2015年シーズンのセ・リーグの新人王は誰に?日本プロ野球(NPB)の有力新人王候補の現状と分析

2015年シーズンのプロ野球もクライマックスシリーズまで残り1ヶ月足らずとなってきました。

各リーグの優勝争い、クライマックスシリーズの争いなどが、いよいよ佳境となってくるわけですが、それと同時に個人の各タイトルの争いが気になるところです。

そこで今回は2015年9月6日終了時点の成績を元に、日本プロ野球のセ・リーグの新人王争いの有力候補とその動向の分析をしていきます。

スポンサーリンク

セ・リーグの打者の新人王有力候補と9月6日時点での成績

9月6日時点での成績に基づいたセ・リーグの野手の新人王有力候補とその成績は以下の表のとおりとなっています。

Central League Rookie of the year candidate_fielders_20150908

セ・リーグは投手陣のレベルが高いので可能性が低いのですが、その中でも及第点と言える成績を残しているのが中日ドラゴンズの亀澤恭平です。

ソフトバンクとの育成契約から2014年シーズンオフに自由契約となり、中日ドラゴンズに拾われて2015年に一軍に定着しました。

今季は92試合278打数で打率.273/本塁打0/打点11/出塁率.307/長打率.302/OPS.609で、盗塁9個を記録しています。また守備面では主に二塁手として守備率.990を記録するなど、高いレベルでのパフォーマンスを見せています。

投手での有力候補がいなければ新人王の声があってもおかしくはないのですが、今年の投手の新人王候補の層を考えれば可能性は極めて低いと言えそうです。

課題は出塁率の低さです。盗塁ができる走力がありながら四球率は3.8%、つまり100打席に4個弱しか四球を選んでいませんので、打率と出塁率の差はわずかに.034にとどまります。

三振率は低く、打率もそこそこのためコンタクトには優れるのですが、フリースインガーとも言える出塁率です。タイプ的には出塁率を高くしたほうがチームへの貢献度が高まるため、本格的にレギュラーを奪うには、この辺りが課題となってきそうです。

広島の緒方監督が多くのチャンスを与えている野間峻祥は肩の強さや走力で目を見張るものがあるものの、亀澤恭平と同様の問題を抱えています。

打率.239に対して出塁率は.270と、その差は0.031しかなく、四球率は亀澤恭平よりも低い3.6%となっている上に、本塁打が1本と長打力があるタイプではないにしては三振率も19.5%と、やや寂しい数字となっています。

タイプ的にはリードオフマンを目指したいところですが、この出塁率の問題を解消しないかぎり、長く起用され続けることはなさそうです。

DeNAの倉本寿彦は打率が低く、四球率も低く、三振率も高いため、大きな期待はされていたものの、一軍レベルであるとは言いがたい数字です。

注目したいのは出場試合数が少ないものの、打率.271/本塁打4/打点14/出塁率.348/長打率.386/OPS.734という数字を残している遠藤一星です。

出場が少ないので参考程度の数字とはなるものの、三振率も低く、四球も選ぶことができる上に、一定の長打力も期待できる数字となっています。現在は右肩の違和感のため一軍登録抹消されていますが、今後の動向を注目したい選手です。

セ・リーグの投手の新人王有力候補と9月6日時点での成績

9月6日時点での成績に基づいたセ・リーグの投手の新人王有力候補とその成績は以下の表のとおりとなっています。

Central League Rookie of the year candidate_Pitchers20150908

現時点では投手から新人王が出ることが、ほぼ確実といえる状況となっています。

その新人王争いをシーズン当初から引っ張ってきたのがDeNAの山崎康晃と巨人の高木勇人で、シーズン中盤以降に急速に頭角を現してきたのが中日の若松駿太です。

山崎康晃は与田剛の新人セーブ記録(31SV)を更新する34セーブを上げています。またセーブ数だけでなく54試合52.1イニングで防御率2.06、奪三振は投球回数を大きく上回る62個で、奪三振率は10.71と非常に高い数字を記録しています。

一時は新人王レースでかなり優位な立場に立ったと思われました。しかし、最近の4試合では5回1/3を投げて自責点4と点を失うことが多く、一時期の防御率1.53から2点台まで急落しています。

防御率1点台半ばをキープできれば、文句なしというところでしたが、縦に落ちるツーシームもキレを失いつつあり、空振りが奪えなくなっているところが気にかかるところです。

リリーフ投手は1度の失点で一気に防御率が悪化しますので、シビアな戦いが続くことになりますが、新人王になるためには現在の防御率前後は維持しながら、40SVにできるだけ近づきたいところです。

高木勇人はシーズン中盤に好投はするものの試合の終盤につかまることが増え、打線の援護も十分に得られなかったため、防御率2.96でありながら8勝9敗と負け越しています。

ですが、すでにシーズンを通して先発ローテを守りながら152.0イニングを投げて規定投球回数に到達している点は高く評価されます。

新人王争いの目下のライバルがクローザーということで、単純比較をしにくいのですが、新人王争いに競り勝つためには、残りの4試合の登板で二桁勝利にはのせたいところです。

もし二桁勝利を逃した場合には、山崎康晃と中日の若松駿太のパフォーマンス次第となってきそうです。

シーズン終盤にきて急成長を遂げているのが中日の若松駿太で、18試合106.1回を投げて防御率2.37/8勝3敗/奪三振90/WHIP1.24と素晴らしい成績を残しています。

投球回数は規定投球回数には届かないと考えられる状況ですが、勝利数は高木勇人と同じ8勝で、勝率は.727で大きく上回っています。

若松駿太も高木勇人と同様に4試合程度の登板ができると予想されますが、規定投球回数に到達しないという問題をカバーするためには、現在の防御率を維持しながら10勝、できれば11勝まで数字を伸ばしたいところです。

この3人がいるため新人王の獲得までには至らないものの、今後に期待したのは巨人の田口麗斗(61.0回:防御率2.95/2勝5敗/奪三振59/WHIP1.23)、DeNAの石田健大(49.0回:防御率2.57/2勝3敗/WHIP1.16)です。

田口麗斗は巨人でなければ、もっと多くのチャンスが与えられているだろうという成績を残しています。打線の援護に恵まれなかったため大きく負け越していますが、防御率2.95で、奪三振率は8.70と先発投手として高い割合で三振を奪うことができています。

身体も大きくなく、驚くほどの球速があるわけではないのですが、マウンド度胸とボールのキレが良く投手らしい投手と言えます。できれば、来年はもっと多くのチャンスが与えてほしい投手です。

DeNAの石田健大は与四球率(9イニングあたりの与四球数)が2.39とまずまずで、被安打率(9イニングあたりの被安打数)を見ても安定感があり、左のエースになれる素材ではありますので、過剰な責任を与えるのではなく、大切に育ててもらいたいところです。

DeNAの砂田毅樹は59.2イニングで防御率2.56/3勝4敗/奪三振46/WHIP1.44と、防御率は良いのですが、与四球率(9イニングあたりの与四球数)が3.50と与四球が多く、被安打率も多く9.58と高いため、現時点では防御率が低いものの、大量失点のしやすい傾向が見られます。投球全体がやや安定感を欠きますので、まずは与四球を減らしていきたいところです。

セ・リーグの新人王争いは、全体的に投手に粒が揃っている印象で、現時点ではDeNAの山崎康晃、巨人の高木勇人の2人が有力候補ではあるものの、最後の1ヶ月の成績次第では中日の若松駿太にも可能性がありそうな状況と考えられます。

先発投手の高木勇人、若松駿太の2人は10勝に到達できるか?山崎康晃は現在の防御率をキープしながら40SVに近いところまで数字を伸ばせるか?

最後の最後まで目が離せない2015のセ・リーグの新人王争いとなりそうです。

シーズン終了後の成績でセ・リーグの新人王を予想した投稿は以下のページです。

山崎康晃が大本命で若松駿太・高木勇人は次点争いに!2015年セ・リーグ新人王をシーズン最終成績で予想