パ・リーグ2013シーズン・ベストナイン候補の成績-三塁・遊撃手編

スポンサーリンク

パ・リーグでベストナインの候補となった三塁手・遊撃手の成績

今日、11月21日にベストナインが発表されました。

前回までは、候補の選手の成績ということで紹介していたこのシリーズですが、今回からはベストナインに選ばれた選手と投票で名前が上がった選手、それに準ずる選手の成績の紹介をしていきたいと思います。

今回は、パ・リーグ2013シーズンのベストナイン候補となった三塁手・遊撃手の成績です。

こちらもセ・リーグと比較すると>成績面ではハイレベルな争いとなっています。

三塁手は楽天のマギーに!

最初にパ・リーグのベストナインの投票において、名前が上がった選手の成績は以下のとおりです。

2013パ・リーグベストナイン候補-三塁手編

各チームの主砲クラスが揃うポジションということもあり、かなりハイレベルな争いとなりました。

打点ではマギー松田バルディリスが90打点を超え、打率ではリーグ2位となる.325の今江もいます。さらに打率.319で40盗塁のヘルマンもいます。

>今シーズンの再激戦区ともいえるパ・リーグの三塁手のベストナイン争いで、ベストナインを上げたくなるような三塁手がパ・リーグには揃っています。

しかし、本塁打、打点で他選手を上回り、打率も3割を少し切るだけの>マギーが順当に受賞しました。楽天日本一への貢献度も高いため、妥当な選出ではないかと思います。

遊撃手は今季ブレークした鈴木大地が受賞

続いて、ベストナインの投票のショートのポジションで名前があがった選手の成績です。

2013パ・リーグベストナイン候補-遊撃手編

事前の自分の予想では、松井稼頭央大引啓次鈴木大地で票が割れて、最終的に僅差で松井稼頭央と予想していたのですが、>鈴木大地が選出されました。

打率こそ鈴木が松井を上回っていますが、本塁打数では差があり、松井が有力と見ていました。

しかし、守備面での貢献とと出塁率の高さなどを含めた総合的な評価で、鈴木が松井を上回ったのかなと、今は思います。

このショートでの鈴木大地の選出は、このベストナインの事前予想で唯一外されたポジションでした。

これもベストナイン選出の楽しみの一つではありますので、>いい意味でサプライズのような気もします。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています