オリックスバッファローズの2015年の先発ローテーションをFIPとLOB%を使って分析

初回投稿日時:2015/02/19
最終更新日時:2015/02/19

このページでは日本プロ野球のオリックス・バファローズの投手陣の分析をしています。

先発ローテーションでの起用が予想される選手を、2014年までの年度別成績などを元に分析しています。あくまでも前年までのデータに基づくもので、キャンプ、オープン戦での成績はあえて考慮していません。

また新人は日本プロ野球での過去データがありませんので、対象から外しています。

なお、パ・リーグ6球団の先発ローテーションの分析は以下のページにそれぞれまとめています。

ソフトバンク オリックス 日本ハム
ロッテ 西武 楽天

続いて、オリックス・バファローズの主要な先発ローテ候補投手の分析です。

スポンサーリンク

バファローズの先発ローテーションの主力候補を分析・予想

まずこの分析をしていく前に、FIPとLOB%の簡単な説明を記載しておきます。

【用語】

  • LOB%(残塁率):LOB%が高いと残塁が多くなるため失点が少なくなり、逆に低いと残塁が少なくなり失点が多くなる。投手のがコントロールすることが難しい指標で、運の影響を受けやすい。投手のタイプに関わらず、多くの投手がリーグ平均前後に落ち着くとされていて、そこから大きく外れた場合は、翌年以降にその平均値に戻る傾向がある。MLBでは70%から72%、近年のNPBでは72%-75%程度。
  • FIP(Field independence Pitching):味方チームの守備力の影響を除外して、投手の実力を測るための指標で、与四死球、本塁打、奪三振、投球イニングを元に算出する擬似防御率。防御率よりもFIPが低ければ味方の守備によって自責点が増えていると考えられ、FIPよりも防御率が低ければ、味方の守備によって自責点が減っていると、一般的に考えられている。
  • FIP+:日本プロ野球全体の平均FIPよりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。FIP+が120であれば平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。
  • ERA+:リーグ平均の防御率よりもどれだけ傑出しているかを示す。平均を100で、100以上が平均以上となり、100より小さくなると平均以下となる。ERA+が120であれば防御率がリーグ平均よりも20%傑出していることになる。本来は球場ごとの特性に拠る補正をかけますが、ここでは除外しています。

先発ローテ候補として、金子千尋、西勇輝、ディクソン、バリントン、松葉貴大、吉田一将、東明大貴の7名を分析しています。

先発ローテーション候補1:金子千尋

金子千尋の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Chihiro Kaneko Stats 2014

通算の防御率2.69ということも素晴らしいのですが、投手の実力を示すFIPが2.78と素晴らしく、実力の伴った成績であることを証明しています。

特に統一球の問題が整理されて投手有利が是正された近年の2年間は防御率は2.01、1.98と推移し、FIPも2.48、2.12となっているため、実力で相手打線を封じ込めていることがわかる数字となっています。

2009年-2010年にもFIPは平均を33%上回るなど、実力的には抜けた存在だったのですが、さらにこの2年間のFIPは2013年が47%、2014年が77%も平均的な投手を上回るという圧巻の数字で、日本プロ野球を代表する投手としての地位を築いています。

30歳となった2014年に奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)はキャリアハイとなる9.38を記録した上に、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は1.98、被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)は0.33と少なく、完全に相手をねじ伏せています。

右肘の手術の影響は懸念されますが、その問題の影響がなければ、同様の活躍が期待できそうです。

先発ローテーション候補2:西勇輝

西勇輝の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Yuki Nishi Stats 2014

近年4年間で39勝を上げるなど、金子千尋に続く2番手の地位を確立した西勇輝ですが、NPB全体から見ても、その実力は先発ローテ2番手に十分なものとなっています。

防御率は3.03、2.78、3.63、3.29と推移し、実力を示すFIPは2.91、2.44、3.25、3.20と防御率以上に良い水準で、4年間のFIPはいずれもNPBの投手平均を上回っています。

またFIPと防御率の差があまりなく、LOB%も平均値の範囲内でおさまっていますので、ほぼ実力通りの成績が残っていると考えられるのですが、安定した成績を残しています。

奪三振率は高くないものの、与四球率と被本塁打率も低く、23歳にして投手としてのバランスが良い数字を残しているため、2015年も安定した成績が期待できそうです。

先発ローテーション候補3:ディクソン

ディクソンの年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Brandon Dickson Stats 2014

奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)もた6.09、6.90と高くなく、与四球も3.25、3.21とそこそこ出すなど、相手打線を圧倒するほどの迫力は感じないものの、被本塁打率は低いため、大量失点をしにくい投手です。

防御率は2.77から3.33に低下したものの、投手の実力を示すFIPは3.40から3.22に向上している上に、NPB平均を17%も上回る(FIP+ 117)など高い実力を維持していると考えられます。

年齢も2015年に30歳と大きな衰えが出る年齢ではないため、派手さはないものの、例年通りの成績は十分に期待できると考えられるディクソンです。

先発ローテーション候補4:バリントン

バリントンの年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Bryan Bullington Stats 2014

広島カープが契約更新をしなかったところに、オリックスが声をかけ獲得に成功しました。

2011年と2012年のFIPはそれぞれ2.80、2.41とリーグ平均を上回る水準を維持していましたが、飛ばない統一球の恩恵もあったようで、2013年と2014年には全体的にパフォーマンスが落ちました。

2013年は防御率3.23/11勝9敗/WHIP1.13という成績を残したものの、2014年は防御率4.58/9勝8敗/WHIP1.34となってしまいました。

ただ、投手としての実力を示すFIPは3.72から4.02と落ちてはいるものの、表面の数字ほど急激に落ちているわけではありません。

2014年の防御率が悪くなり、二桁を勝てなかったのは、味方の守備や運にも恵まれなかったことが影響を与えていると考えられます。

FIPは4.04と防御率よりも0.54も良く、LOB%(残塁率)は65.7%と平均を大きく下回る数字となっているためです。

FIPよりも防御率が良い場合は、味方の守備に足を引っ張られたと一般的には考えられています。

またLOB%(残塁率)は率が高いほど残塁が多くなるため失点が少なくなるのですが、運に左右されるため、投手手がコントロールすることが難しい数字です。

そのため投手のタイプに関わらず平均値を大きく外れた場合には、翌年以降に平均値に近づくような揺り戻しが起こる傾向があります。

2014年のバリントンのLOB%は65.7%とリーグ平均よりもかなり低いため、あまりツイていなかったシーズンであったと考えられ、2015年以降に揺り戻しが起こって、高めのLOB%となり防御率等も改善すると予想されます。

奪三振率や与四球率はあまり大きな変化がないものの、ここ2年は被本塁打率(9イニングあたりの被本塁打数)がやや高めなのと、年齢が34歳となることが気になるところで、広島時代のように先発3番手までの力を計算するのは危険です。

ですが、先発5番手、6番手であれば十分すぎる力量のため、他の投手との兼ね合いも重要になりそうです。

先発ローテーション候補5:松葉貴大

松葉貴大の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Takahiro Matsuba Stats 2014

左腕不足のオリックスにとって、先発ローテに入ってほしい投手が松葉貴大ではないかと予想されます。

その松葉貴大は2013年は力不足の感が否めませんでしたが、2014年にはNPBの平均以上のパフォーマンスを発揮しました。

FIPは3.51であることを考えると、防御率2.77は味方の守備に大きく助けられた、やや出来すぎの数字であることが否定できませんが、それでもFIPはリーグ平均を7%上回っているため、投手としての実力が向上してきていると考えられる数字になっています。

2014年のNPBの90イニング以上を投げた投手の中で、FIPが平均(3.76)を超えた投手は27人しかいませんが、松葉貴大はそのうちの1人で、全体で21番目に位置しています。

12球団が先発投手を最低でも6人は使うことを考えると、この松葉貴大のFIPはかなり高い部類です。規定投球回数には到達しませんでしたが、ポテンシャルとしては先発3番手を務めるだけのものを持っていると考えられます。

2015年に本格的なブレイクをする可能性がある投手の1人ではないかと予想されます。

先発ローテーション候補6:吉田一将

吉田一将の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Kazumasa Yoshida Stats 2014

即戦力と期待された吉田一将ですが、15試合(先発14)で75.2回を投げて、防御率 3.81/5勝6敗/WHIP1.24という成績に終わりました。

千葉ロッテの石川歩のような投手がいたことを考えれば、物足りなさは残ったものの、FIPは3.95とNPB平均を5%下回る(FIP+ 95)程度で、プロ1年目であることを考えれば、合格点の出せるレベルとなっていました。

奪三振率(7.37)と与四球率(2.85)は、まずまずの数字なのですが、被本塁打率が1.07とやや高いのが気になるところです。

ただ、先発6番手であれば十分なレベルにあると考えられる数字を2014年にすでに残していますし、バリントンが加わったことで、より責任が軽減された状態で投げることができると予想されますので、プロ2年目のシーズンが注目されます。

先発ローテーション候補7:東明大貴

東明大貴の年度別投球成績は以下の表のとおりとなっています。

Daiki Tomei Stats 2014

リリーフと先発の両方をこなした東明大貴でしたが、26試合(先発16)で99.2回を投げて、防御率3.79/5勝7敗/WHIP/1.39の成績を残しました。

防御率3.79は吉田一将の3.81とほぼ同じなのですが、投手の実力を示す指標であるFIPでは4.29と吉田一将より0.32劣っています。

このFIP4.29はリーグ平均を12%下回る数字なのですが、先発ローテの層が薄いチームであれば、枠に入り込めるものです。しかし、充実しつつあるオリックス投手陣にあっては簡単なことではありません。

奪三振率(7.22)はそこそこなのですが、被本塁打率0.99は京セラドームを本拠地としている割にはやや多く、与四球率4.06は多いため、改善することが必要です。

全体的なレベルアップがないと、仮に先発ローテに入れても、1年間その座を守るのは容易ではないため、キャンプ、オープン戦での上積みが必要になりそうです。

総括・まとめ

パ・リーグの各チームの投打の戦力バランスを見た場合に、ソフトバンクが突き抜けていて、それにオリックスが迫っているという印象です。

打線の迫力ではソフトバンクよりも劣ることは否めませんが、その一方で投手陣の力量では上回るものがあります。

特に先発投手の1番手から3番手の力量では、ソフトバンクを上回っていると考えられます。

さらに松葉貴大や吉田一将らの台頭に加えて、バリントンを獲得したことで、全体的な厚みもましているため、2014年以上に期待できる布陣となっています。

良い投手を相手にすれば、強力な打線でも点をとることは容易ではなくなるのが野球ですが、オリックスはソフトバンクとの得点力の差を埋めることが可能な投手陣を抱えています。

後は、シーズン終盤に失速しないように、ペース配分がうまくいけば、巨大戦力のソフトバンクをひっくり返しての優勝が十分に狙える先発ローテがとなっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています