シアトル・マリナーズがフェルナンド・ロドニーと2年1400万ドルで合意!!

シアトル・マリナーズが重大な懸案事項の一つである信頼できるクローザーの不在を解消するめどがつく補強に成功したようです。

レイズからFAとなっていたクローザーのフェルナンド・ロドニーと2年1400万ドルで合意したことを、複数のアメリカメディアが伝えています。

マリナーズはクローザー候補として26歳のダニー・ファーカーと30歳のトム・ウィルヘルムセンがいましたが、かなり不安視されていました。

というのも、この2人は、2013年の成績はダニー・ファーカーが46試合55.2回で防御率4.20/16セーブ2ホールド/奪三振79/WHIP1.19で、2013年前半にクローザーを務めたトム・ウィルヘルムセンが59試合59.0回で防御率4.12/24セーブ2ホールド/奪三振45/WHIP1.32に終わっています。

そのためマリナーズは投手有利で守りが重要な本拠地でありながら、1点差ゲームと延長戦に弱いという致命的な弱点を抱えていました。

その解決に向けて大きな助けとなりそうなフェルナンド・ロドニーの獲得です。そのフェルナンド・ロドニーの成績や持ち球などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

36歳ながらも100マイル超のファーストボールで高い奪三振率のフェルナンド・ロドニー

フェルナンド・ロドニーの年度別成績は以下の表のとおりとなっています。

フェルナンド・ロドニーの年度別成績

フェルナンド・ロドニーは3月で37歳となりますが、2013年のシーズンは68試合66.2回を投げて、防御率3.38/5勝4敗37S/奪三振82/WHIP1.34という成績を残しています。

36歳となった2013年にもファーストボールの最速は100マイル(約160キロ超)を記録するなど、年齢による衰えは感じさせず、奪三振率11.07被打率.211という数字を残しています。

持ち球は、かつてはスライダー、シンカー、カーブも試したようですが、うまくいかなかったようで、フォーシーム、チェンジアップ、ツーシームの3つとなっています。

フォーシームとツーシームはともに2013年でも最速100マイル(約161キロ)平均でも96.3マイルから96.5マイル(155.5-155.3キロ)を記録しています。そして平均83.5マイル(平均134.4キロ)のチェンジアップで緩急をつけています。

年齢は高いものの、球速はこの数年変わっていませんので、2014年もある程度期待ができそうなフェルナンド・ロドニーです。

接戦に弱かったためMLB屈指のダブルエースも勝ち星が増えず

マリナーズの2013年は、1点差のゲームでは19勝29敗、延長に入った試合では6勝15敗と接戦に弱いということがわかる数字が残っています。

そのためフェリックス・ヘルナンデス岩隈久志とというMLB屈指のダブルエースとの米メディアの評価があった2人も勝ち星を伸ばすことができませんでした。

岩隈が勝ち投手の権利をもってマウンドをおりながら、逆転されたり、同点にされたりして、勝ち星がつかなかったことは1度や2度でありませんでした。

そのマリナーズにとってかなり大きいフェルナンド・ロドニーの獲得となりそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ