ヤンキースがソニー・グレイを獲得!3人のプロスペクトが交換要員に

ソニー・グレイのトレード交渉に関する経緯・推移

スポンサードリンク

ソニー・グレイの争奪戦の経緯、推移がわかる記事の一覧です。

  1. ソニー・グレイが「トレード期限前のNO.1ターゲット」に浮上か!その理由とは
  2. アストロズがソニー・グレイに強い関心か!アスレチックス地元メディアが報道
  3. ソニー・グレイ争奪戦がヒートアップか!カブス、レッドソックス、マリナーズら5球団がスカウティング
  4. カブスはソニー・グレイの獲得に関心!ホセ・キンタナを加えた後も動きは続く
  5. ソニー・グレイの移籍先はアストロズが最有力?USAトゥデイ記者が今後を予想
  6. アストロズのソニー・グレイ獲得交渉がヒートアップ!積極的な投手補強に動きが続く
  7. ヤンキースの「グレイとアロンソの両獲り」の可能性あり?アスレチックスがマイナーのスカウトを継続
  8. マリナーズもソニー・グレイ争奪戦に参戦か!MLB公式サイトのリポーターが伝える
  9. アスレチックスはヤンキースの1A外野手に興味か!ソニー・グレイ争奪戦は佳境に
  10. ヤンキースがソニー・グレイとヨンダー・アロンソの獲得に前進!MLB公式サイトが伝える
  11. ソニー・グレイの登板を7球団が視察!アストロズとヤンキースが争奪戦をリードとの情報
  12. マリナーズがソニー・グレイ獲得へ前向きも・・・必要な交換要員はハニガーとNO.1プロスペクト?
  13. ヤンキースのソニー・グレイ獲得交渉は停滞・・・アスレチックスはトッププロスペクトを要求
  14. ヤンキースがソニー・グレイ獲得へ前進か!アスレチックスが要求を落とし進展

トレード交渉の日別最新動向

ソニー・グレイのトレード交渉に関する最新動向です。随時、情報を更新していきます。

2017年7月30日の最新情報の一覧

スポンサーリンク

午前5時16分:MLBネットワークのジョン・モロシ氏

In Sonny Gray trade talks between #Yankees and #Athletics, Oakland believed to prefer Florial over Frazier because of defense in CF.

引用元:Jon Morosi Twitter

「アスレチックスはクリント・フレイジャーよりも、エステバン・フロリアルのほうを、より好んでいる」と考えられていて、「センターでの守備力が理由」とモロシ氏は伝えています。

午前7時43分:MLBネットワークのジョン・モロシ氏

OFFICIAL: Sonny Gray has been scratched from Sunday's start. Talks with #Yankees remain ongoing.

引用元:ジョン・モロシ氏 Twitter

ソニー・グレイは現地の7月30日の日曜日に先発する予定だったのですが、それが変更になりました。そのことに加えて、ヤンキースとアスレチックスの間で交渉が継続していることが伝えられています。

午前7時46分:MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏

この情報に対して、さらにMLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏が以下のように付け加えています。

Yankees remain favorites. Source says A's are no longer insisting on Torres/Frazier. Seems like they're moving closer.

引用元:マーク・フェインサンド氏 Twitter

「ヤンキースがソニー・グレイ争奪戦における最有力候補のままである」ことと、「アスレチックスがトーレス/フレイジャーを、今は要求していない」ことを伝えた上で、合意に近づいているように思えるとフェインサンド氏は述べています。

アスレチックスが要求を落としたことにはなるのですが、ただ妥協しているというよりも、「センターを守れる外野手」ということに大きな優先順位があることが理由のようです。

午前7時51分:MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏

No. Hard to see them getting Gray without Florial being involved.

引用元:マーク・フェインサンド氏 Twitter

ヤンキースも、エステバン・フロリアルを非常に高く評価しているため、予断を許さない面はあるのですが、MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏<は、フロリアルをパッケージに含めないと、合意に達するのは難しいだろうと展望しています。

午前9時30分:FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏

so there's been progress with yanks-a's on sonny talk. but some work to do still if they are going to complete deal.

引用元:ジョン・ヘイマン氏 Twitter

「ヤンキースとアスレチックスの間で、ソニー・グレイのトレード交渉が進展している」ことが伝えられています。ただ、完全な合意に達するためには、解消しなければならない問題が幾つか残っているようです。

午前9時32分:ESPNのバスター・オルニー氏

The Athletics and Yankees continue to talk about Sonny Gray. Both sides making concessions, but haven't reached agreement yet.

引用元:バスター・オルニー氏 Twitter

アスレチックスとヤンキースがソニー・グレイの交渉を続けていて、両チームともにすでに譲歩しているとのことです。ただ、まだ合意には達していないと、オルニー氏は付け加えています。

午前9時35分:ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏

Sense I get is #Yankees and #Athletics closing gap on Gray, but NYY working on other things tonight too. Littell might not be in Gray talks

引用元:ジョエル・シャーマン氏 Twitter

ソニー・グレイの交渉において、ヤンキースとアスレチックスの間に存在したギャップが縮まりつつあるようです。ただ、ヤンキースは他にも動きがあるためか、グレイの交渉だけに専念しているわけではないようです。

このトレードの交換要員の交渉において、ヤンキースのNO.22プロスペクトである2Aのザック・リッテル(Zack Littell)は含まれていないかもしれないと、具体的な選手名も言及されています。

午前9時37分:USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール氏

The #Yankees still the leading candidate to land #Athletics ace Sonny Gray, and optimism on both sides a deal will be completed

引用元:ボブ・ナイチンゲール氏 Twitter

「ヤンキースがソニー・グレイ争奪戦の本命」であることと、「ヤンキースとアスレチックスの両チームともに、トレード合意に向けて楽観的な見通しを持っている」ことが伝えられています。

これらの情報を総合すると、かなりヤンキースとアスレチックスの交渉は進展していて、大枠は合意に達している可能性がありそうです。後は、細部の部分において調整しているという段階なのかもしれません。

午前10時18分:MLBネットワークのケン・ローゼンタール氏

I’m also not buying that the Yankees can pivot to Lance Lynn or Jaime Garcia as a reasonable alternative; each is a potential free agent, and the Yankees need rotation help beyond this season.
The Dodgers seemingly are the most serious threat to the Yankees on Gray, but as per their custom at the deadline, they are working numerous other angles. Gray, Rangers ace Yu Darvish and Orioles closer Zach Britton are the Dodgers’ three main targets, according to sources. If the team cannot land one at a price it deems acceptable, it simply will drop down to the next rung of talent.
Who else? The Astros and Brewers are not serious players for Gray, sources say. The Braves’ recent contact with the Athletics has been limited. The Cubs want Gray but do not appear to line up with the A’s, not after trading two of their top prospects for Jose Quintana.

引用元:ケン・ローゼンタール氏 FACEBOOK

「ヤンキースは来季以降も戦力になる投手を獲得しようとしているので、レンタル選手のランス・リンやハイメ・ガルシアに方向転換することはないだろう」とローゼンタール氏は、ソニー・グレイに集中すると予想しています。

そのヤンキースに脅威となる可能性があるチームとして、ダルビッシュ、ザック・ブリットンともに、ソニー・グレイをトップ3ターゲットにしているドジャースが言及されています。

アストロズ、ブルワーズ、ブレーブスは関心はあるものの、交渉が深く進展していはいないようで、カブスもホセ・キンタナでプロスペクトを放出したこともあり、深く関与していないようだと、ローゼンタール氏は述べています。

これまでソニー・グレイの獲得に関心を示していたと言われるチームが軒並み、撤退に近い状態となっています。逆転の可能性があるのはドジャースですが、強いこだわりがあるわけではなく、状況次第でダルビッシュやブリットンに切り替える方針だとされています。

そのためヤンキースがこのままソニー・グレイの獲得にこぎつける可能性が高そうです。

午後2時49分:YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏

YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏のツイートです。

Sources: If a deal for Jaime Garcia is completed, Yankees still in the market for another starter, with Sonny Gray at the top of their list.

引用元:YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏

YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏が情報筋から得た内容によると「ハイメ・ガルシアのトレード」にヤンキースが深く入り込んでいるようです。仮にこの「ガルシアのトレードが合意に達しても、ヤンキースは他の先発投手の動きは続けることになり、その候補リストのトップはソニー・グレイ」とのことです。

詳しくは「ヤンキースがハイメ・ガルシアの獲得に近づく!ソニー・グレイのトレードはどうなる?」で、このトレードについてまとめています。

午後22時34分:YESネットワークのジェイク・カリー氏

YESネットワークのジェイク・カリー氏はヤンキースがハイメ・ガルシアを獲得したものの、引き続きソニー・グレイの獲得に動いていると伝えています。

Yankees say they have obtained LHP Jaime Garcia from Twins for LHP Dietrich Enns and RHP Zack Littell. They are still pursing Sonny Gray.

引用元:YESネットワークのジェイク・カリー氏

2017年7月31日の最新情報の一覧

スポンサーリンク

FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏

Even after landing Jaime Garcia from the Minnesota Twins, the Yankees have kept their focus on Gray as their top rotation target, and both sides have compromised over the past several days to a point where a trade looks probable. The A’s dropped their request for either Gleyber Torres or Clint Frazier, but the Yankees have a deep prospect stash, including Estevan Florial, James Kaprielian, Justus Sheffield, Dustin Fowler, Jorge Mateo and many others.

引用元:Heyman | Yankees and A’s remain engaged on Gray trade talks

「ハイメ・ガルシアを獲得した後も、ソニー・グレイの獲得にフォーカスしていて、さらに両チームともに譲歩していて、トレード成立が可能な段階まできている」とのことです。

具体的には「アスレチックスがトーレス、フレイジャーを要求するのをやめた」とのことです。他にもヤンキースにはエステバン・フロリアル、ジェームズ・カプリエリアン、ユスタス・シェフィールド、ダスティン・ファウラー、ホルヘ・マテオら有望株が多くいるため、拘る必要が無いと判断したのも背景にあるようです。

ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏

ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏は交渉が、ココに来て停滞気味になっていることを伝えています。

Whatever the reality, there was less optimism being expressed Sunday afternoon that a deal would be completed between the A’s and Yankees than 24 hours earlier, when some involved used the word “inevitable” Gray would end up in The Bronx.

引用元:Yankees, A’s in Sonny Gray stalemate without a guaranteed blink

「24時間前に比較してソニー・グレイのトレード合意の観測は楽観的なものではなくなった」とのことです。一時は成立は必然とまで表現する情報筋があったようですが、そこから後退した状況のようです。

ブライアン・キャッシュマンGM、ビリー・ビーン副社長ともに、頭の中に描いている適正価格があり、互いに譲れないラインでぶつかっているようです。

シャーマン氏によると、キャッシュマンGMは、グレイバー・トーレス、クリント・フレイジャーに続く次のレベルのプロスペクトを交渉に含めることを嫌がっているとのことです。

The Yankees have never been willing to discuss their elite prospects such as Gleyber Torres and Clint Frazier. But executives who speak with Cashman say he has been reticent to discuss the next level down also, especially putting multiple pieces from that group into one deal.

引用元:Yankees, A’s in Sonny Gray stalemate without a guaranteed blink

この情報が正しければ、ホルヘ・マテオ、ユスタス・シェフィールド、ダスティン・ファウラーなどは、交換要員のパッケージにしたくないと考えている可能性があります。

アスレチックス側からするとグレイバー・トーレス、クリント・フレイジャーから降りて、交渉していますので、これ以上譲歩するかは不透明と言えそうです。

午前11時5分:ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏

ヤンキースはダルビッシュの獲得には強くプッシュしていないし、バーランダーは年俸が嵩すぎるので選択肢ではないようです。そのため現状では「ソニー・グレイを獲得する」か「先発投手の大型補強はない」かのどちらかになりそうな様相とのことです。

午後22時35分:ESPNのジェリー・クラスニック氏

#Yankees and #Athletics are “close enough to get over the hump” today on a Sonny Gray deal, says source. Still gonna take some compromise.

引用元:ESPNのジェリー・クラスニック氏

ヤンキースとアスレチックスは、ソニー・グレイのトレード成立の壁となっていた問題を越える方向に近づいていると情報筋が伝えているようです。ただ、まだ互いに譲歩がまだ必要な状況とのことで、予断を許しません。

多くの専門家が伝えていますが、一番最初に伝えたのはYESネットワークのジェイク・カリー氏です。

ヤンキースはソニー・グレイに加えて、150万ドルのインターナショナルスロットも獲得しています。

アスレチックスが受け取る見返りは、ヤンキース内NO.4のダスティン・ファウラー、NO.8のホルヘ・マテオ、NO.12のジェームズ・カプリエリアンの3人となるようです。

Yankees give up their No. 4 (Fowler), No. 8 (Mateo) and No. 12 (Kaprielian) prospects, but hang on to the guys they most wanted to protect.

引用元:MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏

この後、正式にトレードの成立がアナウンスされています。

これでヤンキースの先発ローテは大幅にグレードアップし、アスレチックスは外野手2人と投手のプロスペクトを獲得することに成功しました。

ヤンキースは今季はもちろんのこと、2018年に向けても大きな補強となりました。来季もセベリーノ、グレイ、田中将大、モンゴメリーの4人がチームに残ることになるためです。

情報は随時アップデートしていきます。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ