ヤンキースがソニー・グレイ獲得へ前進か!アスレチックスが要求を落とし進展

New York Yankees Top Catch

ヤンキースはホセ・キンタナ争奪戦に敗れた後、オークランド・アスレチックスのソニー・グレイの獲得にシフトしました。

しかし、アスレチックスがヤンキースのNO.1-2プロスペクトであるグレイバー・トーレス、もしくはクリント・フレイジャーを含むパッケージを要求したことで、交渉は暗礁にのりあげていました。

【関連記事】ヤンキースのソニー・グレイ獲得交渉は停滞・・・アスレチックスはトッププロスペクトを要求

ですが、アスレチックスの姿勢が軟化したようです。

ソニー・グレイは現地の7月30日の日曜日に先発する予定だったのですが、それが変更になりました。MLBネットワークのジョン・モロシ氏が伝えています。

正式に日曜日の先発登板の予定が変更になったこと。そしてヤンキースとアスレチックスの間で交渉が継続していることが伝えられています。

この情報に対して、さらにMLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏が以下のように付け加えています。

「ヤンキースがソニー・グレイ争奪戦における最有力候補のままである」ことと、「アスレチックスがトーレス/フレイジャーを、今は要求していない」ことを伝えた上で、合意に近づいているように思えるとフェインサンド氏は述べています。

アスレチックスが要求を落としたことにはなるのですが、ただ妥協しているというよりも、「センターを守れる外野手」ということに大きな優先順位があることが理由のようです。

MLBネットワークのジョン・モロシ氏は以下のように伝えています。

「アスレチックスはクリント・フレイジャーよりも、エステバン・フロリアルのほうを、より好んでいる」と考えられていて、「センターでの守備力が理由」とモロシ氏は伝えています。

ヤンキースも、エステバン・フロリアルを非常に高く評価しているため、予断を許さない面はあるのですが、MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏は、フロリアルをパッケージに含めないと、合意に達するのは難しいだろうと展望しています。

ニューヨーク・アドバンストメディアのブランドン・キュティ氏は、ヤンキースはフロリアルを以下のように評価していると伝えています。

Estevan Florial, 19, is “similar to Adam Jones,” Low-A Charleston manager Pat Osborn said in a phone interview Friday afternoon. “But Flo has got a chance to be a better defender and run better.”

引用元:Yankees prospect in Sonny Gray trade talks gets Adam Jones comparison

このMLBの10年間において、オリオールズのアダム・ジョーンズは中堅手でベストプレイヤーの一人として名前が上がります。

エステバン・フロリアルが現在所属している1Aチャールストンのパット・オズボーン監督は「アダム・ジョーンズに似ている」と述べた上で、さらに「フロリアルは守備と走塁において、上回る可能性がある」と述べています。

肩も平均以上の強さがあり、打撃面でもパワーはあるため、そのポテンシャルが非常に高いとオズボーン監督は述べ、アダム・ジョーンズ級の選手になる可能性に言及しています。

アスレチックスは、エステバン・フロリアルをスカウティングするために、1Aにハイクラスのフロント、スカウトを送っています。ヤンキースが、ソニー・グレイを獲得するときには、交換要員にフロリアルの名前が含まれる可能性が高いと予想されます。

再び6連勝と波に乗ってきたヤンキースが、獲得に成功するのか注目されます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています
スポンサーリンク