【MLB 2015年 FA】2014シーズンオフにFAとなるクローザーとリリーフ投手の一覧

どんなに良い先発ローテでも、リリーフやクローザーが不安定なチームは、接戦での取りこぼしが多くなってしまいます。

それは地区優勝やプレーオフ進出を目指すチームにとっては致命的なものとなってしまいますので、ウェイバー公示なしでのトレード期限となる7月31日に向けて、ブルペンに不安を抱えるチームはトレードでの補強に動いていきます。

そこでトレードの交換要員となりやすい、2014年シーズン終了後(2015年)にFAとなる選手の一覧をまとめています。今回はクローザー・リリーフ投手編です。

スポンサーリンク

昨年よりは豊富になりそうだが需要と供給のバランスはとれていない状況に

選手にはクラブに契約更新のオプションがあるもの、選手がある条件を満たすと自動的に更新されるもの、選手側が更新するか選択できるものなどがあります。またそれらの3つともが契約に組み込まれているものもあります。

2014年シーズン終了後にフリーエージェントとなるクローザー・リリーフ投手の一覧は以下のとおりとなっています。クローザーとなっている選手は、MLBでのキャリアの中で一定期間クローザーを務めたことがある選手です。

*年齢はシーズン終了後のものです。CL:クローザー RP:リリーフ投手

日本人メジャーリーガーでFAとなる予定の選手

日本人メジャーリーガーでFAとなる見込みの選手は以下の表のとおりです。

2015年(2014シーズンオフ)に日本人メジャーリーガーでFAとなる予定のクローザー・リリーフ投手の一覧表

日本人では上原浩治(レッドソックス)がFAとなります。年齢が年齢だけに複数年契約は難しいかもしれませんが、現在の調子を保ってシーズンを終えた場合には、1年契約+自動更新オプションなら十分に可能性がありそうです。

藤川球児(カブス)は2014年のどの段階で復帰できるかと、その後のパフォーマンスによりますが、カブスが契約更新のオプションを行使する可能性は低い状況です。

復帰後のパフォーマンスがある程度認められれば、メジャー残留を希望した場合に、メジャー契約となる可能性がありますが、和田毅と同じようにスプリング・トレーニングは招待選手でのマイナー契約となる可能性は十分にあると考えられます。

FAとなる資格を有していて契約更新のオプションがある選手

FAとなる選手で契約更新のオプションがある選手は以下の表のとおりとなっています。

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる資格を有していて契約更新のオプションがあるクローザー・リリーフ投手の一覧表

ラファエル・ソリアーノ(ナショナルズ)はチームが更新のオプションを持っていますが、選手側にも2013年と14年の2年間合計で120試合に登板した場合には、自動的に更新されるオプションがあります。2013年は68試合に登板し、2014年もすでに20試合を投げていますので、故障しない限り、自動更新となりそうです。

ヒューストン・ストリート(パドレス)も安定した投球を続けているのと、来年が31歳のシーズンということもあり、クラブ側がオプションを行使する可能性が高くなっています。

その他ではホアキム・ソリア(レンジャーズ)も今の状態をキープしてシーズンを終了した場合には、クラブ側がオプションを行使することになりそうです。ただ、トレードの交換要員としても名前が上がっていますので、シーズン終了までレンジャーズに残っているかは不透明です。

後の投手は基本的には、シーズン終了までどれだけ良い状態をキープできるかに左右されそうです。あとは選手側がオプションをもっているブライアン・ウィルソンは、今季の成績が5月末の時点では芳しくないため、FAとなっても良い契約を獲得できるか不透明のため、FAせずにオプションを行使する可能性が高そうです。

FAとなる資格を有していて契約更新のオプションがない選手

FAとなる選手で契約更新のオプションがない選手は以下の表のとおりとなっています。

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる資格を有していて契約更新のオプションがないクローザー・リリーフ投手の一覧表

K-RODことフランシスコ・ロドリゲス(ブルワーズ)は、ブルワーズと1年契約を結んだ今年は輝きを取り戻したと感じさせる活躍をしています。この状態をキープできた場合には、複数年契約を手にすることができそうな状況です。

ケイシー・ジャンセン(ブルージェイズ)は開幕こそDL入りして迎えたものの、5月の上旬の復帰後は安定した投球を続けて、ブルージェイズの好調さの一因となっていて、このまま安定した成績を残すことができれば、オフには注目を集めることになりそうです。

あとは好調なサンフランシスコ・ジャイアンツのクローザーを務めていて好調なセルジオ・ロモ(ジャイアンツ)も注目を集めそうです。

評価を落としているのはジム・ジョンソン(アスレチックス)で、2年連続50セーブによる勤続疲労のためか調子が上がらず、クローザーから降ろされ、ミドルリリーフでも失点が多い状態のままです。このままFAとなった場合には2014年の1000万ドルと同程度の年俸が手にできるかは微妙な状況となっています。

注目されるのはデビッド・ロバートソン(ヤンキース)で、同じ生え抜きのブレット・ガードナーとは異なり契約延長とはなりませんでした。

ロバートソンの今シーズンのクローザーとしての成績は、ヤンキースのチームの成績と自身のキャリアにも大きな影響を与えそうです。絶対的な数字を残せないまでも、安定した数字を残すことができれば、年齢も若く、奪三振率も高い投手なので、契約を選べる立場となりそうです。

総括・まとめ

このオフのFA市場で、クローザーとしてはトップ評価を受けることが予想されたジム・ジョンソンが、今シーズンは不調で苦しんでいます。そのためこのオフに長い期間の複数年契約を獲得するようなクローザー・リリーフ投手が生まれるとは考えにくい状況で、複数年契約であっても、長くて3年、ほとんどが2年程度の契約となることがが予想されます。

FAとなるリリーフ投手の年齢が高いため、それも致し方ない面はあり、ロバートソンの30歳はかなり若い部類となっています。元ヤンキースのジョバ・チェンバレンの29歳は、数少ない20代FA投手となりそうです。そのチェンバレン(防御率3.10/WHIP1.33)は今の状態が続けばタイガースが契約延長するだろうと伝えられています。

クローザーの顔ぶれはあまり豊富とは言えないものの、昨年のリリーフ投手のFA市場では、ジョー・ネイサン(タイガース)、ブライアン・ウィルソン(ドジャース)、グラント・バルフォア(レイズ)らがトップ3で、それに続くのがホアキン・ベノワ(パドレス)やエドワード・ムヒカ(レッドソックス)だったことを考えると、それよりは層が厚くなりそうな状況とはなっています。

ただ、多くの球団がクローザーが不安定で苦しんでいて、需要に供給が見合っているとは考えられないため、上原浩治は故障することなく、安定した数字を残すことができた場合には、レッドソックスとの再契約を含めて、複数球団からオファーがあることは間違いなさそうです。

また日本人でも平野佳寿(オリックス)は、メジャーを希望して行くことができれば、日本人投手の評価が高まっていることもあり、藤川球児のように複数年契約で迎えてもらえる可能性がありそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています