【MLB 2015年 FA】2014シーズンオフにFAとなる捕手・一塁手・DHの一覧

ウェイバー公示なしでのトレード期限となる7月31日を睨みながら、優勝とプレーオフが狙えるチームは、足りない穴を埋めるための即戦力を獲得に動き、そうでないチームは再構築のために若い選手の獲得に動きます。

その動きの中で攻撃力が弱いチームが補強ポイントとして長打力を含めた打撃に優れた選手の獲得に動くわけですが、その際にターゲットとなるのが一塁手や指名打者(DH)です。

今回はその一塁手、指名打者(DH)、そしてタイプ的に似た選手が多い捕手のポジションで、2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる選手をまとめています。

スポンサーリンク

攻撃力の中でも特に長打力が重要視されるファースト・指名打者

捕手、一塁手、DHに多いのがパワーあるけれど、スピードには欠けるというタイプです。その中でも捕手と一塁が守れる選手は指名打者もできますので、選択肢が広くなります。

またさらに一塁手ですが動きが悪くないため、三塁を守れるタイプの野手もいて、そのケースでは引き合いが多く、比較的早い段階で契約が決まる傾向があります。

しかし、動きが悪く守備力に不安がある場合で、ほぼDH専門となる選手はどうしても選択肢が狭くなり、圧倒的な攻撃力が要求されることになります。

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる見込みの捕手の一覧

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる見込みの捕手の一覧は以下の表のとおりとなっています。

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる資格を有している捕手の一覧表

今年のオフは、昨年のブライアン・マッキャンのような大物FA選手と呼べるような捕手は見当たりません。

このリストの中で一番高い評価を受けることが予想される注目選手はラッセル・マーティン(パイレーツ)です。盗塁阻止率やキャッチングなどの守備面で優れ、打撃面でも打率は2割台半ばも年間15本から20本の本塁打を打つことができます。また年齢も32歳と若いため、複数年契約が期待できそうです。

また攻撃面だけで言えばA.J.ピアンジンスキー(レッドソックス)が一番期待できるると考えられますが、年齢も高く、最も嫌われている選手の一人とされていて、チームメイトの兼ね合いがありますので、それらがネックとなり、1年契約が精一杯となりそうです。

続いて、評価を受けそうなのがジオバニー・ソト(レンジャーズ)で、32歳と比較的若く、攻守ともに派手さはないものの、安定したものが望めますので、複数球団から声がかかりそうです。

残りの捕手は、基本的にはバックアップもしくは併用での起用が予想されるため、大型の契約は望めそうもありません。ただ、カート・スズキに関しては今年のパフォーマンス次第では、複数年契約を手にすることもありそうです。

ニック・ハンドレーは5月25日にパドレスからオリオールズにトレードされています。オリオールズは正捕手のマット・ウィータースがDL入りし、さらにパドレスは捕手が余っていましたので、トレードとなりました。現在のオプションの金額はバックアップの捕手としてはやや高い印象もありますので、更新されるかは微妙と考えられます。

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる見込みの一塁手/DHの一覧

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる見込みの一塁手と指名打者の一覧は以下の表のとおりとなっています。

2015年(2014シーズンオフ)にFAとなる資格を有している一塁手・指名打者の一覧表

このリストにはケンドリス・モラレスの名前が入っていませんが、2014年6月のアマチュアドラフト前後には何かしら動きがあり、状況次第では複数年契約となる可能性もありますので、2014年5月時点ではリストアップしていません。

このシーズンオフで人気を集めそうな注目選手となることが予想されるのは、マイケル・カダイアー(ロッキーズ)ビクター・マルチネス(タイガース)で、それに続くのが、アダム・ラローシュ(ナショナルズ)マイク・モース(ジャイアンツ)アダム・ダン(ホワイトソックス)となりそうです。

アダム・リンド(ブルージェイズ)ビリー・バトラー(ロイヤルズ)は、基本的にはオプションが行使されることが予想されます。ただ、バトラーに関してはロイヤルズにシーズン終了まで残っているかは、ロイヤルズの成績次第となりそうです。

アダム・リンドはやや故障が多くなっているのが気にはなりますが、年齢も来シーズンで31歳とFA選手の中では若い部類にはいります。

またフルに試合に出れば年間25本から30本塁打を期待でき、打率も2割後半から3割とそこそこの安定感もあり、値段も手頃なため、契約が更新されることが予想されます。

マイケル・カダイアー(ロッキーズ)は、打者有利のクアーズ・フィールドを本拠地であることを活かして、打撃面で復調し、昨シーズンは首位打者を獲得し、今シーズンも打率.318/本塁打5/OPS.910(5月26日時点)で好調です。

そのため、残りのシーズンで故障しないことと、しっかりとした数字を残すという条件付きですが、現在の年俸1150万ドルと同等以上の契約を手にできる可能性が高くなりそうです。

ビクター・マルチネス(タイガース)は今シーズン好調(49試合時点で打率.341/本塁打12/OPS1.004)で、タイガース打線からフィルダーが抜けた影響を感じさせない理由の1つとなっています。早くも契約延長が有力視される声がメディアからも上がり始めていて、よほど成績を落とさない限りはタイガースが本腰をいれて引き止めに動きそうです。

今シーズン好調なマイク・モース(ジャイアンツ)は、2014年のジャイアンツの好調さを支えている1人で、今の状態をキープしてシーズンを終えることができれば、人気を集めることが予想されます。

アダム・ダン(ホワイトソックス)は長打力は健在ではあるものの打率が低いため、評価が割れそうです。基本的には一塁手かDHでの起用となりますが、大きな期待はできませんが、一応は外野も守ることはできますので、その点では有利な立場と考えられます。

ラウル・イバネス(エンゼルス)は今シーズン絶不調で、コリー・ハート(マリナーズ)は打撃もイマイチで、故障がちな状態が続いていますので、あまり大きな契約は期待できそうにありません。

日本にやってきたケビン・ユーキリス(楽天)ユニエスキー・ベタンコート(オリックス)は、今の状態(2014年5月末)ではアメリカに戻っても、メジャー契約が勝ち取れるか、怪しい状況ではあります。

特にユーキリスは2013年もケガでシーズンのほとんどを棒に振り、2014年も似たような状況になりつつありますので、アメリカに戻った場合には、マイナー契約の招待選手となる確率が高そうです。

また今回はリストアップしていませんが、マーク・レイノルズ(ブルワーズ)が相変わらず低打率ですが、長打力は発揮していますので、それなりの評価は得ることができそうです。

総括・まとめ

2013年はマイク・ナポリ、ケンドリス・モラレス、コリー・ハートあたりが高い評価を受け、それに続くグループがジャスティン・モルノー、ジェームズ・ローニー、マイク・モースらでした。

昨年と比較して捕手に関しては目玉といえる選手がいないものの、全体的にはあまり変わらない印象で、一塁手や指名打者に関しては昨年より若干豊富と言えそうです。

ただ、ア・リーグのどのチームにも言えることですが、主力クラスを休養も兼ねて、交代でDHで起用することも多くなっていますので、守備に難があってDH専任と評価される選手には厳しくなりそうです。

また、これらの選手の中でトレード期限までに動きがありそうな選手としては、プレオーオフ争いから離脱する可能性が高いチームに所属し、かつ試合に出ている選手となりますので、ホワイトソックスのアダム・ダンやイマイチに波に乗れないロイヤルズのビリー・バトラーあたりが考えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています