オリオールズがマニー・マチャドのトレードに前向きな姿勢!先発投手獲得の交換カードとして検討

オリオールズがマニー・マチャドを売り出していると、FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏が伝えています。

The Baltimore Orioles are shopping Manny Machado, and there’s a twist — Machado wants to move from third base to shortstop as he enters his final season before free agency, according to major league sources.

The Orioles’ goal in a Machado trade is to acquire two young, controllable starting pitchers, sources say. The O’s might not meet that target with Machado under control for only one more season, but their willingness to trade their best player is a marked departure for an organization that historically has resisted rebuilding and tried to field the best team possible under owner Peter Angelos.

内容の要約は以下のとおりとなっています。

  • オリオールズがマニー・マチャドを売り出している
  • マニー・マチャドは2018年にサードではなくショートを守ることを希望していることがやや事情を複雑にしている
  • オリオールズはマチャドのトレードで、若く長期間契約をコントロールできる先発投手を2人欲しがっているが、1年しか契約が残っていないので、その目標は達成できないかもしれない
  • ピーター・アンジェロスの下では再建モードに抵抗してきたことを考えると大きな動き

2017年のトレード期限前にマニー・マチャドのトレードが話題になり、シーズンオフ当初にも同様に名前が出ました。ただ、オリオールズは消極的な姿勢が堅持されていて、先発投手を補強し2018年も勝負をかけるというのが専らの報道ででした。

そこから大きな方向転換を図ろうとしていることがうかがえる情報です。

これまでにない真剣さでオファーに耳を傾けているダン・デュケットGM

スポンサーリンク

2018年は一旦勝負をかけて、トレード期限前に状況が厳しければマニー・マチャドを売り出すということも選択肢なのですが、球団幹部はこのシーズンオフに動かすことに傾きつつあるようです。

Club officials want to get immediate value for Machado rather than trade him for a lesser return at the non-waiver deadline or receive draft-pick compensation if he leaves as a free agent, sources say. The club does not expect to re-sign Machado, who will enter the free agent market at 26 and might command a contract of more than $300 million.

球団幹部は「トレード期限前により小さいリターン」を得たり、「FAとなった後にクオリファイング・オファーを出してドラフト指名権」を手にするよりも、今の市場価値でのリターンを得たいと考えている、と情報筋は話しているようです。

オリオールズは26歳でFAとなり、3億ドルを越える契約を要求するであろうマニー・マチャドとの再契約には期待をしていないことも、この動きを後押ししていることが伝えられています。

マニー・マチャドに関しては、すでにカージナルスとフィリーズが強い関心を示していることが伝えられています。が、それだけにとまらず多くの球団が関心を示しているようです。

ボストンメディアのひとつであるWEEIのロブ・ブラッドフォード氏が得た情報によると、マニー・マチャドのトレードについて、かなり多くのコンタクトを受けているとのことです。

編成のトップであるダン・デュケットはオーナーサイドの意向もあり、一貫してチーム再建へ舵をきることを否定してきました。

しかし、ファームの選手層が薄く中長期的な見通しが明るくはないこと、マチャドの他、アダム・ジョーンズ、ザック・ブリットン、ブラッド・ブラックらが来季終了後にFAとなることなどの事情により、これまで以上に熱心にオファーに耳を傾けているとニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏も伝えています。

ただ、他球団の幹部やGMは、ダン・デュケットのことをMLBで最も動きが予想ができないGM(You have easily the most unpredictable GM in baseball.)と評しているため、どうなるかは不透明ではあります。

マニー・マチャドがトレードで放出することになれば、アダム・ジョーンズ、ザック・ブリットン、ブラッド・ブラックらも積極的に売り出す可能性もありますので、今後の動向が注目されます。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ