切れトンボのような状態にはなったもの、23試合158.2回で防御率2.33/12勝5敗/奪三振122/勝率.706を残した菅野智之(巨人)が最有力候補と考えられます。

防御率がリーグ1位、勝利数がリーグ3位、勝率がリーグ2位、奪三振がリーグ6位と長期離脱がありながらも主要部門でバランスよく上位にランクされているため、総合的に評価されそうです。

その次を争うのが31試合208.1回で防御率3.20/13勝10敗/奪三振226/勝率.565の成績で、奪三振のタイトルを獲得したメッセンジャー(阪神)と27試合187.0回で防御率2.60/11勝9敗/奪三振161/勝率.550の前田健太(広島)になりそうです。

メッセンジャーは奪三振のタイトルを獲得したものの、防御率が3点台で、勝率も.565とあまり高くありません。また前田健太も防御率2.60はリーグ3位ですが、勝利数は11勝にとどまり、貯金を2つしかつくれませんでした。

このようにどの投手も一長一短という面はあるのですが、総合的に優れる菅野智之で決まるのではないかと予想されます。

正式な最終結果:菅野智之(初)

捕手のベストナイン候補の成績と展望

補手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

central-league-2014-best9-catchers

捕手では規定打席数に到達したのが阿部慎之助だけで、それだけても大きなアドバンテージです。

また、打率.248は物足りませんが、本塁打19本と打点57は捕手の中ではダントツの数字のため、阿部慎之助が今年も捕手部門で選出されることが予想されます。

阿部慎之助が打てる捕手として圧倒的な存在があるセ・リーグの捕手部門ですが、全体的には世代交代の時期にさしかかっていて、若いバッティングに優れた捕手が頭角を現しつつあります。

規定打席には到達しなかったものの、99試合325打数で、打率.298/本塁打5/打点41の数字を残したヤクルトの中村悠平

また65試合と少ない出場ながらも179打数で打率.307/本塁打10/打点30を記録し、年間換算であれば20本を超えるペースで本塁打を打った広島の會澤翼などが力を発揮し始めています。

特に會澤翼は、試合数は少ないですが、OPS(出塁率+長打率)が.892と、一流の基準とされる.900に目前の数字残していますので、来季以降に期待されます。

来季は阿部慎之助がファーストにコンバートされる可能性もありますので、これらの若い選手の成長に期待したいところです。

正式な最終結果:阿部慎之助(8年連続9度目)

一塁手のベストナイン候補の成績と展望

一塁手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

central-league-2014-best9-first-baseman

一塁手の部門では、143試合537打数で打率.283/本塁打26/打点109の成績で、打点王を獲得した阪神のゴメスの獲得が有力視されます。

広島のエルドレッドも一塁を守ってはいるのですが、外野手としての先発出場試合数が多いため、この予想ではファーストではなく、外野手として予想しています。

仮にエルドレッドが一塁手として評価された場合には、ゴメスは次点に転落する可能性があります。

日本人ではヤクルトの畠山和洋が113試合422打数で打率.310/本塁打 17/打点79と結果を出しましたが、ゴメスを上回る評価を得るとは想像できません。

エルドレッドが外野手として評価されるという条件付きではありますが、この一塁手部門では阪神のゴメスでほぼ決まりと言えそうです。

正式な最終結果:ゴメス(初)

二塁手のベストナイン候補の成績と展望

二塁手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

central-league-2014-best9-second-baseman

二塁手部門はヤクルトの山田哲人と広島の菊池涼介によるハイレベルな争いとなり、最激戦のポジションの1つとなっています。

菊池涼介は抜群の守備力に加えて、144試合579打数で、打率.325/本塁打11/打点58/盗塁23を記録するなど、走攻守で素晴らしい結果を出しました。

しかし、ヤクルトの山田哲人はそれをさらにうわまわる数字で、193安打で最多安打のタイトルを獲得し、打率.324/本塁打29/打点89/盗塁152014年セパ両リーグの日本人打者として最高と言える数字を残しました。

非常にハイレベルな争いで、本来なら菊池涼介も十分にベストナインに値する成績ですが、山田哲人が素晴らしすぎました。

2014年のセ・リーグ二塁手部門は山田哲人でほぼ確実と考えられる状況です。

正式な最終結果:山田哲人(初)

三塁手のベストナイン候補の成績と展望

三塁手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

central-league-2014-best9-third-baseman

三塁手部門は、実質的には中日のルナ、ヤクルトの川端慎吾、巨人の村田修一の3人による争いと考えられますが、その中でもルナが最有力候補です。

村田修一は守備面では安定し、本塁打22本は三塁手としては最多ですが、打率.256と低く、本塁打と比較して打点が56点と少ないことからわかるように得点圏で打てません(.262)でした。

川端慎吾打率.305/本塁打10/打点69と攻守に安定していましたが、中日のルナが得点圏打率(.315)も高く、打率.317/本塁打17/打点73と打撃の主要部門で大きく川端を上回っています。

守備には良い時と悪い時の波がややあるものの素晴らしいプレーも多く、決定的な弱点とは言えませんので、三塁手部門は中日のルナで確実ではないでしょうか。

正式な最終結果:ルナ(初)

遊撃手のベストナイン候補の成績と展望

遊撃手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

central-league-2014-best9-short-stop

遊撃手部門は阪神の鳥谷敬と巨人の坂本勇人の一騎打ちです。

鳥谷敬が144試合550打数で打率.313/本塁打8/打点73/盗塁10/出塁率.406に対して、坂本勇人が144試合545打数で打率.279/本塁打16/打点61/盗塁23/出塁率.344となっています。

今年の坂本勇人は盗塁も23個で2年連続で20盗塁を達成し、守備面でもかなり改善されてきました。本塁打は16本とトップパフォーマンスの時に比較すると物足りませんが、鳥谷敬の倍の本数を打っています。

一方の鳥谷敬は日本プロ野球で最高のショートと評価される守備力は健在で、攻撃面では打率.313、出塁率.406と素晴らしい数字で、坂本勇人を大きく上回っています。

このような2人による一騎打ちとなることが確実なセ・リーグの遊撃手部門ですが、鳥谷敬がやや優位に立っているのではないかと考えられます。

坂本勇人は本塁打では上回るものの、打点では鳥谷敬より劣り、守備面でも坂本勇人の失策数が13であるのに対して、鳥谷敬の失策数は5と大きな開きがあります。

これらの数字を総合的に見ると、やはり鳥谷敬がショート部門の最有力候補と言わざるをえません。

正式な最終結果:鳥谷敬(2年連続5度目)

外野手のベストナイン候補の成績と展望

外野手のベストナイン候補と2014年シーズンの成績は以下の表のとおりとなっています。

central-league-2014-best9-out-fielders

外野手はセ・リーグの最激戦区です。

エルドレッド、マートン、雄平、バレンティン、筒香嘉智、丸佳浩らによって3枠を争う展開となりそうです。

広島のエルドレッド打率.260/本塁打37/打点104と、打率は低いものの本塁打王を獲得し、打点もリーグ2位となっているため、終盤の不振はあったものの、枠に滑りこむことが予想されます。

続いて可能性が高いのが打率.338/本塁打14/打点84で首位打者を獲得した阪神のマートンです。本塁打は14本と少なめですが、得点圏打率.344が示すようにチャンスに強く、リーグ6位の84打点をたたき出しているため、ベストナインに選出されると思われます。

そして残りの1枠が激戦なのですが、打率.316/本塁打23/打点90の数字を残したヤクルトの雄平が滑りこむのはないかと考えられます。

本塁打ではバレンティンの31本より劣るものの、本塁打はリーグ5位、打率がリーグ6位、打点がリーグ3位と主要打撃部門でリーグトップクラスの数字を残しています。

一方、バレンティンは本塁打こそ31本と多いものの、打点は69にとどまっています。それは得点圏打率.213にあらわれているように、チャンスではその打力を十分に発揮できませんでしたので、数字の中身としてはやや弱いものがあります。

筒香嘉智は激突による長期離脱がなければ、3割30本90打点のラインが見えていましたので、非常に惜しまれます。最終的には打率で雄平よりも劣り、離脱の影響により本塁打、打点でも及びませんでしたので、ベストナイン受賞にはやや厳しい状況です。

丸佳浩の打率.310/本塁打19/打点67/盗塁26も素晴らしい数字なのですが、雄平の数字と比較した時には、やや見劣りがするため、雄平以上の評価を得られるかは疑問です。

最後にまとめると、外野手部門は本塁打王のエルドレッド、首位打者のマートンのタイトルホルダー2人が有力視され、最後のひと枠に雄平が滑りこむ形になるのではないかと予想されます。

もしエルドレッドが一塁手として評価された場合には、筒香嘉智や丸佳浩にもベストナインの可能性が出てきそうです。

正式な最終結果:マートン(2年連続4度目)、雄平(初)、丸佳浩(初)

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています