クオリファイングオファー(1790万ドル)は6名拒否・1名受諾に

メジャーリーグでは2012-2016の労使協定からクオリファイング・オファーが導入されています。

そのクオリファイング・オファーについてまとめています。

スポンサーリンク

クオリファイング・オファーの推移

シーズン別のクオリファイング・オファーの金額と提示された選手の動向と契約の一覧です。

初回更新日:2018年10月16日
最終更新日:2018年11月14日

2013年:1330万ドル(9名)全員拒否

2012-13シーズンオフのクオリファイング・オファーは1330万ドルに設定されました。

PLAYER POS FORMER NEW CONTRACTS
マイケル・ボーン OF ATL 拒否→CLE:4年4800万ドル
ジョシュ・ハミルトン OF TEX 拒否→LAA:5年1億2500万ドル
黒田博樹 SP NYY 拒否→NYY:1年1500万ドル
アダム・ラローシュ 1B WSH 拒否→WSH:2年2400万ドル
カイル・ローシュ SP STL 拒否→MIL:3年3300万ドル
デビッド・オルティーズ DH BOS 拒否→BOS:2年2900万ドル
ラファエル・ソリアーノ RP NYY 拒否→WSH:2年2800万ドル
ニック・スウィッシャー OF/1B NYY 拒否→CLE:4年5600万ドル
B.J.アップトン OF TBR 拒否→ATL:5年7250万ドル

2014年:1410万ドル(13名)全員拒否

2013-14シーズンオフのクオリファイング・オファーは1410万ドルに設定されました。13選手がクオリファイング・オファーを提示され、全員が拒否しています。

PLAYER POS FORMER NEW CONTRACTS
ロビンソン・カノ 2B NYY 拒否→SEA:10年2億4000万ドル
黒田博樹 SP NYY 拒否→NYY:1年1600万ドル
カーティス・グランダーソン OF NYY 拒否→NYM:4年6000万ドル
マイク・ナポリ 1B BOS 拒否→BOS:2年3200万ドル–
ジャコビー・エルズベリー OF BOS 拒否→NYY:7年1億5300万ドル
スティーブン・ドリュー SS BOS 拒否→BOS:1年1009万ドル
アービン・サンタナ SP KCR 拒否→ATL:1年1410万ドル
ウバルド・ヒメネス SP CLE 拒否→BAL:4年5000万ドル
ブライアン・マッキャン C ATL 拒否→NYY:5年8500万ドル
ネルソン・クルーズ DH TEX 拒否→BAL:1年800万ドル
ケンドリス・モラレス DH SEA 拒否→MIN:1年754万ドル
秋信守 OF CIN 拒否→TEX:1年1億3000万ドル
カルロス・ベルトラン OF STL 拒否→NYY:3年4500万ドル

2015年:1530万ドル(12名)全員拒否

2014-15シーズンオフのクオリファイング・オファーは1530万ドルに設定されました。

PLAYER POS FORMER NEW CONTRACTS
マックス・シャーザー SP DET 拒否→WSH:7年2億1000万ドル
ビクター・マルティネス DH DET 拒否→DET:4年6800万ドル
ハンリー・ラミレス SS LAD 拒否→BOS:4年8800万ドル
パブロ・サンドバル 3B SFG 拒否→BOS:5年9500万ドル
ジェームズ・シールズ SP KCR 拒否→SDP:4年7500万ドル
ラッセル・マーティン C PIT 拒否→TOR:5年8200万ドル
ネルソン・クルーズ DH BAL 拒否→SEA:4年5700万ドル
デビッド・ロバートソン RP NYY 拒否→CHW:4年4600万ドル
アービン・サンタナ SP ATL 拒否→MIN:4年5500万ドル
フランシスコ・リリアーノ SP PIT 拒否→PIT:3年3900万ドル
メルキー・カブレラ OF TOR 拒否→CHW:3年4200万ドル
マイケル・カダイヤー OF COL 拒否→NYM:2年2100万ドル

2016年:1580万ドル(20名)拒否16名・受諾3名・再契約1名

2015-16シーズンオフのクオリファイング・オファーは1580万ドルに設定されました。

PLAYER POS FORMER NEW CONTRACTS
ブレット・アンダーソン SP LAD 受諾→LAD:1年1580万ドル
チェン・ウェイン SP BAL 拒否→MIA:5年8000万ドル
クリス・デービス 1B BAL 拒否→BAL:7年1億6100万ドル
イアン・デズモンド SS WSH 拒否→TEX:1年800万ドル
マルコ・エストラーダ SP TOR 再契約→TOR:2年2600万ドル
デクスター・ファウラー OF CHC 拒否→CHC:1年1300万ドル
ヨバニ・ガヤルド SP TEX 拒否→BAL:2年2200万ドル
アレックス・ゴードン OF KCR 拒否→KCR:4年7200万ドル
ザック・グレインキー SP LAD 拒否→ARI:6年2億650万ドル
ジェイソン・ヘイワード OF STL 拒否→CHC:8年1億8400万ドル
岩隈久志 SP SEA 拒否→SEA:1年1200万ドル
ハウィー・ケンドリック 2B LAD 拒否→LAD:2年2000万ドル
イアン・ケネディ SP SDP 拒否→KCR:5年7000万ドル
ジョン・ラッキー SP STL 拒否→CHC:2年3200万ドル
ダニエル・マーフィー 2B/3B NYM 拒否→WSH:3年3750万ドル
コルビー・ラスマス OF HOU 受諾→HOU:1年1580万ドル
ジェフ・サマージャ SP CHW 拒否→SFG:5年9000万ドル
ジャスティン・アップトン OF SDP 拒否→DET:6年1億3275万ドル
マット・ウィータース C BAL 受諾→BAL:1年1580万ドル
ジョーダン・ジマーマン SP WSH 拒否→DET:5年1億1000万ドル

2017年:1720万ドル(10名)拒否8名・受諾2名

2016-17シーズンオフのクオリファイング・オファーは1720万ドルに設定されました。

PLAYER POS FORMER NEW CONTRACTS
マーク・トランボ OF BAL 拒否→BAL:3年3750万ドル
ジェレミー・ヘリクソン SP PHI 受諾→PHI:1年1720万ドル
ヨエニス・セスペデス OF NYM 拒否→NYM:4年1億1000万ドル
ニール・ウォーカー 2B NYM 受諾→NYM:1年1720万ドル
エドウィン・エンカーナシオン DH TOR 拒否→CLE:3年6000万ドル
ホセ・バティスタ OF TOR 拒否→TOR:1年1850万ドル
イアン・デズモンド SS TEX 拒否→COL:5年7000万ドル
デクスター・ファウラー OF CHC 拒否→STL:5年8250万ドル
ケンリー・ジャンセン RP LAD 拒否→LAD:5年8000万ドル
ジャスティン・ターナー 3B LAD 拒否→LAD:4年6400万ドル

2018年:1740万ドル(9名)全員拒否

2017-18シーズンオフのクオリファイング・オファーは1740万ドルに設定されました。

PLAYER POS FORMER NEW CONTRACTS
ジェイク・アリエッタ SP CHC 拒否→PHI:3年7500万ドル
ロレンゾ・ケイン OF KCR 拒否→MIL:5年8000万ドル
アレックス・カッブ SP TBR 拒否→BAL:4年5700万ドル
ウェイド・デービス RP CHC 拒否→COL:3年5200万ドル
グレッグ・ホランド RP COL 拒否→COL:1年1400万ドル
エリック・ホズマー 1B KCR 拒否→SDR:8年1億4400万ドル
ランス・リン SP STL 拒否→MIN:1年1200万ドル
マイク・ムスターカス 3B KCR 拒否→KCR:1年650万ドル
カルロス・サンタナ 1B CLE 拒否→PHI:3年6000万ドル

2019年:1790万ドル(7名)拒否6名・受諾1名

2018-19シーズンオフのクオリファイング・オファーの額は1790万ドルとなり、7名の選手が提示されました。その結果は、6名が拒否し、1名が受諾となりました。

PLAYER POS FORMER NEW CONTRACTS
ブライス・ハーパー OF WSH 拒否
クレイグ・キンブレル RP BOS 拒否
パトリック・コービン SP ARI 拒否
ダラス・カイケル SP HOU 拒否
柳賢振 SP LAD 受諾→LAD:1年1790万ドル
ヤスマニ・グランダル C LAD 拒否
A.J.ポロック OF ARI 拒否

マニー・マチャド、ザック・ブリットン、アンドリュー・マッカチェン、ジョシュ・ドナルドソンなどはシーズン途中でトレード移籍しているため、クオリファイング・オファーの対象外で、ネルソン・クルーズは以前にクオリファイングオファーを提示されたことがあるため、対象外となっています。

クオリファイングオファーを受けなかった主な選手はアンドリュー・ミラー、マイケル・ブラントリー、コディ・アレン、チャーリー・モートン、マーウィン・ゴンザレス、DJ・ルメイユ、アダム・オッタビーノ、エイドリアン・ベルトレ、アダム・ジョーンズなどとなっています。

クオリファイングオファーを提示された選手の2018年の年俸は以下のとおりとなっています。

  • ブライス・ハーパー:2172万5000ドル
  • ダラス・カイケル:1320万ドル
  • クレイグ・キンブレル:1305万ドル
  • ヤスマニ・グランダル:790万ドル
  • 柳賢振:783万3333ドル
  • A.J.ポロック:775万ドル
  • パトリック・コービン:750万ドル

11月2日が旧所属チームが提示できる期限で、11月12日が選手側がクオリファイングオファーの拒否・受諾を決断する期限でした。

クオリファイング・オファーを拒否した7選手を獲得するチームは以下のような補償を支払うことになります。

  1. 前シーズンにぜいたく税の基準を超過:「上位2番目と5番目の指名権」「インターナショナル・ボーナスプールの100万ドル」を失う。
  2. 前シーズンにぜいたく税の基準内で、レベニュー・シェアリングの対象外:1巡目より後に保有する指名権の「上位2番目の指名権」と「インターナショナル・ボーナスプールの50万ドル」を失う。もう一人同様の選手と契約した場合には3番目の指名権を失う。
  3. レベニュー・シェアリングの対象:「上位3番目の指名権」を失う。

1番目に該当するのがレッドソックスとナショナルズの2球団です。

2番目に該当するのがヤンキース、ジャイアンツ、ドジャース、カージナルス、カブス、レンジャーズ、メッツ、ブルージェイズ、ホワイトソックス、アストロズ、エンゼルス、フィリーズの12球団。

3番目に該当するのがアスレチックス、ブレーブス、ブルワーズ、ダイヤモンドバックス、インディアンス、マリナーズ、マーリンズ、オリオールズ、パドレス、パイレーツ、レイズ、レッズ、ロッキーズ、ロイヤルズ、タイガース、ツインズの16球団。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています