フィリーズがハーパーとの合意に前進か!争奪戦は終盤戦の様相

ブライス・ハーパーの争奪戦がこの48時間あまりでヒートアップしつつあるようです。

複数の記者、ライター達がブライス・ハーパーの交渉が本格化し、その中でもフィラデルフィア・フィリーズが争奪戦をリードしているとの情報を伝えています。

スポンサーリンク

複数の記者・ライターがブライス・ハーパーの交渉について報じる

MLBネットワークのインサイダーであるジョン・ヘイマン氏が以下のように伝えています。

ハーパーの交渉がヒートアップしていること、さらにその中でフィリーズが本命候補となっていると伝えています。また、交渉が合意に達してはいないものの長期契約で話が進んでいるようです。

ハーパーの争奪戦にはナショナルズ、ホワイトソックス、ジャイアンツ、パドレスなどが残っているのですが、それらの球団に関する情報もヘイマン氏は伝えています。

ブライス・ハーパーとフィリーズの交渉が本格的に進展しているものの、まだ合意に達しているものはなく、他の関心を示しているチームも「脱落した」と伝えられていないようです。そのチームとしてパドレス、ナショナルズ、ジャイアンツ、ホワイトソックスに加えて複数のミステリーチームに言及しています。

さらにフィラデルフィアのラジオ局でクリス・ラッセル氏が以下のように話しています。

According to Russell, “I’m led to believe by some people that I’ve talked to that are close to the situation… that Bryce was in a mood to celebrate yesterday.”

“Now, the source said, ‘I believe it’s done.’ But I don’t have concrete, 100 percent proof for you guys. I wish I did, otherwise I would have it and I would be running around with it. But I don’t have that, so I want to caution everybody in Philadelphia. But that’s what I was led to believe, that this thing is now decided,” Russell said.

ブライス・ハーパーは『昨日の時点で、「お祝いしている」ようなムードだったと、状況に詳しい複数の関係者から情報を得た』と話しています。

それを受けてクリス・ラッセル氏は、基本的には「合意に達している」と受け止めていることを明かしています。ただ、『他の人々にとって100%信じれるような具体的な証拠を提示することまではできない』と自分個人の見解であると付け加えています。ただ、聞いている情報やその関係者の信頼性からして、基本的な合意は形成されていると受け止めているようです。

CBSスポーツ/ジ・アスレチックのジム・ボウデン氏も、やはりフィリーズが交渉をリードしているとの情報を伝えています。

フィラデルフィア・フィリーズとブライス・ハーパーが合意に向けての勢いが増しつつあると伝えています。さらに「ブライス・ハーパーは三塁を回って、間もなくホームに帰ってくる」と、現状を描写しています。

3億ドルを金額を超える条件を提示する可能性があったのはフィリーズとナショナルズの2球団だったのですが、ここに来て一気にフィリーズが決着に向けて動いているようで、ハーパー側もそれに応じている状況のようです。

数日も待たずにブライス・ハーパーの大型契約が発表される可能性が高まりました。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています