ドジャースにダルビッシュが必要な理由とは?地元メディアが獲得を強くプッシュ

Los Angels Dodgers Top Catch

68勝31敗で地区首位を走り、2位以下の10.5ゲーム差をつけ、チーム総得点はナ・リーグ3位、先発投手陣の防御率は3.33でリーグ1位、リリーフ陣の防御率は2.88でこちらもリーグ1位と隙きのないドジャースです。

そのドジャースですが、7月23日はやや今後に不安を感じさせる出来事が起こった一日となりました。

スポンサードリンク

エースのクレイトン・カーショーが腰に張りを訴えて2回途中で降板し、故障者リストに入ることが濃厚となりました。現時点では「張り」という診断ではあるのですが、昨年も腰の問題で長期離脱に至っているため、今後が懸念される状態となりました。

さらに先発ローテの一角を担ってきたブランドン・マッカーシーが指のマメで10日間の故障者リストに入ることになり、当面はアレックス・ウッド、リッチ・ヒル、柳賢振、前田健太らで先発ローテをまわすことになりました。

打線の得点力やブルペンの強力さ、残された先発投手の質を考えれば、2人が離脱したとしても、地区制覇に向けて大きな心配はないと考えられているドジャースです。

ただ、クレイトン・カーショーの離脱により、「強い関心を持っている」と報じられているレンジャーズのダルビッシュ有を獲得する動きが加速するのではないかとの予想が増え始めています。

そのような中、ロサンゼルス・タイムズのディラン・ヘルナンデス氏は、クレイトン・カーショーの離脱の期間にかかわらず、ダルビッシュを獲得することは非常に重要だと、トレード補強を強く提言しています。

スポンサーリンク

ディラン・ヘルナンデス氏はドジャースの現状を以下のように述べます。

The Dodgers, who are known to be interested in the Texas Rangers right-hander, are an exceptionally strong team in an exceptionally weak league. With the Chicago Cubs and Washington Nationals looking like diminished versions of themselves, the road to the World Series remains as inviting as it has ever looked over the last three decades.

「ダルビッシュに関心を示していることが伝えられているドジャースは、非常に弱いリーグ(ナ・リーグ)の中で、非常に強いチームだ。ナショナルズとカブスともに一番良い時の状態からは落ちているからで、ワールドシリーズに進出できる可能性はこの30年の中でも、かなり高いものだ」とヘルナンデス氏は述べます。

そのような絶好のチャンスを迎えているため、カーショーの腰の問題が深刻かどうかに関わらず、ダルビッシュ有が必要だとヘルナンデス氏は主張します。

If Kershaw’s back problems are serious, the move would be a necessity. The other players on the team should be able to play out the season with a legitimate ace, which Darvish is.

「カーショーの腰の問題が深刻なものでれば、ダルビッシュの獲得は必要なものとなる。残されたプレイヤーたちはダルビッシュという正真正銘のエースと残りのシーズンを戦えることになる。」と、カーショーの離脱が長引く場合に、代わってチームのエースとなれるダルビッシュの必要性を主張しています。

しかし、カーショーの腰の問題が軽いものであっても、ダルビッシュ獲得のスタンスを変えるべきではないとディラン氏は述べます。

But the thinking shouldn’t change if Kershaw’s ailment is revealed to be minor or moderate. If anything, such a scenario should further incentivize the Dodgers to pursue a trade with the Rangers, as doing so could provide Kershaw with the kind of support he has lacked in recent postseasons.

「カーショーの腰の問題が軽症もしくはマイナーであることが判明したとしても、その考えをかえるべきではない。それどころか、そのようなシナリオは、ドジャースのフロント陣にトレードへの動きを加速させることになるだろう。ダルビッシュを獲得できれば、最近のポストシーズンで欠けていたカーショーのサポートが手に入ることになる」

カーショーは2016年のポストシーズンでは、ディジョンシリーズのナショナルズとの初戦に投げた後、中3日で先発し、その後中2日でリリーフ登板しています。そして、そこから中2日でリーグチャンピオンシップのカブス戦に先発と、酷使と言って差し支えない起用でした。

ディビジョンシリーズで敗退した2014年と2015年も、ともに1戦目に先発した後、中3日で先発していますので、ポストシーズンにおけるカーショーへの負荷が過剰な状態が続いているのは、否定しがたい事実です。。

しかし、ダルビッシュが加われば、カーショーに休養を与える余裕ができるとヘルナンデス氏は述べます。

That becomes possible if Darvish is added to a rotation that includes Kershaw, Alex Wood and Rich Hill. With a well-rested Hill as the No. 4 starter, Kershaw would have the kind of flexibility that wouldn’t be afforded to him if the likes of Brandon McCarthy or Kenta Maeda are part of the postseason rotation.

「ダルビッシュを、カーショー、アレックス・ウッド、リッチ・ヒルのローテに加えることができれば、休養十分のヒルを4番手にできるため、カーショーを酷使しないことも可能となる。しかし、前田健太もしくはブランドン・マッカーシーをポストシーズンのローテに入れることになれば、再びカーショーを酷使せざるを得なくなるかもしれない」と、ダルビッシュを獲得することの意味を、ヘルナンデス氏は訴えています。

2016年のカブスはすでに十分な戦力が整い、ポストシーズン進出が確実な状況でありながら、トッププロスペクトを放出してレンタル選手のアロルディス・チャップマンを獲得し、ワールドシリーズ制覇を成し遂げました。

ヘルナンデス氏は、ナ・リーグだけに言及していますが、ワールドシリーズで戦うことになるア・リーグも、西地区のアストロズ以外は、地区首位を走っているチームが万全とは言えません。それらの全体的な状況を考えれば、ドジャースは、レンタル選手ではあるもののダルビッシュを獲得して、本格的に勝負すべきタイミングにあるとも考えられます。

アンドリュー・フリードマン社長は表向きには「大きな補強はない」とトレード期限前の方針を話していますが、流れてくる情報は「ダルビッシュに強い関心を示している」というものです。

残り1週間で、ダルビッシュを中心とした大型トレードが成立するのか注目されます。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ