パドレスの2017年シーズン戦力分析 – MLB30球団開幕ロースターと戦力予想

San Diego Padres Top Catch

スポンサードリンク

1. 2016年シーズンの主要な成績の一覧

サンディエゴ・パドレスの2016年シーズンの、打撃、守備、投手の主要な成績の一覧です。

攻撃 スタッツ(リーグ順位)
得点 686(10位)
打率 .235(15位)
出塁率 .299(15位)
長打率 .390(13位)
OPS .689(14位)
本塁打 177(9位)
盗塁 125(4位)
盗塁成功率 74%%(4位)
守備 スタッツ(リーグ順位)
UZR -26.8(12位)
DRS -33(14位)
投手 スタッツ(リーグ順位)
防御率 4.43(10位)
先発防御率 4.61(10位)
ブルペン防御率 4.18(11位)
セーブ数 35(13位)
セーブ成功率 66.04%(10位)

AJプレラーGMが就任後に行った大型トレードでラインナップのメンバーは豪華になったものの、投手有利の広いペトコ・パークでは不安の残る編成となりました。

得点力不足を解消するために攻撃力を重視したのですが、守備に不安を抱える選手ばかりの構成となり、さらに寄せ集めのようなチームとなったこともあり機能せず、解体して再建を模索することになりました。

そのため投手力、守備力、攻撃力のどの部門においても低迷し、68勝94敗で地区最下位に沈むのはやむを得なかった2016年のパドレスでした。

2. 2016-17シーズンオフの戦力補強動向

2016-17シーズンオフの戦力補強動向の一覧は以下のとおりとなっています。

獲得/流出 選手名(ポジション)
流出 ジョン・ジェイ(CF)
流出 タイソン・ロス(SP)
流出 アダム・ロサレス(2B)
流出 アレクシー・アマリスタ(SS)
流出 ブランドン・モロー(RP)
トレード流出 デレク・ノリス(C)
獲得 ジェレッド・ウィーバー(SP)
獲得 トレバー・ケーヒル(SP)
獲得 ジョーリス・チャシーン(SP)
獲得 エリック・アイバー(SS)
再契約 クレイトン・リチャード(SP)
トレード獲得 ミゲル・ディーアス(RP)
トレード獲得 ルイス・トーレンズ(C)

2016年シーズンの開幕投手を務めたタイソン・ロスは右肩痛で離脱し、年俸調停権による年俸上昇を嫌ったパドレスが契約を提示せず、ノンテンダーFAとなりました。

捕手ではプロスペクトのオースティン・ヘッジが昇格してきたこともあり、デレク・ノリスをトレード放出しました。

野手ではプロスペクトが昇格してきているのですが、投手はマイナーの1Aクラスばかりというパドレスです。そのため、FA市場でジェレッド・ウィーバー、トレバー・ケーヒル、ジョーリス・チャシーン、クレイトン・リチャードという4人を合計825万ドルで獲得して、ローテを編成しています。

3. 2017シーズン開幕時のロースター編成の予想

スポンサーリンク


サンディエゴ・パドレスの2017年シーズン開幕時に予想される先発スターティングメンバー、ベンチ要員、先発ローテーション、ブルペンの編成などは以下のとおりとなっています。

【先発スターティングメンバー】

  1. トラビス・ジャンコウスキー(LF)
  2. マニュエル・マーゴット(CF)
  3. ウィル・マイヤーズ(1B)
  4. ヤンガービス・ソラルテ(2B)
  5. ハンター・レンフロー(RF)
  6. ライアン・シンフ(3B)
  7. オースティン・ヘッジス(C)
  8. エリック・アイバー(SS)

【ベンチ要員】

  • ヘクター・サンチェス(C)
  • ルイス・トーレンズ(C)
  • アレン・コルドバ(UT)
  • ルイス・サーディナス(UT)

再建途上にあって注目されるの若い選手の育成が順調に進むかどうかとなります。レッドソックスでは外野にジャッキー・ブラッドリー、ムーキー・ベッツ、アンドリュー・ベニンテンディらがいるためトレードの交換要員となりましたが、能力を高く評価されていた外野手のマニュエル・マーゴット。

各プロスペクトランキングでトップ40からトップ20にランクされていた捕手のオースティン・ヘッジ。同様にトップ100にランクされることの多かったハンター・レンフロー外野手らが開幕からメジャーでプレーすることになります。

6年8300万ドルの大型契約延長で合意し、新たなフランチャイズの顔となったウィル・マイヤーズとともに、これらの選手がチームのコアとなれるかどうかは、再建途上にあるパドレスにとって重要なポイントとなります。

【先発ローテーション】

  1. ジョーリス・チャシーン(右)
  2. クレイトン・リチャード(左)
  3. トレバー・ケーヒル(右)
  4. ジェレッド・ウィーバー(右)
  5. ルイス・ペルドモ(右)

【ブルペン】

  • CLO:ブランドン・マウラー (右)
  • SET:ライアン・バクター (左)
  • SET:ブラッド・ハンド (左)
  • RP1:クレイグ・スタメン (右)
  • RP2:ジャレッド・コザート (右)
  • RP3:ホセ・トーレス (左)
  • RP4:クリスチャン・ベタンコート (右)
  • RP5:ミゲル・ディーアス(右)

ベテラン投手4人と昨年146回2/3を投げた23歳のルイス・ペルドモを加えて、先発ローテをまわすことになります。

投手のプロスペクトではベースボール・アメリカ、MLB公式サイト、ベースボールプロスペクタスがトップ30にランクするアンダーソン・エスピノーザ、同様に3媒体がトップ100にランクするカール・クアントリル、ベースボール・アメリカが98位にランクするエイドリアン・モレホンなどがいます。

ただ、これらの投手は1Aもしくはルーキーリーグで開幕を迎えるため、メジャー昇格があるとすれば来年以降となります。ベテランの先発投手はそこまでの繋ぎの役割を果たすことになります。

4. 寸評・評価

マニュエル・マーゴット、オースティン・ヘッジ、ハンター・レンフローらのプロスペクトに加え、トラビス・ジャンコウスキー、ルイス・サーディナスなど若い選手の成長が期待されるシーズンとなるパドレスです。

基本的には若い選手の育成に注力しながら、トレード期限前に売り出せるベテランがいれば売り出してプロスペクトを獲得し、選手層を厚くしていくというの課題となるシーズンで、大きく負け越すことは覚悟せざるをえません。

本格的な勝負は2019年頃になりそうですが、そのスピードをどれだけ早めることができるかどうかは、若い選手の成長にかかっています。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ