ドジャースがダルビッシュを3人のプロスペクトで獲得!ダルビッシュ有のトレード最新情報

スポンサードリンク

1. ダルビッシュのトレード放出が決定するまでの報道

FOXスポーツ/MLBネットワークのケン・ローゼンタール氏が以下のようにツイートしています。

「レンジャーズはダルビッシュ有のトレードにおいて、質の高い見返りを得られることに確信を得た。他球団にダルビッシュをトレード放出することを伝え、すでに具体的な交換要員の選手についてやりとりが活発に行われている」とのことです。

各球団にはすでにダルビッシュを放出する際の交換要員を確認する動きを見せていましたので、交渉の進展はスムーズなものとなることが予想されます。

ドジャースが先発投手の補強に動いているのですが、「ダルビッシュ、ソニー・グレイ、そしてジャスティン・バーランダーの3人のうち1人は獲得できるという確信を得ているようだ」と伝えられていました。

【関連記事】ドジャースがダルビッシュらエリート先発投手の獲得に自信!MLBネットワークのリポータが速報

その続報に当たる内容をMLBネットワークのジョン・モロシ氏がツイートしています。

ドジャースは並行して交渉を行っているようですが、ソニー・グレイよりもダルビッシュの方が競合する相手が少ないようです。優勝を争う多くのチームが今季だけでなく、来季以降の戦力になる投手を優先していることの影響だとモロシ氏は付け加えています。

投手としての力量は間違いなくダルビッシュがNO.1ですが、2019年まで契約が残るソニー・グレイのほうが激しい争奪戦にはなっているようです。

ドジャースは、ダルビッシュに強い関心を示していると報じられていました。そしてダルビッシュが必要だと、獲得をプッシュする地元メディアの声もあるなど、移籍先の有力候補です。

【関連記事】ドジャースにダルビッシュが必要な理由とは?地元メディアが獲得を強くプッシュ

ドジャースからするとダルビッシュを獲得することで、今季終了後のFA市場での動きを見定める上でのメリットもあります。

移籍後に良い選手で、医学的な検査なども行って大丈夫だとドジャースのフロント陣が判断すれば、シーズン終了までに契約延長を試みることができます。

さらに、シーズン終了後のFA市場で投手と野手を合わせたNO.1評価が予想されるダルビッシュに、どこまで資金を投入するかを判断する上での正確な情報を収集することが可能になります。

資金面では一切の不安がなく、ドジャースが本気を出した場合に互角に戦えるのはヤンキースくらいです。ただ、そのヤンキースはぜいたく税のことを念頭においているため、青天井ではありません。

ドジャースにとっては、シーズン中の獲得は「レンタル選手」ではありますが、それ以上の意味合いもあると考えられるため、ダルビッシュの移籍先の有力候補として注目したいチームです。

他にはヤンキースはスカウトを送り、前々回の登板を視察していて、ロイヤルズはダルビッシュについてレンジャーズに問い合わせたとされています。アストロズの名前を言及するメディアも少なくありません。

2. ダルビッシュのトレードに関する最新動向

ダルビッシュのトレードに関する最新動向を日別に更新しています。

2017年7月28日のトレード交渉に関する最新情報

ダルビッシュの移籍先の有力候補の一つであるドジャースについて、以下のような情報をMLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏は伝えています。

Source: Rangers very high on Dodgers OF prospect Alex Verdugo. “If the Dodgers will trade Verdugo, then Darvish is probably going to L.A.”

引用元:MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏

「レンジャーズはドジャースの3A外野手のアレックス・バーデュゴをとても高く評価」しているため、「ドジャースが手放す決断をすれば、ダルビッシュはロサンゼルスに行くことになるだろう」と、情報筋は話しているとのことです。

アレックス・バーデュゴはドジャース内ではコディ・ベリンジャー、ヤディール・アルバレスに次ぐNO.3プロスペクトです。今季の開幕前のプロスペクトランキングでは、ベースボール・アメリカがMLB全体で58位、ベースボール・プロスペクタスが66位、MLB公式サイトが61位にランクする質の高いプロスペクトです。

ドジャースの外野はジョク・ピーダーソン、ヤシエル・プイグ、今季ブレイク・アウトしているクリス・テイラー、エイドリアン・ゴンザレスが復帰すると外野にまわることが濃厚なコディ・ベリンジャーといます。

さらにスコット・バンスライク、トレイス・トンプソンなども3Aに控えていますので、放出できない選手ではありません。ただ、当然のことながらドジャースのフロントも能力を高く評価していますので、どう判断するか注目されます。

2017年7月29日のトレード交渉に関する最新情報

FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏は以下のように伝えています。

The Dodgers’ preferred pitching target remains Yu Darvish, according to sources — though word is they aren’t likely to surrender their very top prospects in any deal.

Sonny Gray appears to be more of a fallback candidate for L.A., according to people with ties to the Dodgers.

引用元:Heyman | Dodgers prefer Darvish but price could be prohibitive

情報筋によると、ドジャースはソニー・グレイよりもダルビッシュの獲得にプライオリティを置いているとのことです。ただ、ドジャースはトッププロスペクトの放出には応じる姿勢ではないとのことです。

昨日の情報ではドジャースのアレックス・バーデュゴをレンジャーズが気に入っていて、交換要員として放出すれば、高い確率でダルビッシュを獲得できるとのことでした。しかし、ドジャースGMはアレックス・バーデュゴの放出には否定的なスタンスです。

この部分で折り合いをつけることができるかが焦点となっています。争奪戦となっているソニー・グレイですが、ドジャースにとってはダルビッシュ獲得に失敗した場合の選択肢ということで、かなり高い評価をしていることがうかがえます。

またヘイマン氏は以下のようなチームがダルビッシュ争奪戦に参加していると伝えています。

The Yankees, Astros and Cubs also have some interest in Darvish, as do others.

引用元:Heyman | Dodgers prefer Darvish but price could be prohibitive

ヤンキース、アストロズ、カブスも関心を示しているとのことです。

FOXスポーツ/MLBネットワークのケン・ローゼンタール記者は、自身のFacebookへの投稿で以下のように伝えています。

It is not certain that Darvish would approve a deal to clubs on his 10-team no-trade list – two of which, the Cubs and Indians, are believed to be interested in him.

引用元:Ken Rosenthal – Facebook

ダルビッシュが保持するトレード拒否権の対象となっている、カブスとインディアンスがダルビッシュに関心を持っていると考えられているようです。

ローゼンタール氏によるとダルビッシュのトレード拒否権の対象チームは以下のとおりとなっています。

  1. オークランド・アスレチックス
  2. クリーブランド・インディアンス
  3. コロラド・ロッキーズ
  4. シカゴ・カブス
  5. シカゴ・ホワイトソックス
  6. デトロイト・タイガース
  7. トロント・ブルージェイズ
  8. ピッツバーグ・パイレーツ
  9. ボストン・レッドソックス
  10. ボルティモア・オリオールズ

ローゼンタール氏は、ヤンキースとドジャースもダルビッシュ獲得に関心があると伝えています。

Other teams, most notably the Dodgers and Yankees, also want Darvish. But negotiations with both those clubs also might be difficult, given their reluctance to part with top prospects.

引用元:Ken Rosenthal – Facebook

ただ、ヤンキースとドジャースともにトッププロスペクトの放出には応じない姿勢であることが、障害となるかもしれないとローゼンタール氏は付け加えています。

MLBネットワークのジョン・モロシ氏が以下のように伝えています。

Sources: #Dodgers remain optimistic they will land Darvish or Gray but have shown interest in Dan Straily as backup option.

引用元:MLBネットワークのジョン・モロシ氏

「ドジャースは引き続き、ダルビッシュかグレイのどちらかを獲得することに楽観的な見通しを持っている」とのことです。ただ、ドジャースはバックアッププランとして、マーリンスのダン・ストレイリーにも関心を示しているようです。

2017年7月30日のトレード交渉に関する最新情報

スポンサーリンク

FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏は以下のようにツイートしています。

Sources: #Dodgers’ three main targets are Darvish, Gray, Britton. Not necessarily in that order; decisions likely hinge on asking prices.

引用元:FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏

ドジャースのこのトレード期限前のトップターゲットはダルビッシュ、ソニー・グレイ、そしてオリオールズのザック・ブリットンであること。そしてこの名前を上げた順番が優先順位というわけではないと付け加えています。

この3人の中で大きく優劣をつけるというよりは、必要となる見返りがリーズナブルなものかどうかが、最終的な決断を大きく左右することになるようです。

FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏が以下のように伝えています。

It has become increasingly likely that the Texas Rangers trade star pitcher Yu Darvish, according to people familiar with the situation.

Darvish’s availability has been a subject of debate in recent days, as the Rangers have remained on the cusp of the wild-card race, but interested teams suggest ramped-up negotiations suggest the Rangers are serious about selling their ace pitcher.

The Dodgers, Yankees and Astros are seen as the favorites to land Darvish, though there are said to be a couple other teams in on the derby.

引用元:Heyman | Darvish trade becoming increasingly likely

ダルビッシュのトレード交渉に詳しい情報筋によると、レンジャーズ側はトレード放出にかなり本腰を入れて交渉を行っているととのことです。そのダルビッシュ争奪戦においてドジャース、ヤンキース、アストロズが移籍先の有力候補も、他に数チームも関心を示しているとのことです。

ヘイマン氏は同記事の中で、ダルビッシュはドジャースにとってトップターゲットで、ヤンキースはソニー・グレイに次ぐターゲットに位置づけていると伝えています。

YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏が、ダルビッシュがキャリワーストとなる10失点を喫した理由についてツイートしています。

投球フォームのクセで球種がバレていたようです。2人のスカウトと1人の球団幹部が「マーリンズはダルビッシュが何を投げようとしているのか知っていた。ファーストボールを投げる時は両手の動きに、僅かに「間」ができていたようです。

そしてこの情報にダルビッシュも感謝しています。

原因がわかっていれば修正できるタイプの投手のため、この問題を引きずることはなさそうです。

FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏のツイートです。

doesnt sound like yanks have gotten deep into darvish talks. appears texas can get more elsewhere. dodgers seem logical, but there r others.

引用元:FanRag Sportsのジョン・ヘイマン氏

ヤンキースはダルビッシュのトレード交渉には、深くは立ち入っていないようで、レンジャーズは他チームとの交渉に動くことになるようだと、ヘイマン氏は伝えています。

ドジャースが最も合理的なトレード先ではあるものの、他にも関心を示している球団がいるとのことです。

MLB公式サイトでレンジャーズを担当しているTRサリバン氏が以下のようにツイートしています。

Dodgers and Yankees in on Darvish but there apparently is a third team interested that nobody was expecting. Not sure who it would be

引用元:MLB公式サイトのTRサリバン氏

『ドジャースとヤンキースがダルビッシュの獲得に絡んでいるが、誰も予期していなかった「第3のチーム」が明らかに興味を示している。どのチームなのかはわからない』と、新たに第3のチームが本格的な交渉に絡んできているようです。

これまでアストロズ、カブス、ナショナルズなどが関心を示していると報じられていましたが、TRサリバン氏の得た情報によると、それらのチームではないようです。

レンジャーズの地元メディアであるフォートワース・スターテレグラムのジェフ・ウィルソン氏が以下のように伝えています。

#Rangers execs told Yu Darvish last weekend what may happen by tomorrow’s trade deadline. Club believes it has chance to trade/re-sign him.

引用元:フォートワース・スターテレグラムのジェフ・ウィルソン氏

「レンジャーズの幹部は先週末の時点で、月曜日のトレード期限前に起こりることについて、ダルビッシュ有本人に話をしていた」とのことです。今回は契約延長が難しい状況のため、トレード放出を選んだものの、シーズン終了後に再契約に動く意志をレンジャーズは持っているようです。

同じくフォートワース・スターテレグラムのジェフ・ウィルソン氏のツイートです。

Was told Cubs aren’t heavily involved on Yu Darvish. It’s Dodgers, Yankees, and, according to @Sullivan_Ranger, a third club.

引用元:フォートワース・スターテレグラムのジェフ・ウィルソン氏

ウィルソン氏もドジャースとヤンキースが深く関わっていることが確認できているものの、3チーム目までは確認できなかったようです。ただ、カブスは「深く」は関わっていないようです。

ダラス・モーニング・ニューズのエバン・グラント氏のツイートです。

What I know this morning: Yankees and Dodgers remain interested in Darvish as they have all along. What I think: Cleveland also

引用元:ダラス・モーニング・ニューズのエバン・グラント氏

ヤンキースとドジャースはずっと関心を持っていて、現在もその状態が続いていること。そしてエバン・グラント氏は「第3のチーム」はクリーブランド・インディアンスではないかと推測しています。

さらにエバン・グラント氏は「第3のチーム」に関してツイートしています。

Astros have expressed interest, too. Rangers see that as most difficult deal to complete

引用元:ダラス・モーニング・ニューズのエバン・グラント氏

アストロズも関心を示しているものの、レンジャーズ側の感触としては、合意に至るまでのステップがあまりふめていないのか、最もトレードを成立させるのが難しい相手となっているようです。

2017年7月31日のトレード交渉に関する最新情報

MLBネットワークのジョン・モロシ氏が以下のようにツイートしています。

「第3のチーム」としてインディアンスの名前を、ダラス・モーニング・ニューズのエバン・グラント氏が推測で言及していましたが、モロシ氏は情報筋から情報を得たようです。

インディアンスは昨年も、アンドリュー・ミラーを獲得するなど、プロスペクトは抱えていますので、ドジャースとヤンキースにとって侮ることのできない存在となりそうです。

MLBネットワークのケン・ローゼンタール氏が以下のようにFACEBOOKに投稿しています。

As of early Monday morning, the Rangers had not asked Darvish if he would waive his no-trade rights for the Indians or any other club, sources said. Such a process likely would need to be initiated well before the deadline, to give Darvish sufficient time to make a decision.
The Cubs, Red Sox and Rockies are the only other teams above .500 on Darvish’s no-trade list, and none is believed to be making a strong push for the right-hander.
The Dodgers and Yankees reportedly are the teams hottest on Darvish, and the Rangers can send him to either without restriction. Both clubs, while fluid in trade discussions, appear to be placing a higher priority on other pursuits.

トレード期限当日となる月曜日の朝の時点で、ダルビッシュはレンジャーズ幹部から「トレード拒否権を行使するかどうか」について尋ねられてはないとのことです。拒否権の対象チームであれば、選手に検討する時間を与えるために、ある程度早い段階で打診をするのが一般的です。しかし、それは行われていないとのことです。

勝率5割を切るチームがレンタル選手のダルビッシュを獲得に動くメリットはありません。勝率5割を越えていて、ダルビッシュのトレード拒否権の対象となっているのが、カブス、レッドソックス、ロッキーズ、インディアンスだとローゼンタール氏は指摘します。

そして、それらのチームはダルビッシュ獲得に本腰を入れてはないようだと述べています。

現時点でもっともホットにダルビッシュに動いているのはドジャースとヤンキースで、この両チームにはダルビッシュの同意なしにレンジャーズは放出することができます。ただ、このヤンキースとドジャースはともに他のターゲットの獲得に注力していると述べています。

ドジャースはザック・ブリットン、ヤンキースはソニー・グレイに力を入れているため、これらの交渉次第でダルビッシュのトレードも進展する状況のようです。

仮にドジャースとヤンキースがそれぞれブリットンとグレイを獲得した場合には、有力候補が消えることになるのですが、それでもレンジャーズは質の高いプロスペクトを獲得するトレード成立に楽観的な見通しをもっているようです。

The Rangers remain confident that they will trade Darvish, in part because the threshold for a satisfactory return is lower due to the new collective-bargaining agreement.

レンジャーズの「満足できる基準」というのはそんなに高くないようです。その背景にはダルビッシュにクオリファイング・オファーを出しても、代償として手にできるのはドラフトの全体70番目前後の指名権にしかならないため、「売りたい」という圧力が高まっていることがあるようです。

ESPNのジム・ボウデン氏が以下のようにツイートしています。

#Indians #Rangers have talked about a Yu Darvish for Francisco Mejia type deal according to sources.

引用元:ESPNのジム・ボウデン氏

インディアンスとレンジャーズがダルビッシュの交換要員として、フランシスコ・メヒアを放出するようなタイプのトレードについて交渉しているとのことです。

フランシスコ・メヒアは2Aの捕手で、インディアンスのNO.1プロスペクトで、MLB全体でも16位にランクされている、かなり質の高いプロスペクトです。

ドジャースとヤンキースはトッププロスペクトの放出に否定的なスタンスのため、フランシスコ・メヒアが交渉のテーブルに上がっているとするならば、オファーとしてはインディアンスが頭一つ以上抜き出ている可能性が高くなりました。ただ、インディアンスはダルビッシュのトレード拒否権の対象チームです。

2017年8月1日のトレード交渉に関する最新情報

スポンサーリンク

USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール氏が以下のように伝えています。

It's now looking like #Rangers Yu Darvish to the #Dodgers or nowhere, barring last minute surprise, exec says

引用元:USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール氏

最後にサプライズといえるような展開がない限り、ダルビッシュは「ドジャースに移籍」か「残留」のどちらかになる見込みとのことです。

トレード期限が過ぎた15分後にダルビッシュのトレードが明らかになりました。

FOXスポーツ/MLBネットワークのケン・ローゼンタール記者が以下のようにツイートしています。

MLBネットワークのジョン・モロシ氏も、この情報を確認しているため、間違いない情報のようです。

#Dodgers have acquired Yu Darvish from #Rangers, source confirms

引用元:MLBネットワークのジョン・モロシ氏

最後の最後にドジャースが獲得にこぎつけ、クレイトン・カーショー、ダルビッシュ有の夢のNO.1-2コンビを先発ローテに抱えることになりました。

ジョン・モロシ氏によると、レンジャースが見返りとして手にする選手についてはドジャースのトッププロスペクトであるアレックス・バーデュゴは含まれないようです。

フォートワース・スターテレグラムのジェフ・ウィルソン氏によると、ドジャースのNO.4プロスペクトで、二塁と外野をポジションとするウィリー・カルフーンが交換要員とのことです。

MLB公式サイトのTRサリバン氏によるとウィリー・カルフーンがパッケージの中心で、その他に2人の選手を加えた1対3のトレードで合意に達したとのことです。

YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏がトレードの全容をツイートしています。

Rangers’ return for Darvish is Willie Calhoun, A.J. Alexy and Brendon Davis.

引用元:記事タイトル

MLB公式サイトの最新のプロスペクトランキングでは、ウィリー・カルフーンがNO.4、A.J.アレクシーがNO.17、ブレンドン・デービスがNO.27にランクされています。ドジャースのプロスペクトの層は厚いため、チーム内のトップ30に入るのも簡単ではありませんが、その中から3人をレンジャーズは獲得したことになります。

ダルビッシュのトレードに関する最新情報はこのページで随時アップデートしていきます。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ