パ・リーグ2013シーズン・ベストナイン候補の成績-投手編

スポンサーリンク

パ・リーグのベストナイン候補となる投手

前回に引き続き、2013シーズンでのパ・リーグのベストナイン候補の成績と事前予想をまとめていきたいと思います。

前回はセ・リーグの投手のベストナイン候補でしたが、今回はパ・リーグの投手編をまとめていきたいと思います。

セ・リーグの投手編と違い、パ・リーグではまとめる必要もないほど、結果は見えているのですが、選手の成績の比較の意味もこめてやってみます。

金子は違う年度なら受賞間違いない成績も、田中将大で確定!

パ・リーグのベストナインの投票で名前が上がりそうな投手の成績をまとめましたので、下記の表を参照ください。

パ・リーグ2013ベストナイン候補-投手編

年間MVPとベストナインの投手は田中将大が決まりと誰もが考えていますし、まず間違いありません。

>今更語るまでもない田中将大の成績です。

しかし、最多勝、最優秀防御率のタイトルを田中将大が獲ったものの、完全制覇を阻止し、奪三振王のタイトルを奪い、一矢報いたのがオリックスの金子千尋でした。

金子千尋も来シーズンオフはメジャー移籍も?

田中将大の24勝0敗とという日本プロ野球史に残る大記録の影に隠れてしまいましたが、5位に沈むオリックスの中にあって15勝をあげています。

また金子千尋は、投球イニングでも200回を大きく上回る223回1/3で、完投10回、1点台目前の防御率2.01です。奪三振も200の大台に乗せています。

普通なら沢村賞とベストナインがセットでもらえる成績ですが、田中将大の成績が圧倒的過ぎますので、タイミングが悪かったというしかありません。

また、田中将大がメジャーに移籍する上で、海外メディアが指摘する問題点としてあるのが、肩とヒジの勤続疲労奪三振率の低さです。

まあ、正直言って、それ以外に文句のつけるところがないからという面はあるのですが。

その奪三振率でも金子千尋は田中将大を上回っています。金子千尋は今年と同じような成績を残したら、ポスティングでのメジャー移籍の話も湧いてくるかもしれません。

とにかく、今シーズンは24勝無敗で、防御率も1.27でNPBの伝説となった>田中将大でベストナインの投手は確定です。

2013シーズンのNPBベストナイン関連記事

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています