【MLB2015 FA】2014年シーズン終了後にFAとなる二塁手のシーズン成績と契約の動向情報

MLBでは、2014年シーズンのワールドシリーズ終了後に、シーズンオフの補強活動が本格化していくことになります。

その2014年シーズン終了からFA選手として、FA市場に出る選手の一覧と、2014年シーズンの成績、それに加えて簡単なFA市場での評価と予想とともに、ポジション別に何回かのシリーズとしてまとめています。

今回はその第3回で二塁手編です。他のポジションについては以下の表内をリンクをクリックすれば、該当ページに飛ぶことができます。

先発投手 リリーフ 捕手 一塁・DH
二塁手 三塁手 遊撃手 外野手

続いて、2014年シーズン終了後にFAとなる選手の成績と情報です。

スポンサーリンク

2014年シーズン終了から2015年にFAとなるプレーヤーの一覧と成績

スポンサーリンク
[googlead]

2015年シーズンにFAとなる二塁をポジションとする主な選手は以下のとおりとなっています。備考欄にクラブと記載している選手は、チーム側に契約更新のオプションがあることを示しています。

mlb2015-fa-second-list2

昨シーズンオフは投手と野手を含めたFA市場全体でもトップ評価だったロビンソン・カノがいましたが、このオフはそのようなビックネームは存在しません。

そして他のポジションと比較してもあまり豊富とはいえないセカンドのFA市場となっています。

トップ評価はベン・ゾブリストも2015年の契約に関するチームオプションが

あまり人材が豊富ではないセカンドのFA市場ですが、その中でもトップクラスの評価を受けるのレイズのベン・ゾブリスト、ナショナルズのアズドルバル・カブレラ、ブルワーズのリッキー・ウィークスの3人となりそうです。

ベン・ゾブリストは33歳となった2014年も146試合570打数で打率.272/本塁打10/打点52/出塁率.354/OPS.749という安定した打撃を見せています。

また守備面では、セカンドの守備力が優れている上に、ショートも守ることができ、今シーズンは外野手としてレフト、ライト、センターで出場しています。

さらに今シーズンは守っていませんがサードとファーストの経験もあるため、投手と捕手以外はこなせる守備力の高いユーティリティプレーヤーです。

このように攻守揃っているユーティリティプレーヤーは稀で、しかも今のMLBの流れにあっているためFAとなれば、争奪戦は必至のベン・ゾブリストです。

しかし、タンパベイ・レイズが750万ドルで2015年の契約を更新できるオプションを持っていて、ほぼ間違いなく行使する見込みとなっています。

ベン・ゾブリストは7月のトレード期限前にも打診が多かったのですが、レイズは2015年の巻き返しのためにトレードに応じなかった経緯もありますので、そのままFAとなる可能性は極めて低い状況です。

実質的にはアズドルバル・カブレラとリッキー・ウィークスがトップクラスの評価に

上記のようにベン・ゾブリストがFA市場に出る可能性は極めて低いため実際にはアズドルバル・カブレラリッキー・ウィークスが高い評価を受けることになりそうです。

トレード期限前にインディアンスからナショナルズにトレードで移籍したアズドルバル・カブレラは、セカンドとショートの両方を守ることができる上に、スイッチヒッターで柔軟に起用できるプレーヤーのため、高い評価を受けることは間違いありません。

アズドルバル・カブレラがインディアンス時代は2009年以降はショートを守っていましたが、それ以前はセカンドを守っていた経験があり、それが買われて、ナショナルズ移籍後は主にセカンドとしてプレーをしました。

移籍後は二塁手としての出場が多くなったアズドルバル・カブレラですが、FA市場でセカンドの人材が乏しいため、FA選手としての市場価値を高めることになりました。

打撃でも2011年にシルバースラッガー賞(25本塁打・92打点)を獲得し、2014年は打率.241/本塁打14/打点61/出塁率.307/長打率.387の数字を残すなど、年間で15本から20本の本塁打を打つ力があります。

そして来季で29歳とFA選手の中では年齢も若い部類で、プレーヤーとして意識の高さやリーダーシップなども評価されていますので、人気を集めることになりそうです。

続いてリッキー・ウィークスですが、2015年に1,150万ドルで更新できるオプションをブルワーズが持っていますが、ベン・ゾブリストと異なり行使されないことが濃厚です。

リッキー・ウィークスは2010年に打率.269/本塁打29/打点83/OPS.830という数字を残し、2011年から2014年の4年3850万ドルの契約を結びました。

しかし、その2010年がキャリアハイの数字で、その後の成績は下降しています。

特に2013年は104試合の出場にとどまり打率.209/OPS.663と低迷し、2014年はやや持ち直し打率.274/本塁打8/打点29/OPS.809とやや持ち直したものの、契約の金額(2014年1200万ドル)に比較した時に物足りない数字が並びます。

さらに2015年は33歳となるなど、年齢によるさらなる衰えも懸念されるため、ブルワーズは1,150万ドルのオプションを行使しないと見られています。

リッキー・ウィークス自身もそれは悟っているようで、すでに地元メディアに「来季はブルワーズにはいないと考えている」と述べています。

2014年の年俸は1200万ドルでしたが、先ほどの年齢の問題やMLB屈指の打者有利であるミラー・パークを本拠地としながら打撃の数字を落としていることと、守備面でやや難があるため、同等以上の評価を得られるかは微妙な情勢です。

それでも250打数以上の二塁手の中では、OPSがロビンソン・カノの.836、ホセ・アルトゥーベの.830に次ぐMLB全体で3番目の.809という数字を残していて、打てる二塁手であり、貴重な右打者でもあります。

FA市場の人材が乏しいこともあり、要求さえ高すぎなければ、複数の球団から声がかかることが予想されるリッキー・ウィークスです。

その他のセカンドのFA選手は?

上記の3人以外で、契約の引き合いがありそうなのは、シーズン中にカブスからブレーブスに移籍したエミリオ・ボニファシオです。

打率.259/本塁打3/打点24/出塁率.305とう数字は物足りないものの、守備はセカンドとショート、外野は3つのポジションを守れるユーティリティプレーヤーです。

さらに打撃はスイッチヒッターで、盗塁を26個決めたり、センターを守ったりすることができるスピードがありますので、興味を持つ球団が複数いることは確実で、契約先に困ることはなさそうです。

ケリー・ジョンソンはヤンキースからレッドソックス、レッドソックスからオリオールズと1シーズンに2回の移籍を経験しました。

打撃面では打率.215/本塁打7/打点27/出塁率.296と物足りないものの、セカンドだけでなく、サードと外野の両翼を守ることができるユーティリティプレーヤーです。

また、2014年の年俸も300万ドルでしたが、来季はさらに下がることが予想されるため、バックアップのベテラン野手としてはリーズナブルなため、複数球団から声がかかりそうです。

またマニー・マチャドが故障し、J.J.ハーディがFAとなり、クリス・デービスがサードを守るなど、内野手のやりくりに苦労したオリオールズが再契約を持ちかける可能性も考えられます。

ケリー・ジョンソンと同じくヤンキースで2014年を開幕したブライアン・ロバーツは厳しいオフになりそうです。2014年の年俸は200万ドルでしたが、ヤンキースからDFAされた後は、どの球団からも声がかかりませんでした。

そのため本人が現役続行を希望してもマイナー契約が精一杯と言えそうです。

あとは、ニック・プントはアスレチックスが400万ドルで更新できるオプションを持っていますが、来季で38歳になる年齢や、今シーズンの打率.222/本塁打1/打点3/出塁率.263のため、行使されないことが確実で、FA市場に出た場合でも、メジャー契約を獲得できるかは微妙な立場です。

気になる川崎宗則はどうなる?

ブルージェイズのアレックス・アンソポロスGMが、昨シーズンオフとは異なり、川崎宗則と再契約の意向を示したのは、本人の成績が向上したことが一番ですが、それに加えて、このようなセカンドのFA市場の状況もあります。

川崎宗則は本塁打はありませんでしたが、打率.258/出塁率.327とまずまずですし、セカンドの他にもショート、サードを守れる器用さもあるため、バックアップの野手として評価される状態ではあります。

そして打撃面では低い評価ですが、守備力に関してはショートとサードの両方でSolid(安定している・堅い)と評価される数字が残っていますので、ブルージェイズが残したがるのもうなずけます。

このようにあ川崎宗則は確実にこの1年でメジャーに適応してきているのですが、家族の問題もあり、日本へ復帰することも検討しているため、今後は不透明です。

メジャー契約であれば福利厚生や保険がしっかりしているため、子供がいても安心ですが、マイナー契約ではそうではありません。

また年俸を考えても日本であれば、これから数年にわたって安定した金額をもらえますので、家族のことを考えれば、日本復帰を検討することもうなずけます。

ただ、本人が残る決断をすれば、来季もメジャーで、その姿を見れる可能性は高い状況となっています。

総括・まとめ

昨シーズンオフのロビンソン・カノのような大型契約をのぞむのは難しく、3年以上の複数年契約を期待できる選手はアズドルバル・カブレラとリッキー・ウィークスの2人で、エミリオ・ボニファシオも短めであれば複数年で契約できる可能性があると考えられます。

アズドルバル・カブレラは、本来はショートとして評価されるべきかもしれませんが、遊撃手のFA市場は有力なトップクラスの人材がいるため、価値が高くなるのは二塁手としてになりそうです。

リッキー・ウィークスも今年のFA市場の状況下では、希少価値があるため、攻守に不安はあるものの、復活を期待して手を差し伸べるチームが現れそうです。

いずれにしても、二塁手のFA市場は層が薄いため、二塁手の補強を狙うチームはアズドルバル・カブレラとリッキー・ウィークスの契約が決まったり、金額で折り合えない場合には、ユーティリティプレーヤーの獲得で、戦力を整えるか、トレードでの獲得ということが現実的な方法とならざるをえません。

その点ではケリー・ジョンソンや川崎宗則などのユーティリティプレーヤーには、多くのチャンスが残っているFA市場の状況と言えそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています