【セ・リーグ2014新人王】大瀬良・三上・一岡の他にも投手の有力候補多数で混戦に!

日本のプロ野球(NPB)も開幕して2ヶ月あまりが過ぎました。

今年も多くの新人王の資格をもつ選手が活躍し、早くも当たり年だとの評価も上がる状況となっている、今シーズンの新人王争いです。

そこで5月終了時点の成績で、セ・リーグの新人王有力候補をリストアップし、簡単な評価や今後の見通しなどについて書いていきます。

2014年8月終了時点の新人王争いについては以下のページにまとめています。

スポンサーリンク

先発・中継ぎ・抑えと投手の有力候補が多数いる2014年新人王争い

2014年のセ・リーグ新人王候補となる選手のリストと5月末の終了時点の成績は以下の表のとおりとなっています。

【セ・リーグ2014新人王】5月終了時点の有力候補の投手成績一覧【セ・リーグ2014新人王】5月終了時点の有力候補の打撃成績一覧

近年の傾向でもあるのですが、投手には新人王の有力候補が多数出るものの、打者は人材に乏しく、インパクトを与えるような新人が見当たりません。

現在の状況でリストアップにかろうじて値する打者としてDeNAの白崎、阪神の梅野、広島の田中の3人を上げてはおきましたが、いずれも規定打席には達していない状態です。

投手に有力な候補がいなければ、候補として名前が残ると考えられますが、投手の新人王候補がレベルの高い争いをしていますので、規定打席に達しないと、タイトル獲得の争いに名前が残ることは難しくなりそうです。

投手には大瀬良大地を筆頭に有力候補が目白押しの状況

一方で、投手は人材が豊富です。開幕前から即戦力の新人で、新人王の最有力候補の1人と目されてきた広島の大瀬良大地が、その評価に違わぬ投球をしています。

140キロ半ばから後半を記録するストレートには球威があり、スライダーとカットボールもプロレベルといえるものです。またランナーを出してからの粘り強さなど、投手らしい投手でチームのエースになれる器と言えそうです。

また剛球とイメージから荒々しい印象が先立ちますが、実際にはそうではありません。奪三振は意外に多くありませんが、その一方で、ボールが速い投手が多くなりがちな与四球が少なく、61.1回で11個しか四球を与えていません。

69回で与四球14個の前田健太(4.9回に1個)、80.2回で16個(5.0回に1個)の菅野智之というリーグを代表するような投手を上回る5.57回に1個しか四球を出さない制球力があり、新人離れした安定した投球が光ります。

粗さよりも、投手としてのクレバーさを感じさせる面もある上に、ボールのクオリティも高いため、今後もこの大瀬良大地を中心にセ・リーグの新人王争いは展開していきそうです。

同じく広島の九里亜蓮は大瀬良大地よりは地味ですが、制球力と切れ、コンビネーションで勝負するタイプで、まずまずの投球を続けています。ですが、配球と球筋に相手が見慣れてしまうと、やや精度とキレに欠ける印象があるので、どこまで通用するかはやや不安を感じさせます。相手打者が慣れてくる夏以降が勝負になりそうです。

そして意外と大穴となりそうなのが中日の浜田達郎です。元々は藤浪、大谷と並べられて評価されるほど、才能を買われていた投手でしたが、なかなか日の目を見ることができていませんでした。

しかし、投球回数を上回る奪三振数で奪三振率は9.35と、先発投手としては際立つ数字で、相手をねじ伏せる力を持っていますので、今後を注目してきたい投手です。

2014年は中継ぎ・クローザーでも新人王の有力候補が

大竹寛の人的補償で広島に移籍した一岡竜司とDeNAの三上朋也は5月終了時点では、ともに20試合以上を投げながらも防御率0点台と素晴らしい投球を続けています。

DeNAが5月以降は勝率5割前後で推移できているのは、この三上朋也の存在がその要因の1つと言え、その安定感のある投球は、不安定だったブルペンに大きな信頼をもたらしています。

広島の一岡竜司は、チームのクローザーであるミコライオが離脱する前にはセットアッパーを、ミコライオが不在の時には、その代役としてクローザーを務めることもあるなど、すでに広島にとって欠かすことのできない存在感を見せています。

投球内容としては、一岡竜司の数字に素晴らしいものがあり、防御率0.86もさることながら、21.0イニングで与えた四球はわずかに4つ、そして被打率も低いため、WHIPは0.57と図抜けた数字となっています。つまり1イニングの登板だと、2試合に1回しかランナーを出していないという圧巻の内容です。

防御率では三上朋也が上回りますが、相手打線に与える脅威という点では一岡竜司の方が上回っている言えるのではないでしょうか。また将来的にも広島の絶対的な守護神として君臨しそうな雰囲気を感じさせ、今後が期待されます。

ただ、先発に比較すると中継ぎ、抑え投手のほうが相対的に評価が低くなる傾向があるため、この2人が新人王になるには、ホールドやセーブのタイトルをとるか、もしくはそれに準ずる成績を残す必要がありそうです。

5月終了時点の成績では、2人ともにその可能性を十二分に感じさせる活躍です。懸念されるのは、一岡と三上ともに登板数が多く、長丁場のペナントレースでは、どこかで調子が落ちる可能性が高いので、悪い時にどれほどの投球ができるのかも注目したいところです。

昨シーズンのセ・リーグ新人王争いは小川泰弘、菅野智之、藤浪晋太郎が早い段階で抜け出す成績で、中継ぎ・リリーフが新人王を手にできる可能性が低くなりましたが、それに比較すれば、まだまだ今シーズンはブルペンにいる新人王候補にもチャンスがありそうです。

しばらくは大瀬良大地が新人王レースをリードし、それを一岡、九里、三上、浜田などが追っていく展開が続くのではないでしょうか。