ヤンキースがダスティン・アクリーを獲得!トレード期限前の次なる補強はどうなる?

New York Yankees Top Catch

デビッド・プライス争奪戦に最後まで名前が上がり続けたヤンキースですが、同地区のライバルであるブルージェイズとの争奪戦に敗れました。

そしてマイケル・ピネダが故障者リストに入る事態となったのですが、まずトレードで獲得したのはマリナーズのダスティン・アクリーでした。

ダスティン・アクリーは2009年ドラフトでスティーブン・ストラスバーグに次ぐ全体2番目、同じく1巡目のマイク・トラウトよりも23番も早く指名されてマリナーズに入団しています。

プロ入り後はプロスペクトランキングではMLB全体でトップ15に入るなど高い評価を受け続け、3Aでは打率.303/出塁率.401/長打率.472という素晴らしい成績を残し昇格しました。

しかし、完全に伸び悩んでしまい今季も打率.215/本塁打6/打点19/出塁率.270/長打率.366/OPS.635と低迷していました。

そのダスティン・アクリーをヤンキースが獲得したことになります。

スポンサーリンク

なぜヤンキースはダスティン・アクリーを獲得したのか?

ヤンキースはこのトレードでラモン・フローレス(OF)、ホセ・ラミレス(RP)の2人を交換要員として放出しています。この2人はいずれもメジャーデビューは果たしているものの、目立った成績はなく定着するには至っていません。

なぜヤンキースは外野手のダスティン・アクリーを獲得したのか?ということが1つの焦点となるのですが、ヤンキースは外野にエルズベリー、ガードナー、ベルトラン、ヤングに、ジョーンズと揃っているため、外野手の獲得は優先順位が高いものではありません。

しかし、ここ数年は外野を守っているダスティン・アクリーですが、元々のポジションはセカンドであるため、ヤンキースは外野のバックアップとしながら、元々のポジションである二塁で起用するのだろうという見方が強くなっています。

二塁のポジションに関してはスティーブン・ドリューがメインで守っていましたが、満足のできるほどのパフォーマンスではありません。

そのドリューに代わってダスティン・アクリーがおさまる可能性が高いと考えられる状況なのですが、ロースターに枠を空けるために、スティーブン・ドリュー、ブレンダン・ライアン、ギャレット・ジョーンズのいずれかが外されることになるのはないかと予想されています。

かつてのトッププロスペクトはニューヨークで覚醒できるか

ダスティン・アクリーの打撃成績は打率.215/出塁率.270/長打率.366でOPS.635、スティーブン・ドリューは本塁打は13本と多いものの、打率.192/出塁率.265/長打率.380でOPS.645となっています。

ただ、ダスティン・アクリーは投手有利のセーフコフィールドを本拠地とした数字ですが、ヤンキースタジアムは左打者が有利な構造になっていますので、成績の向上が期待できます。

またOPSで見ればアクリーとドリューに大差がないのですが、ブレンダン・ライアンが右打ちであるのに対して、ドリューとジョーンズはアクリーと同じ左打ちとなりますので、ヤンキースがどのような決断をするのか注目されます。

またプロスペクトして期待されてきたロバート・レフスナイダーを4試合ほど試したものの打率.167/本塁打1/打点2/出塁率.167/長打率.417/OPS.583という成績に終わりマイナーに降格しています。

ダスティン・アクリーを獲得したことで、このレフスナイダーを交換要員として、さらなる補強に動くのではないかと予想されています。

当初はブルペンをさらに強化するためにパドレスのクレイグ・キンブレル、もしくはレッズのアロルディス・チャップマンを狙うのではないかとの予想がありました。

しかし、マイケル・ピネダの故障離脱により、方針転換を迫られる可能性がありそうです。

ヤンキースはクリス・カプアーノをDFAとしたため、先発ローテは田中将大、ノバ、イオバルディ、CC.サバシアが残る状態でコマが足りていません。

現状ではブライアン・ミッチェルか、トッププロスペクトのルイス・セベリーノを昇格させる可能性があるようですが、シーズンオフと同様にリリーフを重視した補強をするのか、それとも先発ローテの補強に動くのか、ヤンキースの次の一手が注目されます。