エリック・ホズマーがパドレスと8年1億4400万ドルで合意!5年後のオプトアウトも可能に

San Diego Padres Top Catch

2017-18シーズンオフのFA市場で野手ではJ.D.マルティネスと並ぶトップクラスにランクされていたエリック・ホズマーとの契約に向けて、パドレスとロイヤルズが一騎打ちを繰り広げていました。

パドレスが7年1億4000万ドルを提示し、古巣であるロイヤルズは7年1億4700万ドルと大きくはありませんが、上回る金額を提示して争っていると報じられていましたが、最終的にパドレスが条件面を上積みしたようです。

スポンサーリンク

パドレスが条件を上積みしてロイヤルズに競り勝つ

MLB公式サイトのジョン・モロシ氏が以下のように伝えています。

エリック・ホズマーとパドレスが8年契約で、5シーズン終了後にオプトアウトしてFAを選択できる権利が付帯した内容で合意に達したことが伝えられています。

パドレスは8年契約により35歳までをエリック・ホズマーに保証したことになり、32歳で再びFA市場に出て長期契約を模索する道も残されたことになります。

パドレスは若い選手を主体としたチーム再建の途上にありますが、そのリーダー、模範役、メンターとしてエリック・ホズマーのことを高く評価していました。パドレスにとっては若いコアプレイヤーを育てていくための柱としてホズマーを必要としていましたので、5年間はチームがコントロールできる状態になったことで、その希望は満たすことが可能です。

互いのニーズを満たすことができる落とし所を代理人のスコット・ボラス氏とパドレスが見出したという印象です。

契約の総額、年俸の内訳などは明らかになっていませんが、ホズマーがオプトアウトの権利を行使したいと考えるように、最初の5年間の比重が大きくなっている可能性が高いようです。

サンディエゴ・ユニオン・トリビューンのケビン・エーシー氏が以下のように伝えています。

The Padres had said they would be creative. The contract is believed to be front-loaded, which might make the opt-out more attractive for Hosmer.

「パドレスの幹部たちはクリエティブな契約を結ぶ」と話していて、オプトアウトを行使したくなるように、契約の前半の金額を大きくする設定で交渉していると考えられていた」ことが伝えられています。

仮に8年1億6000万ドルでも、最初の5年間を1年2500万ドルの設定にした場合には、5年間の総額が1億2500万ドルとなり、オプトアウトを判断する時の残契約は3年3500万ドルとなります。その金額であればFA市場で手にできる可能性が高いため、オプトアウトを行使する決断がしやすくなります。

仮にエリック・ホズマーが32歳となりパフォーマンスが落ちていても、契約後半の金額が抑えられていれば、パドレスがトレード放出する時も相手を見つけやすくなります。

パドレスの主力は若い選手ばかりで、これから数年は大きな年俸総額の上昇はありません。そのためホズマーの最初の数年の金額を大きく設定しても、上手く予算内でやりくりすることも可能です。

追記:8年総額1億4400万ドルで合意

USAトゥデイのボブ・ナイチンゲール氏が以下のように伝えています。

エリック・ホズマーとパドレスの契約は総額8年1億4400万ドルで、オプトアウトの権利が行使できるまでの5年間に1億500万ドルをホズマーが受け取ることにになるようです。

8年1億4400万ドルのため平均年俸は1800万ドルに抑えられていますが、最初の5年間に関しては平均2100万ドルを受け取ることになります。

エリック・ホズマーがオプトアウトの権利を行使するか決断することになるオフは、残る3年3900万ドルを破棄するかどうかを判断することになります。

順調に結果を残す、少なくとも5年目のシーズンに結果を残していれば、残契約を破棄する可能性が高い年俸の配分となっています。

パドレスにとっては仮に成績が落ちていて、ホズマーが残留を選んでも、トレードしやすい金額に最後の3年間はなっていますので、上手く折り合いをつけることができた契約と言えそうです。

追記2:8年1億4400万ドルの年俸の配分

ホズマーの契約の年俸の配分は、MLBデイリーディッシュのクリス・コティーヨ氏が以下のように伝えています。

  • 契約金500万ドル
  • 2018年(28歳)2000万ドル
  • 2019年(29歳)2000万ドル
  • 2020年(30歳)2000万ドル
  • 2021年(31歳)2000万ドル
  • 2022年(32歳)2000万ドル
  • 2023年(33歳)1300万ドル
  • 2024年(34歳)1300万ドル
  • 2025年(35歳)1300万ドル

契約金の500万ドルは最初の5年間分割での支払で、実質的に年俸2100万ドルに近いものとなっている可能性があります。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています