ブライス・ハーパーと契約する可能性があるチームは?大物記者がリストアップ

2017-18シーズンオフのFA市場は、歴史的なスローペースとなっていますが、その原因の一つとなっているのが2018-19シーズンオフにFAとなる選手たちの存在です。

ブライス・ハーパー、マニー・マチャドのトップ2に加えて、現在のメジャーでNO.1の投手であるクレイトン・カーショーも3年1億500万ドルを破棄してFAを選択する可能性が高い状況です。

史上最高となるような大型契約が成立する可能性がある2018-19シーズンオフですが、中でも選手としてのパフォーマンスに加えて人気面の高さもあり、5億ドル、4億ドルの予想も上がるブライス・ハーパーの行方に大きな注目が集まることになります。

スポンサーリンク

2018-19シーズンオフにブライス・ハーパーの獲得に挑む球団は?

そのブライス・ハーパーの獲得に動き契約する可能性がある球団を、ファンラグスポーツのジョン・ヘイマン氏が予想しています。

ヘイマン氏がリストアップした7球団とコメントの要約は以下のとおりとなっています。

  • ロサンゼルス・ドジャース

    ドジャースは2018年にぜいたく税の回避を死守しようとしているので資金がある。外野が弱いわけではないが、三塁にはジャスティン・ターナー、ショートにはコーリー・シーガーがいるため、マニー・マチャドはマッチしない。ただ、カーショーがオプトアウトした場合には、そちらの再契約にベストを尽くすことに。フリードマン、ザイディ体制では長期契約を結ばない方針も、例外は若いフリーエージェント。スタン・カステン球団社長はナショナルズ時代にハーパーを指名し、その後もハーパーの家族とコンタクトを継続している。ナショナルズがロサンゼルスに来ると、ラスベカスからやってくるハーパーの両親と会っている。

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ

    ハーパーのホームタウンであるネバダ州から近い。アンドリュー・マカッチェンがFAとなるため外野は補強を必要としているし、勝つための投資を惜しまないチーム。

  • シカゴ・カブス

    クリス・ブライアント夫妻とブライス・ハーパー夫妻がかなり親しいこともあり、名前が浮上している。セオ・エプスタイン社長は若い選手を好むが、すでにジェイソン・ヘイワードが大型契約でライトにいる。多くの人が考えるほどには、その可能性は高くない。

  • フィラデルフィア・フィリーズ

    多くの収入と放映権の大型契約があるため、投資できるだけの資金力があるが、まだそれに相応しい選手がいないので、そうしていない。ワシントンから変わることは大きな動きではない。

  • ボストン・レッドソックス

    すでに外野は埋まっているし、J.D.マルティネスと契約した場合には枠が無くなる。J.D.マルティネスとブライス・ハーパーの代理人であるスコット・ボラス氏との話がスムーズには進んでいないので、影響を与える可能性も。

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ヤンキースはロジカルな契約先ではないが、ジャンカルロ・スタントンを獲得したことを考えれば、可能性は否定できない。ヤンキースはブライス・ハーパーを気に入っているし、ハーパーの家族はヤンキースファンだ。ただ、ヤンキースのニーズによりマッチするのはマニー・マチャド。

  • ワシントン・ナショナルズ

    ナショナルズは再契約をしたいと考えているし、FAとなる選手がいて予算枠が増えるためし、テッド・ラーナーはMLBのオーナーので最もリッチだと考えられている。ただ、それらの要素を踏まえてもナショナルズが大規模なマーケットを持つチームに競り勝つのは想像しにくい。

ドジャースはヤシエル・プイグの契約が2018年までですが、ジョク・ピーダーソンが2020年、クリス・テイラーとアンドリュー・トールズが2022年までコントロールできますし、昨年がルーキーイヤーのコディ・ベリンジャーは外野を守ることができます。
さらにMLB全体でもトップ40にランクされるプロスペクトのアレックス・バーデュゴが3Aにいるなど、大金を投資する緊急性はありません。

ジャイアンツは本腰を入れて動く可能性の高い球団と考えられます。アンドリュー・マカッチェンがFAとなるだけでなく、ハンター・ペンスも契約が終了するためです。マディソン・バムガーナーのオプションを含めても、2019年の確定している年俸総額は1億4000万ドル程度で、ぜいたく税の基準である2億600万ドルまで余裕が残っています。

カブスはジェイソン・ヘイワードが5年1億500万ドルの残契約を破棄してFAを選択してくれれば、ブライス・ハーパーの獲得を本格的に検討する可能性があります。
ジェイソン・ヘイワードは4年連続ゴールドグラブ賞を獲得するなど守備面では大きな貢献をしています。しかし、2シーズンの成績は268試合で打率.243/出塁率.315/長打率.353/OPS.669、18本塁打と非常に物足りない数字です。そのため、2018年によほどの活躍をしない限り、オプトアウトしないと予想され、ブライス・ハーパーを見送ることになる可能性が高いと考えられます。

フィリーズは2018年が再建からの総仕上げとなり、2019年くらいから本格的に勝負をかけてくることが予想されます。カルロス・サンタナに投資をしたのも、若い選手たちのリーダーとしての役割を期待してのものです。若い選手がロースターの大半を占めていて、資金力があるにも関わらず、年俸総額が抑えられているため、本腰を入れた動きを見せる可能性が高いチームです。

レッドソックスはJ.D.マルティネス次第で、5年1億ドルから1億2500万ドルの範囲で契約した場合には、ブライス・ハーパーを見送る可能性が大です。
ただ、J.D.マルティネスをダイヤモンドバックスにさらわれ、2018年も長打力不足に悩まされるようであれば、方向性は大きく変わります。現時点では2019年の確定している契約は1億ドル、2020年は6400万ドルのため、ブライス・ハーパーに大型契約を提示する余裕はあります。

ヤンキースはジャンカルロ・スタントン、アーロン・ジャッジの2人がライトでポジションが重なり、そのやりくりが注目されている状態で、同じポジションのブライス・ハーパーはさらに状況を複雑にします。
外野にはクリント・フレイジャーの他にも、アダム・ジョーンズ級の選手になれるとの評価もあるエステバン・フロリアルも控えていますので、人材に事欠いていません。

一方で、サードとして期待されているプロスペクトのミゲル・アンドゥハーの守備力に不安があり、ショートのディディ・グレゴリウスは2019年までしかチームがコントロールできません。ショートとサードを守れるマニー・マチャドの方が、マイナーも含めたヤンキースの選手層のバランス的にもマッチします。

ナショナルズは積極的に再契約に向けた動きを見せることは確実です。マーケットの規模を考えれば、ナショナルズが他のライバルを上回る契約を提示するのは想像しにくいものがあります。ただ、代理人のスコット・ボラス氏とオーナーのテッド・ラーナー氏が懇意のため、ここで話がついて金庫が開いた場合には、大きく情勢は変わりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています