【MLB2015 FA】2014年シーズン終了後にFAとなる遊撃手のシーズン成績と契約の動向情報

2014年シーズン終了からFA選手として、FA市場に出る選手の一覧と、2014年シーズンの成績、それに加えて簡単なFA市場での評価と予想とともに、ポジション別に何回かのシリーズとしてまとめています。

今回はその第5回で遊撃手編です。他のポジションについては以下の表内をリンクをクリックすれば、該当ページに飛ぶことができます。

先発投手 リリーフ 捕手 一塁・DH
二塁手 三塁手 遊撃手 外野手

続いて、2014年シーズン終了後にFAとなる選手の成績と情報です。

スポンサーリンク

2014年シーズン終了から2015年にFAとなるプレーヤーの一覧と成績

スポンサーリンク
[googlead]

2015年シーズンにFAとなる遊撃をポジションとする主な選手は以下のとおりとなっています。

mlb2015-fa-short-stop-list1

昨シーズンオフの野手ではショートのポジションにはジョニー・ペラルタとスティーブン・ドリューの2人がトップ2の評価を受けていました。

2015年のショートのFA市場は、昨年オフよりは人材が豊富とされています。

ショートのトップ2はハンリー・ラミレスとJ.J.ハーディに

このシーズンオフにFAとなるショートをポジションとする選手の中では、ドジャースからFAとなるハンリー・ラミレスとオリオールズからFAとなるJ.J.ハーディがトップ2の評価を受けることになりそうです。

ハンリー・ラミレスの2014年のレギュラーシーズンは、128試合449打数で打率.283/本塁打13/打点71/出塁率.369/OPS.817という数字を残しています。

2013年に残した、86試合304打数で打率.345/本塁打20/打点57/OPS1.040に比較すると見劣りはするものの、MLB全体の遊撃手の中でトップクラスの攻撃力を維持しています。

ショートのポジションの選手の中では、打率がMLB全体で4位、本塁打が同7位、打点が同4位、OPSは同1位と上位に入っていて、MLB屈指の攻撃力を誇るショートストップであることを数字が証明しています。

ただ、守備面では難があり、守備率.961 が規定打席に到達しているショートの中で21人中21位と最下位で、マイナーの代替可能な選手と比較して守備面でどれだけ勝利数を積み上げたかを示すDWARは-0.6で19位となっています。

また故障が多いことも不安なポイントの1つで、直近の4年間でフル出場したのは1年だけで、来シーズンは31歳になることもあり、よりその問題が気にかかるところではあります。

本人はドジャースとの契約延長を希望していましたが、この故障の問題ど不安定な守備を懸念していた上に、プロスペクトのコリー・シーガーも控えているため、長期の契約延長にはドジャースも積極的ではなく、このままFAとなることが確実です。

守備と故障に不安があるものの攻撃力には魅力のため、ナ・リーグではなくア・リーグに移籍すれば、DHで起用することで休養がとれ、故障のリスクも軽減できるため、数字を伸ばす可能性もあるとの予測もあります。

またこのショートとして守備に不安があるので、負担が減るサードとしてのほうが評価が高まるのではとの声もあります。

どちらにしても貴重な右打ちの強打者であるため、攻撃力をアップしたいチームにとって魅力的な選手であることは間違いありません。

攻守の総合的な評価ではJ.J.ハーディがハンリー・ラミレスを上回るか

今シーズンの打撃成績が2011年から13年に比較すると落ちてしまったのが評価を下げてはいるものの、守備面も含めるとハンリー・ラミレスと同等の評価を受けそうなのがJ.J.ハーディです。

J.J.ハーディの2014年は141試合529打数で打率.268/本塁打9/打点52/出塁率.309とイマイチでした。

2011年は129試合で30本塁打、2012年は158試合で22本塁打、2013年は159試合で25本塁打していますが、32歳となった今年は141試合でわずかに9本塁打のため、懸念されるのは年齢によるパワーの衰えです。

それでも打率はMLBの規定打席に到達したショートの中では、打率が全体で8位、OPSが全体で11位と、まだまだショートの選手としては上位クラスの攻撃力があります。

またハンリー・ラミレスと異なるのは守備面での安定感で、守備率.978はMLB全体のショートの選手の中で10位、DWARは2.1で5位と守備力でもトップクラスの数字を残しています。

そのため純粋に遊撃手としてだけ評価した場合には、J.J.ハーディがハンリー・ラミレスを上回る評価を得ることもありそうです。

ニューヨーク・ポストのGeorge A.King IIIは、シーズン終了直後にはデレク・ジーターの後釜の有力候補と予測するなど、多くのチームとメディアから関心を集めることは確実です。

また、一時はオリオールズがクオリファイングオファーを出して、そのままFAにさせるのではないかとの見通しもありましたが、マニー・マチャドが故障したことで、J.J.ハーディを引き止める方向に傾きつつあります。

J.J.ハーディがFAで流出した場合には、マニー・マチャドがショートにコンバートされる構想でしたが、マチャドが膝の故障で手術を受けたため、サードよりも負担が大きいショートをこなせるか不安がある状況となりました。

そのためバック・ショーウォルター監督もすでにJ.J.ハーディと、来季について話し合いをもっていますし、ショーウォールター監督は記者に対しても「チームはファアなオファーをする」と述べています。

ただ、オリオールズも予算に制限があるチームのため、ハーディ側の要求に完全には応じられないので、ホームタウンディスカウントに期待することになります。

契約の規模だけを考えれば、FA市場に出れば釣り上がっていくことが確実なため、後はハーディがどれだけオリオールズに残留したいかの気持ち次第となります。

(2014/10/10追記:J.J.ハーディがオリオールズと3年契約で契約延長に合意しました。詳しくはこちらにまとめています。)

その他のFA選手は?

この2人に次ぐ評価を得そうなのが、インディアンスからナショナルズに移籍したアズドルバル・カブレラです。

ナショナルズに移籍後は、ナショナルズのショートにイアン・デズモンドがいることもあり、セカンドでの起用でした。しかし、本職はショートストップです。

そこそこの攻撃力があり、守備率などの昔ながらのスタッツは良いのですが、セイバーメトリクスの詳細なスタッツとなると、平均的なレベルの守備力となり、トップクラスの評価はできない選手となっています。

ただ、2塁と遊撃の両方で平均的な守備力がり、ある程度の打撃面で期待でき、リーダーシップなどの人間性も優れているため、大型契約ではなくても複数年契約を手にすることが予想されます。

ジミー・ロリンズは2014年に契約が切れるのですが、2015年の1年間を1100万ドルで自動更新するオプションの条件を満たしているため、FAとはなりません。

そのため実際にはショートのポジションで4番手クラスの評価を受けることになりそうなのが、ジェド・ラウリースティーブン・ドリューマイク・アビレスあたりとなりそうです。

スティーブン・ドリューは2014年の成績がシーズン途中からとはいえ、打率.162/本塁打7/打点26/出塁率.237/長打率.299と打撃が低迷してしまいました。

昨シーズンオフにはFA選手の中でトップクラスの評価でしたが、今季は右投手から全7本の本塁打を放っていることもあり、「プラトーン要員としては良い」というところまで評価がガタ落ちしています。

ただ、スプリングトレーニングからしっかりと調整していけば、調子を取り戻す可能性もあり、安い金額で契約できるこのオフがチャンスと考えるチームは現れそうです。

マイク・アビレスはチーム側に2015年を350万ドルで更新できるオプションがありますが、どうなるかは不透明です。

内野のユーティリティプレーヤーで、バックアップとしては重宝する選手ではありますが、インディアンスには、その役割をこなせる他の選手も控えているため、オプションが行使されるか、それともそのままFAとなるかは蓋を開けてみないとわからない状況です。

アスレチックスからFAとなるジェド・ラウリーは2013年の打率.290/本塁打15/打点75/出塁率.344の数字であれば、引く手あまたでしたが、2014年は打率.249/本塁打6/打点50/出塁率.321と数字を落としてしまいました。

それにくわえて、ジェド・ラウリーは守備力が際立って高い方ではなく、平均レベルのプレーヤーのため評価は別れるところです。

しかし、投手有利のオー・ドットコー・コロシアム(2013年データでは、得点・本塁打ともにMLB全体で5番目に出にくい球場)から本拠地が変われば、30歳と年齢がまだ若いこともあり、打撃面で数字を伸ばす可能性はありますので、面白い存在になるかもしれません。

総括・まとめ

ハンリー・ラミレスJ.J.ハーディはショートのポジションの中だけでなく、このオフにFAとなる野手全体でもビクター・マルティネス、ネルソン・クルーズ、メルキー・カブレラらと並んでトップクラスの評価を受けることが予想され、長めの複数年契約を結ぶ可能性があります。

この2人に比較すると、他の選手はやや格落ちする感は否めませんので、ショートに強力な選手をおきたいチームにとっては、この2人の獲得は重要なポイントとなります。

さらに、このオフには、デレク・ジーターの引退に伴い、ショートの補強が重要な課題の1つとなっているヤンキースの動きとも絡んできますので、この2人を中心に多くの噂と情報が流れることになりそうです。

ただ、この2人は評価が高いことの裏返しとして、クオリファイングオファーを受けることが確実な選手でもあるため、その影響が気になるところです。

後はこのポジションの動向に影響を与えるのは、現在のMLBの潮流の1つであるユーティリティプレーヤーたちです。ショートだけでなく、セカンドと外野を守れるという選手は豊富にいますので、それらの選手の動向も見ながら、各チームは補強に動くことになりそうです。

ショートの補強動向を見る時には、セカンドのポジションの選手も合わせて見ておくと、よりFA市場での動向の全体像がつかみやすくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています