田中将大のスプリットのどこがすごいのか?プロ野球選手が語るそのスプリットの凄さ

田中将大のプロ入り時点での決め球と言えば、縦のスライダーでした。

高校時代からすでにプロレベルで、高校生には打てない球と言われていましたが、その通りプロ入り後にも通用する持ち球でした。

もちろん現在もこの縦のスライダーは有効なのですが、日米のメディアで高く評価されているのが>スプリットです。

日本ではSFF(スプリット・フィンガード・ファーストボール)とも呼ばれ、アメリカではスプリッターとも呼ばれる球です。

このスプリットが素晴らしいと賞賛されている田中将大ですが、では田中将大のスプリットのとこがすごいのでしょうか?

スポンサーリンク

プロ野球選手が語る田中将大のスプリットの凄さ

このシーズンオフにプロ野球選手が出演する番組でよくなされていた質問が、「田中将大の何がすごいのか?何が違うのか?」という質問でした。

それに対して、多くの選手が上げていたのが、ストレートの制球力とスプリットでした。

一般的には、スプリットは、フォークボールより速くて、落差が小さくなります。逆にフォークボールは落差が大きいものの、スピードが落ちる球種とされています。

ところが田中将大のスプリットは、>速くて落差が大きいので、打者はストレートとの区別つきにくいとのことです。

さらに、田中将大のスプリットの凄さはそれだけにとどまりません。

楽天ゴールデンイーグルスの美馬学投手が、田中将大のスプリットのすごさを説明していた時に、「スプリットでありながら回転している」ということを述べていました。

スプリットが回転しているということの意味とメリット

では、スプリットが回転していることにどんなメリットや意味があるのでしょうか?

通常フォークボールだと無回転とはならないまでも、ボールの回転数が落ちます。そのため打者はバッターボックスでフォークボールがきたとわかります。

硬式での野球経験があったり、特にキャッチャーなどを経験しているとよくわかるのですが、硬式球には赤い縫い目があるために、どんな回転をしているかがわかりやすいです。

私は大学時代に弱小ではありましたが、硬式野球部に所属し、練習の際に、ブルペンでボールを受けたり、バッティング練習で捕手をすることがありました。

バッティングマシンを使って練習していると、マシンの回転の関係で、時々、無回転のナックルのようになる時があるのですが、その時は、ボールが回転していないことが、軟式球と比べてハッキリと目で見ることができました。

プロの打者の動体視力は、私の動体視力とは当然のことながら比較になりません。

美馬投手もその説明の中で語っていましたが、プロの打者にとって、フォークボールのように回転数が落ちた球がくると、フォークがきたとわかるようです。

それでもフォークで三振が奪える投手は、キレがある、落差が大きい打者の手元で落ちる、などの要素を備えたフォークボールを投げていることになります。

では、スプリットはどうかというと、黒田博樹が他の機会でスプリットは回転数が落ちる球種だと述べていました。

このように、スプリットはフォークよりもボールを挟む指を浅くはしますが、やはりストレートなどに比較すると明らかに回転数が減るので、プロの打者にはハッキリとわかるようです。

しかし、田中将大のスプリットは回転しているので、打者にはストレートとの区別がつきにくくなるわけです。

日本人投手がメジャーで活躍できる要員の一つでもあるスプリット

まとめると、田中将大のスプリットは高速で、しかも回転しているのでストレートと区別がつきにくい、なおかつ落差が大きいので、決め球として有効になっているということです。

先に上げたプロの選手達のコメントを集めてみると、魔球とも言われる田中将大のスプリットが、>プロの動体視力をもってしても見極めることが困難なボールである理由がわかるのではないでしょうか。

MLBで活躍する日本人投手の多くがスプリットを使いこなし、有効な球種となっています。上原浩治、岩隈久志、黒田博樹、そして好んで使いはしませんがダルビッシュも使いこなせます。

そういった事実も田中将大への過度とも言える獲得競争の一因になっているのかもしれません。このスプリットをMLBの公式球でも使いこなせれば、田中将大がアメリカで活躍する可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています