ツインズは「売り手」へシフトが鮮明に!短期契約のベテランのトレードに応じる姿勢

一旦は「買い手」としてマイナーリーガーのプロスペクトを交換要員として、ブレーブスからハイメ・ガルシアを獲得したツインズでした。

しかし、最近の低調なチーム状態のため、方向転換をすることを模索していると報じられました。

【関連記事】ツインズが「売り手」へのシフトも視野に!アービン・サンタナとハイメ・ガルシアの放出も

この報道がなされた後、ツインズはドジャースに敗れて4連敗を喫し、地区首位のインディアンスとは6ゲーム差、ワイルドカードには4ゲーム差となっています。このことが影響を与えたのか、具体的に「売り手」としての活動が始まっています。

MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏が以下のように伝えています。

「ツインズはアービン・サンタナとハイメ・ガルシアへの問い合わせの対応を続けていて、さらにクローザーのブランドン・キンツラーとセカンドのブライアン・ドージャーへの関心を示す問い合わせも受けている」とフェインサンド氏は伝えています。

チーム再建の途上にあるツインズですが、トレード市場の先発投手の層が薄い状態を利用して、ベテラン投手を放出することで、若い選手の層を厚くする方向性となっていました。

しかし、その先発投手のみならず、キンツラーとドージャーの問い合わせも受けるなど、一転して買い手チームから大きな関心を集めるチームとなっています。

8月に33歳となるクローザーのブランドン・キンツラーは今季の年俸が293万ドルと非常に格安ですが、今季終了後にFAとなるレンタル選手ではあります。

しかし、メジャー通算270試合で防御率3.25と長期間に渡り安定した成績を残し、昨年は54回1/3で防御率3.15で17セーブ、今季は44回1/3で防御率2.84で27セーブと、ここ2年はクローザーとしても結果を残しています。

キャリア通算の奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)は6.3で、今季も5.3と奪三振が多いタイプではありません。しかし、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は2.0と制球に不安がなく、キャリア通算のGO/AO(ゴロアウト÷フライアウト)が2.09と典型的なグラウンドボールピッチャーです。

クローザーとしてはやや物足りない面はあるかもしれませんが、セットアップマンを務めることができる安定感が魅力です。

ブライアン・ドージャーはシーズンオフにドジャースが積極的に獲得に動きましたが、交換要員で折り合えませんでした。その結果がドジャースはローガン・フォーサイスに方向転換し、ツインズにドージャーは残留しました。

昨年の打率.268/出塁率.340/長打率.546/OPS.886、42本塁打というキャリアベストのシーズンに比較すれば見劣りするものの、ミドルインフィルダーとしては十分な打率.249/出塁率.334/長打率.441/OPS.775、16本塁打と今季も良い水準を維持しています。

年俸は600万ドルですが、獲得するチームが負担するのは200万ドル程度ですみますし、契約最終年となる2018年も900万ドルとリーズナブルです。

年俸も格安な上に、長打力のある二塁手のため、トレード市場で関心を集めるのは自然なことと言えます。1年半が残るこの時期のほうが、今シーズンオフよりも高い値段がつくことが予想されるため、ツインズもドジャースと交渉したときよりは条件を下げることが予想されます。

34歳のアービン・サンタナは昨年は181回1/3で防御率3.38、今季は136回1/3で防御率3.37と良い状態を維持しています。

ネックとなるのは年俸面で、今季と来季ともに同額の1350万ドルとなっています。2019年は基本的にはチームに1400万ドルで更新できる選択権があるのですが、2017年と2018年の合計で400イニングを達成した上で、2018年に200イニングを突破した場合には、1400万ドルの契約が自動更新されるオプションもついています。

来季の1350万ドルをリスクに感じるチームいるとは考えられますが、トレード市場の人材の少なさを考えれば、それでも獲得に動くチームが多くなることが確実です。

ハイメ・ガルシアはツインズにトレードされる前には、ヤンキースも関心を示すなど、ちょっとした争奪戦となっていました。そのため再びツインズが市場に出せば、獲得に興味を示す球団が複数現れることが確実です。

ツインズのフロントトップのデレック・ファルベイ(Chief baseball officer)とタード・リーバイン(GM)ともに、長期的なチーム再建のビジョンをより重視する姿勢を打ち出しています。優秀な若い選手を多く必要としていますので、これらの契約が残り少ないベテランが期限前に移籍する可能性は高そうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています
スポンサーリンク