ザック・ブリットン争奪戦は週末にも決着か!カブス、アストロズらが競り合い

ブラッド・ハンド、ケルビン・ヘレーラ、ジェウリス・ファミリアとこの夏のトレード市場で次々とトップクラスが移籍を終え、最も大きな注目を集めているのはオリオールズのザック・ブリットンです。

そのザック・ブリットンの争奪戦はいよいよ佳境に入っているようで、早ければ今週末(7/22-23)、遅くとも来週初め(7/24-7/25)には決着することになりそうです。

スポンサーリンク

ザック・ブリットン争奪戦は最終段階に

ESPNのバスター・オルニー氏が以下のように伝えています。

「オリオールズは強い意欲をもってザック・ブリットンのトレード交渉を行っていて、今週末もしくは来週初めにも成立させることを目指している」との情報を関係者から得たようです。ザック・ブリットンの交渉には多くの優勝を争うチームが引き続き絡んでいて、激しい争奪戦となっていることも付け加えられています。

ESPNのジェリー・クラスニック氏は以下のように伝えています。

アストロズとカブスがオリオールズが要求する条件(プロスペクトの質、数)を積極的に満たそうとしているとのことです。ただ、オルニー氏と同様に他のチームも交渉に絡んでいる状況が続いているようです。またクラスニック氏は「オリオールズは来週初め(7/24-7/25)までにトレードを成立させたいと考えている」と付け加えています。

来週のはじめというタイミングはトレード期限まで1週間近く残っているのですが、それを待たずにオリオールズはトレードを成立させたいようです。

他にもアダム・ジョーンズ、ブラッド・ブラック、ジョナサン・スクープなど、トレード要員を抱えていることも、早い時期でのトレード成立を後押ししていると考えられます。

他にはレッドソックスも熱心に獲得に動いていて、オリオールズもレッドソックスのファームを視察しているとの情報があります。

オリオールズはレッドソックス傘下の2Aにスカウトを送っていて、三塁手のマイケル・チャビスなどをチェックしていると考えられると、ボストン・グローブのニック・カファード氏は伝えています。

ただ、レッドソックスの問題はカブスやアストロズのようには質の高い交換要員を用意できないことで、交渉で遅れをとっている可能性はありそうです。

ヤンキース、フィリーズも関心を示していると報じられているため、現時点でも継続的に交渉をしていると考えられます。これらのチームが本腰を入れた場合には、カブスとアストロズを上回るパッケージを提供できるファームを有しています。

ザック・ブリットンの争奪戦は最後の最後まで予断を許さない状況となりそうですが、早ければ今週末にも決着することになりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています