北海道日本ハムファイターズ:ドラフト指名候補の最新情報(2015)

初回投稿日:2015年01月01日
最終更新日:2015年10月23日

このページでは北海道日本ハムファイターズのドラフト指名に関する情報をまとめています。

2015年NPBドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズが1位指名など、指名候補としてリストアップした選手の2014年11月から2015年ドラフト会議までの情報を、月別にまとめています。

なお、情報が入り次第、随時更新していく予定です。

スポンサーリンク
[googlead]

北海道日本ハムファイターズのドラフト指名に関する情報の目次

北海道日本ハムファイターズのドラフト指名候補・指名予定選手に関する最新情報をまとめています。

1. 北海道日本ハムファイターズの歴代ドラフト指名選手(1965-2014)

北海道日本ハムファイターズのドラフト指名選手を10年単位でまとめています。年代をクリックすることで歴代の指名選手と指名順位の一覧を見ることができます。

なお、2010年以前のドラフト指名については準備中です。

[su_accordion]
[su_spoiler title=”1965-1974″ style=”fancy”]
1965年(第1回)
1966年(第2回)
-第1次-
-第2次-
1967年(第3回)
1968年(第4回)
1969年(第5回)
1970年(第6回)
1971年(第7回)
1972年(第8回)
1973年(第9回)
1974年(第10回)
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”1975-1984″ style=”fancy”]
1975年(第11回)
1976年(第12回)
1977年(第13回)
1978年(第14回)
1979年(第15回)
1980年(第16回)
1981年(第17回)
1982年(第18回)
1983年(第19回)
1984年(第20回)
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”1985-1994″ style=”fancy”]
1985年(第21回)
1986年(第22回)
1987年(第23回)
1988年(第24回)
1989年(第25回)
1990年(第26回)
1991年(第27回)
1992年(第28回)
1993年(第29回)
1994年(第30回)
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”1995-2004″ style=”fancy”]
1995年(第31回)
1996年(第32回)
1997年(第33回)
1998年(第34回)
1999年(第35回)
2000年(第36回)
2001年(第37回)
2002年(第38回)
2003年(第39回)
2004年(第40回)
[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”2005-2014″ style=”fancy”]
2005年(第41回)
-大学生・社会人ドラフト-
-高校生ドラフト-
-育成ドラフト-
2006年(第42回)
-大学生・社会人ドラフト-
-高校生ドラフト-
-育成ドラフト-
2007年(第43回)
-大学生・社会人ドラフト-
-高校生ドラフト-
-育成ドラフト-
2008年(第44回)
-育成ドラフト-
2009年(第45回)
-育成ドラフト-

2010年(第46回)
1巡目:斎藤佑樹(投手/早大)契約金1億円プラス出来高払い5000万円・年俸1500万円
2巡目:西川遥輝(外野手/智弁和歌山)契約金6000万円・年俸600万円
3巡目:乾真大(投手/東洋大)契約金6500万円・年俸900万円
4巡目:榎下陽大(投手/九産大)契約金5000万円・年俸900万円
5巡目:谷口雄也(外野手/愛工大名電)契約金2000万円・年俸480万円
6巡目:斉藤勝(投手/セガサミー)契約金3000万円・年俸800万円

-育成ドラフト-

2011年(第47回)
1位:菅野智之(投手/東海大)入団拒否表明・
2位:松本剛(内野手/帝京)契約金6000万円・年俸600万円
3位:石川慎吾(外野手/東大阪大柏原)契約金4000万円・年俸550万円
4位:近藤健介(捕手/横浜)契約金3000万円・年俸500万円
5位:森内寿春(投手/JR東日本東北)契約金4500万円・年俸1000万円
6位:上沢直之(投手/専大松戸)契約金2000万円・年俸480万円
7位:大嶋匠(捕手/早大ソフトボール部)契約金800万円・年俸500万円

-育成ドラフト-

2012年(第48回)
1位:大谷翔平(投手/花巻東)契約金1億円・年俸1500万円
2位:森本龍弥(内野手/高岡第一)契約金5000万円・年俸500万円
3位:鍵谷陽平(投手/中央大)契約金6000万円・年俸900万円
4位:宇佐美塁大(内野手/広島工)契約金3000万円・年俸480万円
5位:新垣勇人(投手/東芝)契約金5000万円・年棒900万円
6位:屋宜照悟(投手/JX-ENEOS)契約金3200万円・年俸840万円
7位:河野秀数(投手/新日鉄住金広畑)契約金2000万円・年俸750万円

-育成ドラフト-

2013年(第49回)
1位:渡辺諒(内野手/東海大甲府)契約金7500万円・年俸680万円
2位:浦野博司(投手/セガサミー)契約金8000万円・年棒940万円
3位:岡大海(内野手/明大)契約金6000万円・年棒840万円
4位:高梨裕稔(投手/山梨学院大)契約金4000万円・年棒780万円
5位:金平将至(投手/東海理化)契約金3800万円・年棒780万円
6位:白村明弘(投手/慶大)契約金3000万円・年棒750万円
7位:岸里亮祐(外野手/花巻東)契約金2000万円・年俸450万円
8位:石川亮(捕手/帝京)契約金1500万円・年棒450万円

-育成ドラフト-

2014年(第50回)
1位:有原航平(投手/早大)契約金1億円・年俸1500万円
2位:清水優心(捕手/九国大付)契約金6000万円・年俸600万円
3位:浅間大基(外野手/横浜)契約金4500万円・年俸540万円
4位:石川直也(投手/山形中央)契約金3000万円・年俸520万円
5位:瀬川隼郎(投手/室蘭シャークス)契約金3500万円・年俸840万円
6位:立田将太(投手/大和広陵)契約金2000万円・年俸480万円
7位:高浜祐仁(内野手/横浜)契約金2000万円・年俸480万円
8位:太田賢吾(内野手/川越工)契約金1500万円・年俸470万円
9位:佐藤正尭(捕手/愛知啓成)契約金1000万円・年俸470万円

-育成ドラフト-

[/su_spoiler]

[su_spoiler title=”2015″ style=”fancy”]
2015年(第51)回
X1. 高橋純平(県岐阜商高/投手)
X1. 小笠原慎之介(東海大相模高/投手)
1. 上原健太(明治大/投手)
2. 加藤貴之(新日鉄住金かずさマジック/投手)
3. 井口和朋(東京農業大北海道オホーツク/投手)
4. 平沼翔太(敦賀気比高/内野手)
5. 田中豊樹(日本文理大/投手)
6. 横尾俊建(慶応義塾大/内野手)
7. 吉田侑樹(東海大/投手)
8. 姫野優也(大阪偕星高/外野手)

*高橋純平はソフトバンク、中日との3球団競合。小笠原慎之介は中日との競合。

-育成ドラフト-
指名なし

[/su_spoiler]
[/su_accordion]

2. 北海道日本ハムファイターズの2015年ドラフト指名候補に関する最新情報

北海道日本ハムファイターズの2015年ドラフト指名と候補選手に関する最新情報は以下のとおりとなっています。

[su_tabs]
[su_tab title=”2015″]
2015年のドラフト指名に関する最新情報は以下のとおりとなっています

  • 2014/12/31:阪神もマークする県岐阜商の高橋純平を指名候補としてリストアップ(デイリー)
  • 2015/01/08:県岐阜商の高橋純平の2015年初練習を視察(ニッカン)
  • 2014/01/09:駒沢大の今永昇太の2015年初練習を視察(報知)
  • 2015/02/27:慶応大の谷田成吾外野手と横尾俊建内野手が出場した関東学院大とのオープン戦を日本ハムの大渕スカウトディレクターが視察(デイリー)
  • 2015/10/13:日本ハムは高橋、小笠原が1位候補(北海道新聞)
    10/13にスカウト会議を開き、1位指名候補を道外の高校生投手2人に絞った。高橋純平(県岐阜商)と左腕の小笠原慎之介(神奈川・東海大相模)の両選手とみられる。日本ハムは毎年、その年の最も良い選手を指名する方針。今年も投手、野手を含めて検討したうえで、「2人の能力が抜けている」(吉村浩チーム統轄本部長兼ゼネラルマネジャー)と判断。指名候補全体では、前回8月のスカウト会議の約90人から約70人に絞り込んだ。道内関係では井口和朋投手(東農大網走)ら3人がリスト入り。
  • 2015/10/14:「秋田商・成田&花巻東・高橋」W左腕獲り!(スポーツ報知)
    秋田商・成田翔投手、花巻東・高橋樹也投手をリストアップ。成田は身長168センチと小柄だが、最速146キロの伸びる速球と大きなスライダーが武器。高橋は最速146キロの直球に加え、スライダー、90キロ台のカーブなど多彩な変化球を持つ。栗山監督は、侍ジャパンU18に選出された両左腕の実力だけでなく、「縁を感じる」と話す。「甲子園期間中の監督室はずっと(高校野球の)映像が流れている。オレが見ている度に成田君は見ていた。投げっぷりがいいし、雰囲気がいい。花巻東の高橋君も。うちは左投手が(不足)、と言われている。会議どうこうでなく、将来どうなるのかが楽しみ」スカウト会議では県岐阜商・高橋、東海大相模・小笠原の両投手をドラフト1位に絞り、ドラフト候補を70人にまで絞り込み。
  • 2015/10/14:日本ハム1位は高橋純平に一本化「スケール大きい」(日刊スポーツ)
    10/13の栗山監督を交えたスカウト会議で県岐阜商・高橋純平投手(3年)を1位指名することを決定。今春センバツで150キロをマークして脚光を浴びたが、それ以前から高い潜在能力に着目。県岐阜商OB熊崎スカウトも在籍しており、積極的に調査を継続してきた。
    183センチの長身で、最速152キロ。キレのあるスライダーなど変化球も持ち合わせる。左腕が手薄なチーム事情から、高校生では甲子園優勝左腕の東海大相模・小笠原慎之介投手の選択肢もあったが、最終的に高橋へと傾いた模様。栗山監督の「日本一になるためには投手。スケールの大きな投手が、もう1人」とのリクエストにも合致。

  • 2015/10/17:東海大の中川皓太投手をDeNAスカウトが評価(スポーツ報知)
    10/17日の試合で東海大は先発の145キロ左腕・中川皓太投手(4年=山陽)が6回途中4安打無失点の好投。日本ハム・大淵スカウトディレクターは「上背が180センチ以上あって角度もある。左右のコントロールがいい。角度と制球力。左投手として必要なものを持っている」。DeNA・稲嶺スカウトも「投球のリズムがいい。右打者の外に決まる制球はすごい。試合を作れるタイプ」と評価。
  • 2015/10/20:ドラフト外れ1位に富士大・多和田が浮上(日刊スポーツ)
    外れ1位として富士大・多和田真三郎投手(4年=中部商)を筆頭候補に。1位指名は競合必至の県岐阜商・高橋純平投手(3年)に内定。抽選で外れた場合、他球団から1位入札されていなければ、指名を検討している模様だ。
    最速151キロの即戦力右腕は北東北リーグで通算32勝をマーク。5月に右肩腱板(けんばん)炎症となった影響で、今秋リーグ戦は登板しなかったが、高い評価は揺るがなかった。
  • 2015/10/22:日ハム1位指名、高橋が有力 きょうドラフト会議(北海道新聞)
    1位指名候補を高校生投手2人に絞っていた日本ハムは、21日の編成会議でこのうち1人に決め、県岐阜商高の本格派右腕、高橋純平投手とみられる。
  • 2015/10/22:栗山監督は高橋を高卒ながら即戦力と評価(デイリー)
    前回会議では1位候補に東海大相模・小笠原も候補に挙がっていたが、3時間に及ぶ会議の末、満場一致で高橋に決定。大渕スカウトディレクターは名前を公表しなかったが「一番能力の高い投手1人に絞りました」と明かす。会議に参加した栗山監督も「(来季)すぐにでも起用できる」と高卒ながら即戦力と評価。
  • 2015/10/22:日本ハム 高橋の1位指名決定 栗山監督「誰が一番いい選手か」(スポニチ)
    日本ハムは県岐阜商・高橋の1位指名を決めた。栗山監督は「今回のドラフトで誰が一番いい選手かということ。入ってくれると信じている」と語った。外れ1位候補は、小笠原とオコエが有力。

[/su_tab]

[su_tab title=”2015ドラフト指名候補の情報”]

  • 高橋純平(たかはし・じゅんぺい):1997年5月8日生まれで、右投げ右打ちの身長182センチの長身右腕。県岐阜商高。中学時代に140キロを記録。2014年秋季東海大会で3連続完投を含む33イニングで防御率0.27/奪三振35(奪三振率9.55)で準優勝の原動力に。持ち球は最速152キロのストレートに、カーブ、スライダー、スプリットと変化球も多彩。
  • 小笠原慎之介(おがわさわら・しんのすけ):1997年10月8日、神奈川・藤沢市生まれ。投手/左投左打/180cm・83kg。東海大相模では1年春からベンチ入り。最速151キロの速球に加え、チェンジアップ、スライダー、カーブなどの変化球を持つ。2015年ドラフト候補の高校生ではNO.1左腕との評価。甲子園の球場表示で150キロ台を記録したのは2005年夏の辻内崇伸(152km)、2009年夏の菊池雄星(154km)と小笠原慎之介の3人のみ。
  • 高橋樹也(たかはし・みきや):1997年6月21日、岩手県生まれ。花巻東では1年秋からベンチ入りし2年秋からエースに。50m7秒0と足は速い方ではない。遠投100メートル。1メートル76、74キロ。左投げ左打ち
  • 成田 翔(なりた・かける):1998年2月3日、秋田市生まれ。秋田商では1年春からベンチ入りし、今夏の甲子園では全3試合に先発し、8強入り。U18W杯日本代表にも選ばれる。168cm・68kg/左投左打。最速146キロのストレート、変化球はスライダーが武器
  • 今永昇太(いまなが・しょうた):1993年9月3日生まれの178センチ78キロの左投左打の投手。駒沢大学、福岡・北筑高卒。2014年12月30日時点で、リーグ戦通算40試合で防御率2.04/18勝13敗。最速148キロのストレートに、スライダーとチェンジアップを投げる。

    横尾俊建(よこお・としたけ):慶応大学。日大三高卒。177センチ・86キロ。右投右打の三塁/二塁手で高校通算55本塁打の長打力が評価される。

[/su_tab]
[/su_tabs]

スポンサーリンク

フォローする