【MLB2015 FA】2014年シーズン終了後にFAとなる三塁手のシーズン成績と契約の動向情報

MLBでは、2014年シーズンのワールドシリーズ終了後に、シーズンオフの補強活動が本格化していくことになります。

その2014年シーズン終了からFA選手として、FA市場に出る選手の一覧と、2014年シーズンの成績、それに加えて簡単なFA市場での評価と予想とともに、ポジション別に何回かのシリーズとしてまとめています。

今回はその第4回で三塁手編です。他のポジションについては以下の表内をリンクをクリックすれば、該当ページに飛ぶことができます。

先発投手 リリーフ 捕手 一塁・DH
二塁手 三塁手 遊撃手 外野手

続いて、2014年シーズン終了後にFAとなる選手の成績と情報です。

スポンサーリンク

2014年シーズン終了から2015年にFAとなるプレーヤーの一覧と成績

スポンサーリンク
[googlead]

2015年シーズンにFAとなる主な三塁をポジションとする選手は以下のとおりとなっています。

mlb2015-fa-third-list1

昨シーズンオフは一塁と三塁の内野手の人材が乏しかったのですが、今シーズンはそれに比較すれば人材がいるFA市場となっています。

トップ評価は”カンフー・パンダ”ことパブロ・サンドバルか

この2015年FA市場の三塁手として高い評価を受けることが予想されるのが、ジャイアンツからFAとなるパブロ・サンドバル、ヤンキースからFAとなるチェイス・ヘッドリー、ブルワーズのアラミス・ラミレスの3人です。

その中でも大きな身体ながら動きが良いため”カンフー・パンダ”の愛称をメディアからつけられているパブロ・サンドバルとなりそうです。

シーズン中もサンフランシスコ・ジャイアンツが契約延長をするのではないかとしきりに名前が上がりましたが、体重の増加とそのことによる今後の影響、フリースインガーであることをジャイアンツ側が懸念して、交渉には慎重でした。

レギュラーシーズンを終えた時点でも、ジャイアンツはマイク・モースとの契約延長は考えているものの、パブロ・サンドバルに関してはあまり積極手的でないとされているため、このままFAとなることが濃厚です。

2014年のパブロ・サンドバルは打率.279/本塁打16/打点73/出塁率.324/OPS.739という数字で、2009年や2011年にOPSが.900を超えるようなことはありませんが、三塁手としては上位クラスの数字を残しています。

400打席以上の三塁手の中では打率と本塁打数がナ・リーグ5位、長打率はリーグ8位となるなど、攻撃力のある三塁手と評価される成績を残しています。

またパブロ・サンドバルがFAになった場合に魅力があるのは、2015年に29歳になる年齢の若さに加えて、投手有利の本拠地から移籍することで成績の向上が期待できることです。

2013年の実績ではサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地であるAT&Tパークは、MLB全体で4番目に点が入りにくく、3番目に本塁打が出にくい球場で、圧倒的に投手有利な球場でした。

そのため打者有利の本拠地に移籍すれば、打撃面での数字が伸びることが大いに期待できます。

すでにボストン・グローブのNick Cafardoは、フェンウェイ・パークであれば数字を伸ばすことは確実だと、レッドソックスは獲得を検討すべきだと提案しています。

早打ちのフリースインガーという弱点はあるものの、守備面でもMLB全体の三塁手の中でも守備率が6位となるなど、安定した守備もありますので、争奪戦になることが予想されます。

パブロ・サンドバルと同等以上の評価を受けるのはチェイス・ヘッドリーか?

パブロ・サンドバルと同等がそれ以上の評価をうける可能性があるのが、チェイス・ヘッドリーアラミス・ラミレスです。

チェイス・ヘッドリーは、シーズン途中でサンディエゴ・パドレスからニューヨーク・ヤンキースに移籍しました。打率.243/本塁打13/打点49/OPS.700はやや物足りないものの、スイッチヒッターで柔軟な起用法ができます。

2012年に記録した打率.286/本塁打31/打点115/OPS.874以外は、年間で20本塁打以上を打ったことがなく、攻撃面で過剰な期待をして獲得することは危険ではあります。

しかし、年齢が比較的若いことや、投手有利のペトコ・パークから打者有利のヤンキー・スタジアムに本拠地が変わったことで、打撃成績もやや向上しましたので、環境次第では攻撃面でのバウンスバックも期待できます。

また何よりも三塁手としての守備面での評価が非常に高く、MLBでもトップクラスとされているため、安くはない複数年契約を手にすることになりそうです。

ヤンキースもアレックス・ロドリゲスがサードで使えない可能性があるので、チェイス・ヘッドリーと契約すべきだとの声もすでにありますが、安く契約できないことがネックとなりそうです。

続いて、アラミス・ラミレスですが、まず注目されるのは2015年に1400万ドルの相互オプションが残っていて、このオプションが行使されるか不透明で、地元メディアの見解も50-50であることです。

年齢、年俸、成績のバランスを見た時に、妥当かどうかはやや疑問が残るものの、ブルワーズに代わりとなる選手が乏しいこともあり、時間をつくるためにオプションを行使するということもありそうです。

アラミス・ラミレスは36歳となった2014年でしたが、133試合494打数で打率.285/本塁打15/打点66/OPS.757の数字を残すなど、攻撃面だけで言えばFAとなる三塁手としてはトップではないかとの評価もあります。

年齢が来年で37歳となることや、あくまでもMLB屈指の打者有利の球場であるミラー・パークでの数字であることを差し引く必要がありますが、キャリア通算打率が.285と安定感があり、長打も期待できる攻撃力はやはり魅力です。

またアラミス・ラミレスはパブロ・サンドバルやチェイス・ヘッドリーに比較して、長期の契約を用意する必要性も低いため、その点はFAで獲得するチームにとって魅力となりそうです。

その他の三塁手ではケーシー・マギーも評価される可能性が

先に述べた3人に続く評価を受ける可能性があるのが、マイアミ・マーリンズからFAとなる元楽天のケーシー・マギーです。2014年にメジャー復帰したマギーですが、契約は1年110万ドルという内容から分かる通り、あまり期待されていませんでした。

しかし、それを見事に覆し、前半戦はナ・リーグの打率トップ10をキープするなどして、オールスターの最終投票の1人にも選ばれました。

後半に入りやや失速はしたものの、打率.287/本塁打4/打点76/出塁率.355という数字を残しました。打率はリーグ18位と華々しくはありませんでしたが、規定打席に到達しチームの中では打率が2位、打点が3位と中軸を担いました。

またMLBの三塁手の中では、長打力は下位評価となり物足りませんが、打率と出塁率が両リーグで3番目と上位で安定性があることも、プラスのポイントとなります。

その打撃に加えて三塁手としての守備率.979は両リーグ2位を記録していて、守備範囲や肩は物足りないものの、安定した守備力を発揮しました。

そのため2015年は33歳とはなるものの、今年よりも良い条件でのメジャー契約を手にすることができそうです。

その他には、エリック・チャベスとアルベルト・カヤスポはメジャーとマイナー契約のボーダーライン上で、ドニー・マーフィー、ジャック・ハナハン、ケビン・ユーキリス、ユニエスキー・ベタンコートはマイナー契約となりそうです。

総括・まとめ

三塁手のFA市場は、パブロ・サンドバル、チェイス・ヘッドリーの2人が人気を集めることが確実で、アラミス・ラミレスはオプションの行使の有無次第となりそうです。

パブロ・サンドバルにとって問題なのはクオリファイングオファー(1年1500-1550万ドル程度)を受ける可能性が高く、複数年契約を手にするためには、それを拒否する必要があることです。

その場合には、パブロ・サンドバルを獲得するチームはドラフト指名権を失うことになります。

ただ、それでもパブロ・サンドバルの強みは年齢が若いことで、獲得するチームは長期の複数年契約をすることで、ドラフト指名権を失うことの損害を軽減できます。

その一方でチェイス・ヘッドリーは、ヤンキースからクオリファイングオファーを受ける可能性は低く、ドラフト指名権の問題を回避することができ、結果としてパブロ・サンドバルよりも良い契約を手にする可能性はありそうです。

最後にまとめると、三塁手のFA市場ではパブロ・サンドバル、チェイス・ヘッドリーの2人が長めの複数年を手にする可能性が高く、アラミス・ラミレスがFAとなった場合には、短めの複数年契約を手にすると予想されます。

あとは、三塁のマーケットに影響を与える要素としては、ショートがポジションではあるものの、サードも守れるハンリー・ラミレスがこのポジションで売りだされた時には、情勢が変わってくることになりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています