レッドソックスがマイク・ファイヤーズに関心!複数球団による争奪戦に

地区3位ではあるものの41勝58敗と大きく負け越し、再建途上のチーム状態もあり、今年のトレード期限前も「売り手」になることが確実なのが、デトロイト・タイガースです。

ただ、昨シーズン中に主力級の選手は放出していることもあり、多くのチームの関心を集めるようなトレード要員は多くありません。

先発投手のマイケル・フルマーが最も関心を集めていて、復活の兆しを見せているジョーダン・ジマーマンなどもトレード市場で名前が出ていました。しかし、ここにきてバックエンドタイプの投手としてタイガースのマイク・ファイヤーズに複数球団が関心を示しているようです。

スポンサーリンク

タイガースのマイク・ファイヤーズに複数球団が関心

ESPNのバスター・オルニー氏が以下のように伝えています。

先発ローテ補強の候補としてデトロイト・タイガースのマイク・ファイヤーズをレッドソックスをはじめとする複数球団が調査しているとのことです。

マイク・ファイヤーズは2015年シーズン途中にカルロス・ゴメスとともにアストロズに移籍し、2017年シーズン終了後にFAとなるまで、ほぼ先発ローテの一角として起用されました。

ただ、残した成績は素晴らしいものとは言えず、2016年は31試合168回2/3で防御率4.48、2017年は29試合153回1/3で防御率5.22に終わり、移籍した2015年に62回1/3で防御率3.22を記録した以外はいまいちでした。

2017年シーズン終了後にFAとなったのですが、デトロイト・タイガースと1年600万ドルの契約で合意し移籍しました。

その2018年は7月21日のレッドソックス戦を終えた時点で、19試合111回で防御率3.49、WHIP1.24、奪三振率6.65、与四球率1.95という成績を残しています。

ただ、FIP(Fielding Independent Pitching:味方の守備の影響を排除して投手の実力を測るために使用される疑似防御率。被本塁打、与四球、奪三振などをベースに算出)は、それほど良くないため、運に助けられている面があるとは考えられます。

それでも先発ローテをバックエンドで守り、ある程度のイニングを消化してくれるることは十分に計算できる投手のため、シーズン終盤の過酷なスケジュールをクリアしていく上で価値を生み出してくれる期待ができます。

年俸は600万ドルと安く、トレード期限前に獲得した場合には200万ドルから150万ドル程度の負担ですむと見込まれるため、補強予算の枠が多くは残っていないレッドソックスなどのニーズにマッチします。

またレッドソックスの場合にはクリス・セール、デビッド・プライス、リック・ポーセロの3人までは固定されていて、4人目、5人目の投手でやりくりに苦労しています。

ドリュー・ポメランツ、スティーブン・ライト、エドゥアルド・ロドリゲスらが故障者リストに入ったことで、ブライアン・ジョンソンを加えても4人しか先発投手がいない状態となっています。

この故障者リストに入っている3人のうち、スティーブン・ライト、エドゥアルド・ロドリゲスは今季中の復帰が微妙なのですが、ドリュー・ポメランツが7月24日に戦列に復帰する見込みとなっています。

ポストシーズンでは先発投手が4人いれば十分にローテを回せるため、ドリュー・ポメランツが復帰後にしっかりと投げてくれれば、必要なのはレギュラーシーズンを乗り切るための5番手先発投手となります。

ただ、ドリュー・ポメランツは離脱した時点で8試合37イニングで防御率6.81と低迷していたため、戦列に復帰しても良い投球ができるかどうかは不透明です。

ドリュー・ポメランツは7月24日に復帰登板できれば、トレード期限までに2試合は先発できる見込みです。その2試合の結果次第で、マイク・ファイヤーズのような5番手タイプか、それとも安定感のある3番手、4番手タイプを探すことになるのかの方向性が決まることが予想されます。

ぜいたく税の基準を年俸総額が4000万ドル超過した場合には、かなり重いペナルティが課されることになっていて、レッドソックスはそのライン目前まで膨れ上がっています。

ただ、レッドソックスはオーナー側が、ワールドシリーズ制覇のためには、そのペナルティも厭わずに、さらなる投資をする意向を示しています。

ボストン・レッドソックスはスティーブ・ピアースをトレードで獲得した時点で、年俸総額は2億3300万ドル前後に達したと見られ、最も重いペナルテ...

デーブ・ドンブロウスキー社長も、できるならば4000万ドル超過のペナルティは回避したい意向であることを明かしていますが、同時にそれが補強の制限とはならないとも述べています。

ドリュー・ポメランツのこれからの登板次第で、レッドソックスのトレード期限前の動きも定まってくることになりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています