ノムさんが選ぶ打倒巨人のためのベストナイン!

スポンサーリンク

ノムさんが、なぜか女性自身でベストナインを選ぶ

ノムさんこと野村克也さんが、「女性自身」で巨人を倒すためのベストナインを選出していました。

WBCの監督を熱望しながら、実現しなかった野村克也氏です。弱小のチームの監督ばかりを続け、豊富な選手層のチームで戦ったことのない名将が、自由に選手を選ぶとしたらどのような選手を選ぶのかは、とても興味深いことです。

今回の企画は打倒巨人のための選手なので、当然巨人の選手は除外されていますが、それでもやはりノムさんがどのような選手を選ぶのかは興味が湧くところです。

ノムさんが選ぶ現役ベストナイン

その顔ぶれをまず紹介したいと思います。

投手:田中将大(楽天)
捕手:谷繁元信(中日)
一塁:井口資仁(ロッテ)
二塁:西岡剛(阪神)
三塁:中村剛也(西武)
遊撃:鳥谷敬(阪神)
左翼:中田翔(日本ハム)
中堅:糸井嘉男(オリックス)
右翼:内川聖一(ソフトバンク)

引用元:女性自身 捕手は人材難…ノムさんが選出「打倒巨人の現役ベストナイン」

巨人を除いた選手の中からの選出ということになりますので、妥当な選出かなという気がします。

ですが、個人的には二塁は楽天の藤田一也の方がいい気がします。

今年の藤田の守備はとんでもないです。藤田の守備で楽天が勝った試合も少なく無いですし、田中の連勝記録に貢献している度合いも実は高いです。

ノムさんが西岡を選んだのは、銀座の飲み仲間で個人的な感情が入っているそうです。

注目の捕手ですが、谷繁を選んだものの、>リードだけだとソフトバンクの細川の方が上だとしていて、依然として細川のリード面への評価は高いです。

前回のWBCでも、ノムさんは細川を強く推していましたので、その評価は未だ変わらないようです。

ただ、打撃面での物足りなさがあるので、総合すると谷繁となったようですね。

あとは、内川と糸井に対する評価はかなり高く、内川には>右打者でこれだけ広角に打てる打者は今までもいないとか、糸井は>手がけてみたかった選手だったとまで言っています。

>このメンバーでの野村ジャパンも見てみたかったですね。

ノムさんの井口の選出にうなる

あと、井口の選手はさすがだなと思いました。>今年のWBCでも井口を選んでおいても良かったのかなという気がします。

メジャーの経験ということで、松井稼頭央を選ぶなら、井口でも良かったのではと思います。

結局、メジャーを経験した日本人選手では、パワー面では、城島健司と並んで、松井秀喜に次ぐ実績を残しています。

4年間のメジャーでの成績は、493試合で打率.268、44本塁打、205打点で、特にメジャー移籍後の2年間は、15本、18本と連続で二桁本塁打を記録しています。

あとは城島健司は18本、14本で、福留孝介は3年連続で二桁本塁打を記録していますが、10本、11本、13本となっています。

こうして見てみると日本での本塁打数から20本くらい引くと、メジャーでの本塁打数になるのかなと思います。

松井もメジャー時代の自己最多が31本で、日本時代は50本ですので。

中島裕之は日本でも最高が27本で、あと20本を超えているの3回ありますが、21本、22本、20本と、日本時代でも完全に中距離打者です。

日本の長距離打者が、メジャーでは中距離打者になってしまいますので、中島の守備力では、苦戦を強いられるのはしかたのないことなのかもしれません。

個人的には中村剛也の復活に期待

ただ、このノムさんの選ぶベストナインを見ても、打者が小粒になっている気がします。

国際大会でホームランをしっかりと打てるような打者が出てきて欲しいですね。>個人的には中村剛也の復活に期待しています。

かつて落合監督が、中村の本塁打を評して「技術があれば砲丸でも飛ばせる」と述べました。

統一球で48本塁打を放っていた中村くらいしかバレンティンの記録を破れそうな気がしません。復活に期待しています。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています