ジャンカルロ・スタントンが13年3億2500万ドルの契約を交渉中?MLB史上最高額での契約延長が成立か

Miami Marlins Top Catch

2014年は顔面に死球を受けたため、145試合の出場にとどまったものの、打率.288/本塁打37/打点105/OPS.950で、本塁打王をジャンカルロ・スタントンは獲得しています。

2014年のナ・リーグMVP最終候補の3人に残ったジャンカルロ・スタントンが、プロスポーツ史上最高額での契約延長を交渉中だと、アメリカメディアで報じられています。

現地の11月13日には最低でも10年3億ドルとの報道がなされていましたが、14日には複数の現地記者が12年3億2000万ドルで交渉を行っているようだと伝え、その後さらに13年3億2500万ドルで交渉している報じられています。

ジャンカルロ・スタントンとマーリンズの間で桁外れの大型契約の交渉が進んでいるようです。

スポンサーリンク

現在のMLBで屈指の長距離打者であるジャンカルロ・スタントン

スポンサーリンク
[googlead]

ジャンカルロ・スタントンは2007年ドラフトで2巡目全体76番目でフロリダ・マーリンズに指名されてプロ入りしています。

そのジャンカルロ・スタントンの年度別成績と通算成績は以下のとおりとなっています。

Giancarlo Stanton Stats 2014

5年のメジャーキャリアの中で30本塁打以上をすでに記録し、通算のOPS(出塁率+長打率は)は一流選手の基準とされる.900を上回っています。

三振は多いものの通算の打率も.271と、極端な低打率ということはなく、現在のメジャーでは屈指の長距離打者です。

2014年の年俸は650万ドルですが、年俸調停権を有するため、倍増の1300万ドル前後には年俸が高騰することが予想されています。

そのジャンカルロ・スタントンをひきとめるため、マーリンズは10年3億ドルの契約を用意して交渉していると、FOXスポーツのケン・ローゼンタールが伝えています。

マーリンズは浮上の兆しが見えるため主砲の引き留めに本腰

2012年にマーリンズが、アニバル・サンチェス、ハンリー・ラミレス、マーク・バーリー、ホセ・レイエス、ジョシュ・ジョンソンら主力をトレードで放出する「ファイヤーセール」を行ったことは記憶にあたらしいところです。

その際には、ジャンカルロ・スタントンは激怒してTwitterで”I’m pissed off!!!(俺は激怒している)”と述べるなど、チーム運営に対する不信感を隠していなかったと、ケン・ローゼンタールは伝えています。

しかし、マーリンズは2014年は77勝し、投手陣ではホセ・フェルナンデスなど実力を備えた投手が揃い始めているため、的確な補強を行えば、ポストシーズンを狙える戦力となりつつあります。

このような状況を受けて、マーリンズの野球運営部門の社長であるマイケル・ヒル(Michael Hill)が、チームの方針を覆して、トレード拒否権を含む超大型契約で主砲を引き留めることを決断したとケン・ローゼンタールは述べています。

マイケル・ヒルは他の記者とのインタビューの際には、「もう選手を売り払うのは十分だ。私たちは勝ちたい。私たちは出来る限り多くの選手をチームにとどめたい。」とも語っています。

ジャンカルロ・スタントンが提示を受けている契約が、報道されているとおりに10年3億ドルであるとするなら、現在の最高額となっているミゲル・カブレラの10年2億9200万ドルを越える超大型契約となります。

このカブレラの契約との大きな違いは、カブレラは契約最終年が40歳であるのに対して、スタントンは年齢が若く、10年契約の最終年でも34歳ということです。

そのため長期契約を結んで、契約の後半が不良債権化するリスクを低く抑えることができます。

また、スタントンにとっても、史上最高額のオファーを受けることになりますので、当然のことながら悪い話ではありません。

ミゲル・カブレラやアレックス・ロドリゲスを上回る最大の契約になるか

MLBでの主な大型契約は以下のとおりとなっています。

  1. ミゲル・カブレラ:10年2億9,200万ドル(2014-23)
  2. アレックス・ロドリゲス:10年2億7,500万ドル(2008-17)
  3. アルバート・プホルス:10年2億4,000万ドル(2012-21)
  4. ロビンソン・カノ:10年2億4,000万ドル(2014-23)
  5. ジョーイ・ボット:10年2億2,500万ドル(2014-23)
  6. クレイトン・カーショー:7年2億1,500万ドル(2014-20)
  7. プリンス・フィルダー:9年2億1,400万ドル(2012-20)
  8. デレク・ジーター:10年1億8,900万ドル(2001-10)
  9. ジョー・マウアー:8年1億8,400万ドル(2011-18)
  10. マーク・テシェイラ:8年1億8,000万ドル(2009-16)
  11. ジャスティン・バーランダー:8年1億8,000万ドル(2013-19)
  12. フェリックス・ヘルナンデス:7年1億7,500万ドル(2013-19)
  13. バスター・ポージー:9年1億6,700万ドル(2013-21)
  14. C.C.サバシア:7年1億6,100万ドル(2009-15)
  15. マニー・ラミレス:8年1億6,000万ドル(2001-08)
  16. マット・ケンプ:8年1億6,000万ドル(2012-19)
  17. トロイ・トゥロウィツキー:10年1億5,775万ドル(2011-20)
  18. 田中将大:7年1億5,500万ドル(2014-20)
  19. エイドリアン・ゴンザレス:7年1億5,400万ドル(2012-18)
  20. ジャコビー・エルズベリー:7年1億5,300万ドル(2014-20)

13年3億2500万ドルで合意すれば、これらのレコードを更新する、史上最高額での契約成立となります

スタントンの代理人であるJoel Wolfeは、この交渉についてはコメントを避けていて、マーリンズのGMであるDan Jenningsは交渉を続けていることは認めているものの、合意が近いという状況ではないとも述べています。

トレードの噂が絶えないジャンカルロ・スタントンですが、契約延長ができなければ、FAまで残り2年となるため、トレード移籍の可能性も高まってきます。

今後のマーリンズとジャンカルロ・スタントンとの交渉の動向は、このオフの注目ポイントの1つとなりそうです。