ホワイトソックスの主力投手が好調!トレード期限前の市場価値が高まる気配

再建モードへの移行をシーズンオフ当初にGMが明言して、エースのクリス・セール、センターファイルダーのアダム・イートンを大型トレードで放出したホワイトソックスです。

その時点でもホセ・キンタナ、デビッド・ロバートソン、トッド・フレイジャー、ホセ・アブレイユ、メルキー・カブレラなど、まだまだ多くの交換要員を抱えていたため、注目を集めていましたが、望むような見返りは得られなかったため、トレード期限前まで待つことを選択しました。

スポンサードリンク

好調な滑り出して市場価値が高まりつつあるホワイトソックス投手陣

そのホワイトソックスの主力投手陣が好調な出だしで、トレード期限前に価値が高まった状態で放出できる可能性が高まりつつあります。

FOXスポーツのケン・ローゼンタール記者が、ホワイトソックスがトレード市場で価値のある投手を最も抱えている球団かもしれないと、今後のトレード市場の展望について話しています。

トレードの交換要員になると見られている主力選手の成績は以下のとおりとなっています。

ホセ・キンタナ 3試合17回1/3:防御率6.75/WHIP1.62
ジェームズ・シールズ 2試合10回2/3:防御率1.69/奪三振11/WHIP1.03
デレク・ホランド 2試合12回:防御率1.50/奪三振9/WHIP0.83
デビッド・ロバートソン 4試合4回:防御率0.00/奪三振8/WHIP0.25
ホセ・アブレイユ 41打席:打率.205/出塁率.244/長打率.231/OPS.475/本塁打0
トッド・フレイジャー 31打席:打率111/出塁率.226/長打率.259/OPS.485/本塁打1
メルキー・カブレラ 34打席:打率.258/出塁率.324/長打率.387/OPS.711

エース格のホセ・キンタナと野手の3人はスロースタートとなっていますが、クローザーのデビッド・ロバートソン、シーズンオフの段階ではトレード市場での価値は乏しかったジェームズ・シールズとデレク・ホランドは好スタートを切っています。

中でもデビッド・ロバートソンは4試合4イニングで被安打1、無四球、奪三振8という圧倒的なパフォーマンスを見せています。

レギュラーシーズンはもちろんのこと、ポストシーズンにおいて強力なクローザーがいないことは致命的な問題となるため、トレード期限前で大きな注目集める存在になる可能性を見せているシーズン序盤のロバートソンです。

トッププロスペクトの昇格を控えるホワイトソックス

スポンサーリンク

ホワイトソックスはクリス・セール、アダム・イートンらのトレードで、MLBでもトップクラスのプロスペクトを獲得しています。

しかも、それらの選手の多くがメジャー昇格を控えている3Aレベルの選手が多いことも特徴で、今シーズン中盤から終盤にかけて昇格が見込まれる状況です。

ベースボールプロスペクタスが10位、MLB公式サイトが12位、ベースボール・アメリカが25位とMLB全体でもトップクラスの評価を得ているルーカス・ジオリト。

ベースボールプロスペクタスが30位、ベースボール・アメリカが31位、MLB公式サイトが45位にランクしているレイナルド・ロペス。

2015年ドラフト1巡目全体8番目指名で、MLB公式サイトが71位にランクしているカーソン・フルマー。

この3人の投手はいずれも3Aで開幕を迎えています。

さらにMLB公式サイトが16位、ベースボール・アメリカが32位、ベースボールプロスペクタスが36位にランクしているマイケル・コペックが、2Aで開幕を迎えているため、こちらもシーズン後半から終盤にかけて昇格できます。

そのためトレードでメジャーレベルの先発投手を放出しても、それらの投手にチャンスを与えることで穴を埋めることができます。

ジェームズ・シールズは2018年まで契約が残り、2019年はオプションとなっています。年俸は2100万ドルですが、パドレスが1100万ドルを支払ってくれるため、実際の負担は1000万ドルと極端な高額ではありません。

シールズはクラブハウスでのリーダーシップもあり、優勝を争うチームでの経験もあるため、調子さえ良ければ興味を持たれる投手です。

デビッド・ロバートソンは2019年まで契約が残り、年俸は今季が1200万ドル、来季が1300万ドルと、現在のクローザの値段の高騰を考えれば、非合理的な金額ではありません。

デレク・ホランドは今季終了後にはFAとなりますが、レンジャーズ時代には実績がありますし、年俸は600万ドルとリーズナブルなため、安定した投球をしていれば、多くの球団が興味を持つと予想されます。

野手に関してはやや懸念されるスタートとなっているホワイトソックスですが、投手陣に関してはトレード期限前に注目される選手が増えていきそうな気配です。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ